★阿修羅♪ > 初心者質問板1 > 299.html
 ★阿修羅♪
理由は二つ「共産党が依怙地」な点と、「赤=悪」の歴史的認識でしょう。
http://www.asyura2.com/0601/qa1/msg/299.html
投稿者 考察者K 日時 2007 年 4 月 30 日 16:11:13: JjkI8nWTpj0po
 

(回答先: 諸党を見る眼と異なって、共産党はとかく白眼視されるわけは? 投稿者 Takeru 日時 2007 年 4 月 29 日 22:49:49)

>Takeruさん おはつです。考察者Kです。よろしく

Kが考える所では「共産党が白眼視されるのは、共産党の方が白眼視している」というのが大きな点だと思っています。共産党の方がバリアを張っていると云う事ですね。

共産党には「依怙地」な部分が多くあり、妥協というものを許さないという面があります。
更に、選挙などで「勝ち目のない独自候補」を擁立し、他の反与党勢力の票を割りたがるという戦略を行い、結果論として、与党の後押しをすると云う事が多々あります。

職場において「真面目すぎる正義感がいて、協調性は欠片もない」としたら、息が詰まります。
不完全でミスを犯す人間が「自分の能力を判断した」ならば、少し距離を保ちたいのは当然の成り行きでしょう。自信の無さが、共産党を避ける心理を生むと云う事です。

もう一点、赤という言葉がありまして、これは「天皇君主制だった戦前」には「思想犯」として立派な犯罪者と「社会教育」されていた歴史があります。

大東亜戦争の日中戦争などは中国の「赤退治」という名目で中国に出兵された経過もありますが、共産主義思想というのは「支配者階級に取っては都合が悪い思想」であり、現在の民主主義国としての日本では考えられないような「思想統制」が、つい60年前は「社会教育」として行われていた歴史があるのです。

「三つ子の魂百までも」という諺がありますが、戦前から生きている人にとっては、共産主義は悪の社会体制というすりこみがあり、抜け切りはしないだろうと思います。

この2点が主因でしょう。
更に補足するなら、共産党は少数派であるという点もあるでしょう。
「長いものには巻かれろ」ではないですが、勝ち馬に乗らない奴は「損をする」のが現在の社会です。好んで「少数派」を贔屓するのは、多数決の法則から言って「良い事はありません」
それを分かっていて応援するのは「アホ」なのです。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 初心者質問板1掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。