★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK20 > 1121.html
 ★阿修羅♪
北が首脳会談で出した「キム・チョルジュン」って誰?|ZAKZAK
http://www.asyura2.com/0601/senkyo20/msg/1121.html
投稿者 white 日時 2006 年 4 月 12 日 14:11:14: QYBiAyr6jr5Ac
 

(回答先: 謎多い「夫」 調査団面会の人物は?|産経新聞 投稿者 white 日時 2006 年 4 月 12 日 12:57:51)

□北が首脳会談で出した「キム・チョルジュン」って誰?|ZAKZAK

 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_04/t2006041201.html

北が首脳会談で出した「キム・チョルジュン」って誰?
めぐみさん夫は「キム・ヨンナム」のDNA鑑定

「キム・チョルジュン」って一体何者? 政府が実施したDNA鑑定で、横田めぐみさん=失跡当時(13)=の夫は、1978年に韓国から拉致された、金英男(キム・ヨンナム)さん=同(16)=である可能性が極めて高いことが分かった。そこで浮上するのが、2002年9月の日朝首脳会談で、北が「めぐみさんの夫」として出してきた「キム・チョルジュン」なる人物の正体だ。消息筋は「2人は別人」との見解で一致しているのだが…。

 めぐみさんの娘、キム・ヘギョンさん(18)と金さんの家族に血縁関係がある確率は最高99・5%とみられる。政府は今後、韓国政府へ拉致問題解決に向け、協力要請を強める方針だ。

 金さんは高校1年だった78年8月5日、韓国西部の全羅北道の自宅近くの島・仙遊島(ソニュド)に海水浴に出掛けたまま行方不明になった。

 北朝鮮は韓国人拉致被害者「拉北者」については、事実を認めて謝罪した日本側への対応とは異なり、「存在しない」との主張を貫いている。

 「キム・チョルジュン」氏は、自ら「自国の特殊機関勤務員」と身分を明かしている。だが、消息筋は「拉北者を特殊機関につけるはずはなく、金さんと『キム・チョルジュン』は、別人と見るのが妥当」との見解を示した。

 実際、04年11月の第3回日朝実務協議で、日本側が「キム・チョルジュン」氏に対し、ヘギョンさんとの親子鑑定をするため、毛髪などの提出を求めたところ、「特殊任務機関にかかわっている」との理由で拒否。写真撮影さえも拒否したが、別人という理由ならば、すんなり理解できる。そもそも拉致被害者と北朝鮮の人間が結婚した例は聞かれない。

 また、政府関係者によれば、ヘギョンさんと「チョルジュン」氏は、親子で日本代表団の前に現れたが、丁寧語で会話し、よそよそしかったという。

 北が02年の日朝首脳会談で、拉致を認めて謝罪した際にも、めぐみさんについては死亡したとの説明を貫いてきた。詳細については「入院後に自殺」としていたものの、死亡時期の説明は何度も覆され、遺骨も偽物だったことが判明している。

 めぐみさん自身についても、「生存の可能性が高いとみられる1つの証拠ではないか」(先の消息筋)との見方も浮上しており、あまりの嘘八百ぶりに「経済制裁もやむを得ないのではないか」との声も出ている。

 【DNA鑑定】体細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を構成する塩基配列の特徴から個人を識別する鑑定方法。DNAは親から子、子から孫へと受け継がれるさまざまな遺伝情報を持つ。同じ配列の出現頻度を調べることで、現在では1億8000万人に1人の精度で個人を特定でき、犯罪捜査や親子関係鑑定に利用される。DNAは細胞の核内にあるので、血液、唾(だ)液(えき)、毛髪、へその緒などから細胞が採取されれば鑑定可能。今回は横田めぐみさんの長女キム・ヘギョンさんと韓国人拉致(らち)被害者・金英男さんの家族の毛髪、血液などからDNAを得た。

ZAKZAK 2006/04/12

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 政治・選挙・NHK20掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。