★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK20 > 324.html
 ★阿修羅♪
NHK元講師杉田敏がメディア操作PR会社プラップジャパン副社長
http://www.asyura2.com/0601/senkyo20/msg/324.html
投稿者 木村愛二 日時 2006 年 3 月 12 日 13:48:16: CjMHiEP28ibKM
 

NHK元講師杉田敏がメディア操作PR会社プラップジャパン副社長

----------------------------------------------------------
http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/
情報紙「ストレイ・ドッグ」(山岡俊介取材メモ)
2006.03.11
メディアを操作するPR会社「プラップジャパン」

●郵政解散選挙で、小泉圧勝の仕掛け人?

  先の自民党が圧勝した“郵政解散選挙”で、大きな役割を果たしたとして注目されている「プラップジャパン」なる会社をご存じだろうか。
 PR会社といえば、「電通」を思い浮かべるかも知れない。だが、海外では広告代理店と、いかにクライアントをPR(広報活動も含む)するかが仕事のPR会社とは明確に分けられているという。そして、わが国で大手のPR会社といえば、05年7月にはジャスダックに上場もしたこの「プラップジャパン」(東京都渋谷区)が挙げられる。
 先の選挙で、小泉首相が郵政改革の是非だけを唱え続けたのも、片山さつき候補(当時)を始めとする自民党関係者の有権者やテレビの前での立ち振る舞いやセリフを指導したのも、同社の助言あってと言われる。ともかく、自民党が05年1月より同社と契約しており、結党以来、同党が民間PR会社と契約するのは初というのは事実。
[中略]
 世界第2位の広告代理店WPPグループ(英国)側から19・9%の出資を受け、また、同グルプ傘下の米オグルビーPRと業務提携している同社を率いるのは、PR会社出身の矢島尚社長と、米国でのPR会社歴が長い杉田敏副社長の2人。他に役員には三洋証券、共同PR,東急エージェンシーなどに在籍していた者も。
 大きくマスコミとひと括りした場合、電通、博報堂などの広告代理店やこうしたPR会社も含む場合もある。しかし、カネさえもらえれば時には黒でも白と言って見せ、消費者(国民)に誤った認識をさせる彼らと、真相を伝えることが本来の使命であるジャーナリズムとは無縁どころか、対立する存在だ。今後の動向に、目を光らせる必要があるだろう。
----------------------------------------------------------
以上の頁に関して、わが読者から通報あり。
----------------------------------------------------------
この記事のなかに「杉田敏」副社長という名前が出てくるが、この名前を見て「もしやNHKビジネス英会話のあの名物講師では」と思い、検索してみたら、やっぱりそうだった。

プラップジャパン社の案内ページ(下記参照)をみて今回初めて知ったのだが、なんと「業界としても成熟している欧米型PRのノウハウを持つ杉田は、1991年にプラップジャパンに入社し、外資系クライアントにサービスを行うため国際部を開設しました」とのこと……。 
プラップジャパンの会社案内サイトから抜粋
http://www.prap.co.jp/topics/7strength.htm

プラップジャパンには2人の伝道師がいます。プラップジャパンは、1970年9月、渋谷1丁目に誕生しました。慶応義塾大学の新聞関連ゼミに在籍していた矢島尚(弊社社長、以降矢島)は、教授から「PR=Public Relations」というコミュニケーション手法があることを知らされます。矢島はその先進性にとびつきました。しかし当時(1960年代後半)はPR会社といっても少数しか存在していません。それでもPR会社に飛び込み、ノウハウを吸収した矢島は、自分の実践したい「研究開発型のPR会社(クライアントのニーズや社会状況に合わせてサービスを変えていく)」を目指して独立を決意しました。

矢島はパブリシティ活動とPRコンサルティング、社内報などの編集制作、PRイベントの企画・運営を通じ、国内企業を中心に業務を拡大してきました。日本のマスコミ事情に合った、企画提案型のPR会社として、多数のお客様との信頼関係を築きました。日本型PR会社としての基礎を、業界に先駆けて確立した矢島は、当時外資系PR会社の日本支社長だった杉田敏(弊社副社長、以降杉田)に出会います。PR会社の位置付けが明確で、業界としても成熟している欧米型PRのノウハウを持つ杉田は、1991年にプラップジャパンに入社し、外資系クライアントにサービスを行うため国際部を開設しました。その後、外資系企業からの受注が拡大し、現在は全体の6割〜7割を占めるまでになりました。

プラップジャパンは、スタッフやサービス内容、組織にいたるまで、国内企業と外資系企業、国内PR会社と外資系PR会社のエレメントが効果的に融合しています。PR先進国である欧米のノウハウをそのまま師によるものが大きいのです。
----------------------------------------------------------
以下は、NHK「ビジネス英会話」の名物講師・杉田敏のホームページから抜粋
----------------------------------------------------------
http://www.ethospathoslogos.com/what/index.html

<新刊>
『人を動かす!プレゼンテーション』 (心をとらえるコミニケーションの技術) click
PHP刊 杉田敏著 1300円(税別)
[<説得力&自己アピール プロと自己流とは、どこが違うのか>日本では数少ない国際的に活躍するPRのプロが「最大の成果を勝ち取る」極意を公開する](表紙帯より)
○掲載記事(ビジネス・ブック・マラソン Vol.490『人を動かす!プレゼンテーション』 2005年11月20日付) <http://www.ethospathoslogos.com/what/doi.html>
○掲載記事(All About「ビジネス英語」 2005年11月25日付) <http://allabout.co.jp/study/bizenglish/closeup/CU20051126A/index.htm>

  第57回高円宮杯全日本中学校英語弁論大会 [終了]   杉田敏は決勝大会2005年11月26日(土) の審査をいたしました。
http://www.jnsafund.org/   『AERA English』 〜Professional Business English Clinic〜
「杉田敏のビジネス英語クリニック」 [終了]   「アカデミーヒルズ六本木スクール 実践PRコース」 [終了]
杉田敏はアカデミーヒルズ六本木スクールの実践PRコースで『企業の課題を解決するための PR戦略と手法について学ぶ』のコース指導を担当しています。
http://www.academyhills.com/school/toshijuku/course34/ka_jp.html  

AERA English公開セミナー「杉田敏のビジネス英語クリニック LIVE!」 3月21日(祝)が開催されました。 [終了]
詳しは http://www.academyhills.com/school/language/seminar/aera050321.html  
----------------------------------------------------------

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 政治・選挙・NHK20掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。