★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK20 > 1159.html
 ★阿修羅♪
小沢、早くもガチンコ…「がん法案」審議拒否戦術|夕刊フジ
http://www.asyura2.com/0601/senkyo20/msg/1159.html
投稿者 white 日時 2006 年 4 月 13 日 18:20:43: QYBiAyr6jr5Ac
 

□小沢、早くもガチンコ…「がん法案」審議拒否戦術|夕刊フジ

 http://news.www.infoseek.co.jp/fuji/story.html?q=13fuji320060413030&cat=7

小沢、早くもガチンコ…「がん法案」審議拒否戦術 (夕刊フジ)
 始動したばかりの小沢・民主党に、早くも小沢色がにじみ出てきた。12日に開かれた衆院厚生労働委員会を審議拒否し、13日には行政改革推進法案の対案を衆院に提出する。「自民党との対立軸を示し、国民に選択させる責任がある」と主張する小沢氏。新代表誕生の風に乗る民主党が反転攻勢に乗り出したことで、後半国会は「激突型」の様相を見せ始めた。
 「民主党が新しい体制になったために、審議拒否を強化するのでは、などといううわさがあるそうだが、そんな考えはまったくない」
 渡部恒三国対委員長は“欠席戦法”と新体制発足の関係を否定。「なんでも反対するような野党ではない」と強調した。
 民主党は同委員会で審議入りした医療制度改革関連法案とともに、同党の対案である「がん対策基本法案」の審議を要求。与党側がつっぱねたため、民主党が審議拒否に打って出たのだ。
 平野博文国対委員長代理は「私どもは審議を拒否しているのではなく、逆に自民党がわが党のがん対策基本法の審議を拒否している」と与党側に責任をなすりつけた。社民党、国民新党も「右にならえ」となった。
 小沢氏はもともと、「政治は政権を目指しての権力闘争であり、さまざまな戦術を選ぶことはありうる」として、審議拒否を否定しない。だが、今回の対応で“小沢流”だったのは、小沢氏が渡部氏に記者会見を開くことを指示し、審議拒否の理由を説明させたことだ。
 一方、与党側が民主党案を審議拒否する理由は、がん対策が公明党にとって重要政策だから。来年の統一地方選や参院選で、公明党が掲げたいアピール政策を民主党の“手柄”にされては困るのだ。
 民主党の審議拒否について、公明党の神崎武法代表は「さあ、いよいよやってきたのかなという感じはする。しかし、審議をボイコットしたり、審議を遅滞させることに力点を置かれると、政権担当能力が見えなくなる。そこはよくお考えいただきたいと思う」と小沢・民主党をチクリ。
 13日の衆院行政改革特別委員会で民主党は対案を提出するが、与党側は「民主党のパフォーマンス」と一蹴するとみられる。だが、対立軸を示すという小沢効果が浸透していけば、「看過できない状況になるかもしれない」(自民党中堅)との警戒感も出ている。

[ 2006年4月13日16時20分 ]

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 政治・選挙・NHK20掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。