★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK20 > 502.html
 ★阿修羅♪
Re: もう少しきちんとした紹介したマルティン・ニーメラーの詩がありました。(加藤良太博客から)
http://www.asyura2.com/0601/senkyo20/msg/502.html
投稿者 gataro 日時 2006 年 3 月 19 日 10:11:07: KbIx4LOvH6Ccw
 

(回答先: Re: ナチス政権下の白バラグループのメンバーの逮捕とどう違うのか!!!⇒弾圧とは自分と直接関係ない所から始まるものだ。 投稿者 gataro 日時 2006 年 3 月 19 日 09:53:32)

あわてて投稿原稿を書いたものですから、ニーメラーの警句は大意を記しただけの貼り付けになってしまいました(それからニーメラーの警句=貼り付け部分の最後の行、「抗議するのは誰のためではない、自分のためだ。」は「抗議するのは誰のためでもない、自分のためだ。」とするか「抗議するのは誰かのためではない、自分のためだ。」とすべきでした)。

2005年03月16日
http://blogs.dion.ne.jp/ryotak/archives/761903.html

マルティン=ニーメラー(神学者)の詩

ナチが共産主義者を襲ったとき,

自分はやや不安になった.

けれども結局自分は共産主義者ではなかったので

何もしなかった.

それからナチは社会主義者を攻撃した.

自分の不安はやや増大した.

けれども依然として自分は社会主義者ではなかった.

そこでやはり何もしなかった.

それから学校が,新聞が,ユダヤ教徒が,

というふうにつぎつぎと攻撃の手が加わり,

そのたびに自分の不安は増したが,

なおも何事も行わなかった.

さてそれからナチは教会を攻撃した.

私は教会の人間であった.

そこで自分は何事かをした.

しかし,そのときにはすでに手遅れであった.


※石出法太(1992).『ドイツ』岩崎書店.より引用 マルティン=ニーメラーはドイツの神学者で牧師。もともと軍人で、第一次大戦の時はUボートの艦長であった。第一次大戦後に「主の平和」のために戦うことを決意し、牧師・神学者に転身した人物。

 ナチスに追随・迎合したドイツの諸教会が「ドイツ的キリスト者運動」に統合される中で、反ナチスの立場から「ドイツ告白教会」の結成に加わり、反ナチ闘争に身を投じて逮捕され、8年もの長きにわたり投獄された人物である。同じくナチスに逮捕され、ドイツ敗戦直前に絞首刑に処された著名な神学者、ディートリッヒ=ボンヘッファーは「ドイツ告白教会」の運動と反ナチ闘争における大事な仲間であった。

 第二次大戦後は、ドイツとその国民、教会の悔い改めと平和のために尽力し、長くドイツの平和運動の代表的人物であった。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 政治・選挙・NHK20掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。