★阿修羅♪ > ニュース情報3 > 641.html
 ★阿修羅♪
【映画】 ダンスの次は痴漢えん罪 周防正行監督作品 「それでもボクはやってない」 〔MSN エンターテイメント〕
http://www.asyura2.com/0601/news3/msg/641.html
投稿者 いいげる 日時 2006 年 10 月 16 日 10:51:44: Xn2tbFdBriSHs
 

「それでもボクはやってない」
(左から)周防正行監督、加瀬亮、瀬戸朝香、役所広司


11年ぶりの意欲作。周防正行監督「それでもボクはやってない」
http://event.entertainment.msn.co.jp/eigacom/buzz/061011/11.htm

 周防正行監督の「Shall we ダンス?」から11年ぶりとなる「それでもボクはやってない」の完成会見が10日、東京・丸の内の丸ビルホールにて行われ、周防監督、役所広司、瀬戸朝香、加瀬亮が登壇した。

 「それでもボクはやってない」は、痴漢冤罪という題材を扱いながら刑事裁判の問題点を描く周防監督の初の社会派映画。監督がこの映画に掛ける意気込みはすさまじく、本作の脚本のため取材に2年、そして執筆に1年を費やした。取材では痴漢冤罪にあった当事者に始まり、元裁判官、元警官、そして今現在、冤罪事件を手掛けている弁護士に至るまで徹底的に取材を行ったという。

 会見で周防監督は「Shall we ダンス?」から11年間のブランクが空いたことを聞かれると、「11年間に色々な企画があり取材もしていたが、どうしても映画にしたいと思える何かが欠けていた。それが、痴漢冤罪事件の新聞記事をきっかけに撮らずにいられないという気持ちになった」と明かした。

 周防監督が「現実に近づけるために映画を面白くさせる小細工はしなかった」と語る本作を、劇中で弁護士役を演じた役所広司は「男らしい映画」と表した。「それでもボクはやってない」は07年1月20日公開。


「それでもボクはやってない」オフィシャルサイト
http://www.soreboku.jp/


(※いいげる的コメント)

ある意味、素晴らしいタイミング。植草一秀教授への援護射撃となれるか?

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > ニュース情報3掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。