★阿修羅♪ > 初心者質問板1 > 240.html
 ★阿修羅♪
Re:宗教とは自分の身の律し方に限定した思想であるべきではない→特に中南米では
http://www.asyura2.com/0601/qa1/msg/240.html
投稿者 パルタ 日時 2006 年 12 月 13 日 10:21:30: BeExvDE2jO5d2
 

(回答先: 宗教とは自分の身の律し方に限定した思想であるべきか? 投稿者 ワヤクチャ 日時 2006 年 12 月 13 日 09:10:12)

>宗教が政治に口を出したらロクな事が無いのは創価学会を見ても明らかです。
>まあ。創価学会が宗教と言えるのか?という問題はありますが。
>ほとんど利権集団ですからね。
>使い捨て人間を使った。

500年間中南米を支配したイエズス会とバチカンもそうだったと言えるでしょう。

>世の中は様々な利害関係の闘争の中で動いており、その最中にあって、自分の身だけを律するという事はいかにも奥ゆかしい行為のように思えますが。それは自ら奴隷になる事に過ぎないのではないでしょうか?
>政治こそが必要であり、抽象的な「いい人間」になる事を目標にするのは間違いではないでしょうか?
>宗教とはそういう落とし穴だと感じてます。
>だから、私はやはり宗教には存在価値が無いと感じております。

そうですね。中南米の現実は信仰生活だけして生活できるような生易しいものではないと思います。何一つまともな事がないのに、何かしら宗教に救いを求めて、今ここにある権力者の暴力を赦す等というのは、権力者にとって都合が良くても、なんら民衆を救うものではないのです。この貧困を生み出しているものは何か、突き詰めれば政治に行き着かざるを得ないのです。まして、中南米では日本や欧州、カナダ、豪州、NZのような先進国と違って、反革命のむき出しの暴力が噴出しているのです。敵を赦す祈りではなく、敵から身を守る武器が必要であるというのに、21世紀初頭まで入植者によって先住民の生存が脅かされているというのに、没政治的に自分の身だけ律して中南米で生活する事ができる人間がいるとしたら、それはアメリカかバチカンの財政的支援でも受けているとしか思えません。
あの地では軍事政権を支持するのか、しないのかは先進国以上にはっきりと態度表明が迫られると思います。傍観者は消極的支持者と見なされるでしょう。仙人でもなければ、霞を食って武器を持った入植コマンドの幸福を祈る事は出来ない。

>でも人類が宗教的な思想を持ってしまった必然性は理解できるつもりです。
>ただ、脱宗教を目指さなければならないでしょう。
>「根拠なき前提の思想=宗教」から
>「合理的根拠に基づいた倫理」の思想へと脱皮すべきだと思います。

そうですね。ただ、単に「神に絶対的服従せねば罰が下るぞ。地獄へ落ちるぞ」という教えなら支配者に都合が良いだけですから。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 初心者質問板1掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。