★阿修羅♪ > 初心者質問板1 > 232.html
 ★阿修羅♪
神のご意志とは何か
http://www.asyura2.com/0601/qa1/msg/232.html
投稿者 隣人 日時 2006 年 12 月 05 日 17:09:14: vTRc6NquZFvI6
 

(回答先: 宗教の役割はまずは「考える事」を促す事ではなかったのでしょうか? 投稿者 ワヤクチャ 日時 2006 年 12 月 04 日 22:48:48)

なるほど、これまでのキリスト教世界のありようをみれば、そう結論されても無理はないかもしれません。
しかし、当初のクリスチャン信仰は、世の政治や社会的論争とは無縁のものでした。信者は世俗の権威に
服する良き市民であっても、積極的に政治活動に参加することはありませんでした。

「クリスチャンは……公職や兵役に就こうとしなかった」。(「著名な歴史家の記した重大な出来事」、R・ジョンソン編、1905年、第3巻、246ページ、『紀元177年ガリアのクリスチャンに対する迫害』、F・P・G・ギゾー)
「彼ら[クリスチャン]は絶対服従の原則を熱心に説く一方、帝国の内政や防衛に積極的に参加することを一切拒んだ。……クリスチャンがより神聖な義務を放棄せずに兵士や行政官あるいは君の地位に就くことは不可能であった」―「ローマ帝国衰亡史」、エドワード・ギボン著、第1巻、416ページ。


しかし、キリスト教は時経つうちに変質してゆきました。政治的な抗争に関わるにつれ、博愛によって生きていた
貧しい人々の原始教会は、勝利主義の教会となっていきました。

16世紀初頭のローマ教会の状況を要約するために、その時期の有名な哲学者マキアベリの次のような言葉を引用
しておきます。

「キリスト教という宗教がその創始者の命令どおりに保たれていたなら、キリスト教世界の状態や社会は今のそれよりもはるかに一致した幸福なものとなっていたであろう。この社会の宗教団体の頭たるローマ教会に近い人々ほど宗教心が少ない人間であるという事実以上に宗教の堕落を示す大きな証拠はあり得ない」。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 初心者質問板1掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。