★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK20 > 1033.html
 ★阿修羅♪
日本にアメリカ軍の基地はまだ本当に必要なのか?
http://www.asyura2.com/0601/senkyo20/msg/1033.html
投稿者 改善党 日時 2006 年 4 月 09 日 22:02:31: 0bjBm/9.zrGcU
 

(回答先: 普天間修正合意・抜本的解決策にあらず/危険は残されたままだ―「琉球新報」社説 投稿者 天木ファン 日時 2006 年 4 月 09 日 15:40:34)

ふざけたV字型滑走路だと、これは何を物語っているのだ。日本国民をおちょくっているのか、軍事専門家はこんな馬鹿なことはすまい。島袋はやはりとんだ喰あせ者だったのか。何が公共工事のためだ。金のために沖縄島民を裏切るのか。額賀、小泉は何を考えているのか。日本をアメリカに売り渡して生き残れると思っているのか。ったく


>>県外・国外移設がベスト

 ここで決して忘れてならないのは、県民大多数の意向である、普天間飛行場の「県外・国外移設」である。
 辺野古沖合案の変更、沿岸案の提示、それにかかる政府と名護市との修正の綱引きで、「辺野古地域への移設ありき」だけが一人歩きしてしまい、すべての論議がそれをベースに進められてしまった。
 根本的に問題となっていたのは、基地の危険除去のはずである。
 伊波洋一宜野湾市長も述べているが、辺野古沿岸への移設は、「普天間問題」を北部に持っていくだけにすぎない。住宅地の上空を飛行することは避けられたとしても、「危険」が移設地域に近寄ってくることだけは、まぎれもない事実である。
 政府は、県外・国外移設をどれほど真剣に検討したのだろうか。今回の、名護市との協議過程で見られた根気強い姿勢を、県外・国外移設に向けることはできなかったのか。
 経済的振興策を示しつつ、辺野古地域住民に、命にかかわる危険を押し付けたと見られても仕方ない。いくら国防のため、と説得されても、納得できるものではない。
 普天間代替基地が、もし合意案の通りに移設されれば、子や孫の代まで固定化されてしまうことになるだろう。本当にそれでいいのか、いま一度、問いたい。>>

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 政治・選挙・NHK20掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。