★阿修羅♪ > 日本の事件20 > 221.html
 ★阿修羅♪
女児の父が心境「性的暴行で二度殺された」(暴行の中身とは。)
http://www.asyura2.com/0601/nihon20/msg/221.html
投稿者 戦争とはこういう物 日時 2006 年 7 月 05 日 00:22:04: N0qgFY7SzZrIQ
 

(回答先: トレス被告の姉逮捕(外国人起訴の効能?) 投稿者 戦争とはこういう物 日時 2006 年 6 月 27 日 15:31:53)

 ニュースで「性的暴行」と言う度に、もっと凶悪な事態を想像してしまったのは自分だけか。勿論、もしそうなら体液やDNAで鑑定が確実になると報道されるはずだが。
 指で傷つけながら自分で、と言うのも十分凶悪なのは違いない。気になるのは、それが何処で行われたかだ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(引用ここから)
広島小1殺害:女児の父が心境「性的暴行で二度殺された」
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20060626k0000e040051000c.html
★広島小1殺害:
 広島市で昨年11月、下校途中に殺害された小学1年の
木下あいりちゃん(当時7歳)の父建一さん(39)が2
6日、殺人、強制わいせつ致死などの罪で死刑を求刑され
ているペルー国籍のホセ・マヌエル・トレス・ヤギ被告(
34)に対する判決(7月4日)を前に報道各社の取材に
応じ、心境を語った。「性的暴行で、あいりは二度殺され
た」という表現で、性的暴行が事件の本質であると強調。
具体的表現を避けてきた毎日新聞はじめ各社の報道につい
て「被害の実態が伝わらない」と語り、「性的被害の事実
も出来る範囲で詳細に報道してほしい」と訴えた。
 今月9日の論告求刑で検察側は、トレス・ヤギ被告があ
いりちゃんの下半身に指で暴行を加えながら自慰行為をし
たなどと、性的暴行について詳細に描き出し、死刑を求刑
した。だが、報道各社は遺族への配慮などから性的暴行の
詳細を掲載することを見合わせてきた。
 建一さんは、「なぜ検察側が死刑を求刑せざるを得なか
ったか。たかだか一人殺しただけで死刑にするのは重いの
では、と社会に思われるのが嫌だった」と愛娘への残酷な
犯罪の実態がきちんと伝わらないことへの懸念を述べた。
 さらに、「あいりは声を出すと殺されると思い、涙を流
しながらも、暴れなかった。何も悪いことをしていないか
ら、暴行が終われば帰してもらえると思ったんでしょう。
性的暴行は拷問に等しい。犯人は二度命を奪った」と続け
た。
 建一さんは、裁判の節目などで談話を出すことはあった
が、共同取材に応じたのは初めて。その理由を「『苦しん
でいる人がたくさんいるんだよ。助けてあげて』と、夢で
娘に言われたと妻から聞かされたから」と話し、「あいり
の死を無駄にせず、同じような犯罪を抑止するためにも、
私の考えをお話ししようと思った」と語った。また、「娘
は『広島の小1女児』ではなく、世界に一人しかいない『
木下あいり』なんです。きちんと実名で報道してほしい」
とも話した。
 判決公判では、形見のハンカチで包んだあいりちゃんの
遺影を持ち込むという。「怖い犯人は見たくないだろうけ
ど、判決は聞かせなければならないと思う」と話した。
【下原知広、堀江拓哉】
◇原則は匿名
 毎日新聞は、性的犯罪について報道する際、被害者は匿
名とし住所も限定しないように配慮することを原則として
います。この事件でも、性的暴行が行われたと判断した時
点から、この原則に従って報道しています。今回は父親の
建一さんから要望があり、実名とします。

毎日新聞 2006年6月26日 12時04分 (最終更新時間 6
月26日 15時40分)

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 日本の事件20掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。