★阿修羅♪ > 日本の事件19 > 599.html
 ★阿修羅♪
<秋田女児水死>「不自然な点…徹底捜査を」母が訴え [毎日新聞]
http://www.asyura2.com/0601/nihon19/msg/599.html
投稿者 white 日時 2006 年 5 月 21 日 11:50:09: QYBiAyr6jr5Ac
 

(回答先: 娘の真相、「知りませんか?」=彩香ちゃん母、情報募る [時事通信] 投稿者 white 日時 2006 年 5 月 19 日 16:36:02)

□<秋田女児水死>「不自然な点…徹底捜査を」母が訴え [毎日新聞]

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060521-00000009-mai-soci

<秋田女児水死>「不自然な点…徹底捜査を」母が訴え
 「ショックが大きくて流したい涙も出ないほど、苦しい」。秋田県藤里町立藤里小1年の米山豪憲(ごうけん)君(7)が他殺体で発見される38日前に同小4年の長女彩香ちゃん(9)を失った元遊技店店員、畠山鈴香さん(33)が20日、毎日新聞の単独インタビューに応じた。
 県警能代署は誤って川に転落した可能性が高いとみていたが、畠山さんは「彩香の死には不自然なところがある。徹底的に捜査をしてほしい」と訴えている。
 畠山さんは彩香ちゃんと2人暮らしだった。自宅は豪憲君の自宅の2軒隣で、彩香ちゃんと豪憲君は仲が良く、よく一緒に遊んでいたという。
 彩香ちゃんは4月9日午後4時ごろ外出したまま行方不明になり、畠山さんは捜索願を出した。翌10日、約7キロ離れた能代市内を流れる藤琴川で彩香ちゃんの遺体が発見された。解剖の結果、死因は水死とされた。自宅近くの河原に石を積んで遊んだ跡と、水辺の石に足を滑らせたような跡があった。
 畠山さんは、署の説明に納得がいかず、ビラを手作りして商店などに掲示してもらった。「彩香は普段川に行かなかった。それが私との約束の一つだった」と話す。
 豪憲君の事件については「行方不明と聞き、直感的に『川だ』と思った。彩香のことがあったから」と話し、彩香ちゃんの水死とともに徹底捜査するよう要望した。
 一方、県警は彩香ちゃんの水死について「当初から事件と事故の両面で捜査している」と説明する。【田村彦志】
 畠山さんとの主なやりとりは次の通り。
 ――彩香ちゃんが亡くなって今のお気持ちは
 ◆ショックが大きくて流したい涙も出ないほど、苦しい。彩香は豪憲君と仲良しで、私も豪憲君のご両親に優しくしてもらってきた。彩香が亡くなって、私は彩香が座っていた椅子に座って元気だったころの彩香を思い出しています。
 ――手作りのビラを配ったのはなぜですか
 ◆警察に事故のように言われ、「お母さんだって行動を全部分かっているわけではないでしょ」と言われた。本当に捜査しているのか、捜査が目に見えてこなかったので、親の私が知らない範囲で、外の人が見ているかもしれないと思い、情報収集のつもりでビラを作りました。今回の事件まで情報はなかった。
 ――能代署の説明についてどう思いますか
 ◆警察からは、「コップ一杯の水も飲んでいない」と説明されたうえで「水死だった」と言われた。親として(捜査状況を)全部知る必要はないかもしれないが、ある程度知りたい。対応に反感を持った。
 ――彩香さんの遺体に不自然な点は
 ◆解剖の傷以外、目立った傷はなかった。彩香は水が嫌いで、普段川に行かなかった。それは私との約束の一つでした。納得できる捜査、説明がほしいのです。
 ――豪憲君が遺体で発見され、どう感じましたか
 ◆住宅団地の子供たちは年齢に関係なく仲が良く、みんな団地の公園と道路で追いかけっこをして遊んでいる。豪憲君と彩香も遊ぶことがあった。ショックです。行方不明になったと聞いて、直感的に「川だ」としか思い浮かばなかった。彩香のことがあったから。豪憲君、彩香の死には不自然なところがある。徹底的に捜査してもらいたいです。
(毎日新聞) - 5月21日3時14分更新

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 日本の事件19掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。