★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK20 > 509.html
 ★阿修羅♪
日本政府の自殺対策と『転落』/佐藤清文
http://www.asyura2.com/0601/senkyo20/msg/509.html
投稿者 white 日時 2006 年 3 月 19 日 19:48:32: QYBiAyr6jr5Ac
 

□日本政府の自殺対策と『転落』/佐藤清文

 http://eritokyo.jp/independent/nagano-pref/sato-col0007.html

連載 佐藤清文コラム 第七回

日本政府の自殺対策と『転落』

佐藤清文
 
掲載日2006.3月18日


 日本政府は、昨年末、今後10年間で自殺者の数を2万5000人以下とするための政策を決定しました。現在日本の死因において、自殺は交通事故死以上です。日本の自殺者数は、景気低迷に伴い、98年以降、7年連続して年間3万人以上が続いています。

 ブッシュ政権は、2005年12月、開戦以来犠牲になったイラクの民間人数を3万人前後とかなりサバを読んで発表していますから、戦争並みの状態です。政府統計では、2004年度の自殺者数は3万2325人です。

 人口10万人当たり25.3人で、その3分の2以上が男性です。80年代から現在まで、女性の自殺者の増加が年間2000人程度であるのに対し、男性では、1万人以上も増えています。推測される自殺理由の一位は、若年層ではなく40歳以上の中高年に自殺者が多いように、健康問題、次いで経済問題とされています。

 国際統計によると、日本の自殺者数は、G8で、2位、OECD諸国の中では、ハンガリーの次です。国別の自殺率上位には、日本を除くと、中東欧ならびに旧ソ連諸国で占められています。これらの国では、体制転換に伴う社会の不安定化に起因する自殺者の増加です。旧西側諸国の間では、日本が最悪の値を示しています。

 けれども、参議院厚生労働委員会において、「自殺に関する総合対策の緊急かつ効果的な推進を求める決議」がなされたのは2005年7月であり、「自殺対策関係省庁連絡会議」が開催されたのはその2ヵ月後です。あまりにも遅すぎる動きです。

 自殺対策関係省庁連絡会議は学校や職場でのカウンセリング・サービスなどを充実するほか、駅のホームに飛びこみ防止用のフェンスを増設し、ネット上の自殺を勧めるサイトへのアクセスを制限するソフトウェアも配布すると述べています。

 しかし、この自殺者対策は、一定の効果はあるでしょうが、対処療法的です。自殺へのやむにやまれぬ衝動から助けない限り、真の自殺者数減少にはつながりません。エミール・デュルケームの『自殺論』(1897)さえ必要としないほど明快です。そもそも自殺者増加の原因は貧富の格差を拡大させた政府の政策運営自体にあるのです。

 日本における貧富の格差が拡大している実態はOECDによる「貧困率(Poverty Rate)」に関するレポートからも明らかです(http://www.oecd.org/dataoecd/48/9/34483698.pdf)

 このレポートでは、可処分所得の中央値の50%に満たない人の割合を「貧困率」として、OECD27カ国の数値を算出・比較しています。OECD全体の平均は10.44%であり、日本は15.3%です。これはメキシコ(20.3%)、アメリカ(17.1%)、トルコ(15.9%)、アイルランド(15.4%)に次ぐ第5位の値です。他方、最も低いのはデンマークの4・3%で、チェコ(4.3%)、スウェーデン(5.3%)、ルクセンブルク(5.5%)と続きます。

 加えて、日本は、90年代後半に貧困率が1.6ポイント拡大したと指摘されています。OECD全体での平均は0.5ポイントの拡大ですから、日本は貧困率だけでなく、貧困率拡大の割合も大きいということになります。さらに、年齢別の貧困率を見ると、日本には若年層と高齢者で貧困率が高い特徴があります。

 しかし、政府は、OECDの報告書が指摘するような貧富の格差は拡大していないと主張しています。日本は、政府によれば、高齢者の就業率が先進諸国で最も高く、そのため、高齢者層における所得の差が大きいことにより、OECDの統計上、貧富の格差が生じているのです。

 年々拡大しているという批判も、高齢者人口の増加に伴い、その点が広がっているということになります。ジニ係数の上昇は少子高齢化のせいであって、政府の経済政策とは直接的に関係がないというわけです。

 けれども、実際に、自殺者が増加し、その原因に経済問題が占める割合は高いのです。

 こうした自殺は政治による殺人と言っても過言ではありません。政府が経済政策を抜本的に見直すことが最良の解決策です。

 政府の対策ではアルベール・カミュ(Albert Camus)の『転落(La Chute)』で発せられた問いに答えられていません。「われわれは何人の無罪を請け合えないのに、万人の有罪であることは確実に断言できる。各人はすべて自分以外の者の罪を証言している、これが私の信念だし、ここに私の希望があるんです」(『転落』)。

 ジャン=ポール・サルトルとの論争を経て、カミュは、1956年、小説『転落』を発表します。場所は、アムステルダムの運河を囲む港の界隈で、このアルジェリア出身の作家はそこをダンテ・アリギエリが『神曲』の「地獄篇」で描いた円環の地形に見立てています。

 かつてこの世の楽園を謳歌しながら、「転落」してしまった元弁護士ジャン・バティスト・クラマンスが酒場で出会った客に、5日に亘って、これまでの人生と内面を告白するという内容で、彼の独白によって全編が構成されています。クラレンスはその客に向かった次のような問いかけをします。

 誰かが身投げしたとする。とる道は二つに一つ。一つはその後を追って飛びこみ、自殺者を救い出すこと。でも、この寒空じゃあ、下手をすれば、こっちまで死んでしまいかねない!もう一つは見殺しにすること。けれど、飛びこんで救ってやろうとしなかったことは、後々妙に心の疼く元になるもの。それでは、おやすみなさい。

 元弁護士は、日を改めて、自分の投げかけた問いに次のように答えるのです。

 仕方がない。やらなくちゃなるまい、うわあーっ!水は冷たいぞ!でも、心配後無用! 今じゃ手遅れだ。これから先だって、手遅れですよ。ありがたいことに!

 これはまさに日本政府の対策でしょう。二つに一つの道というアンチノミーを回避し、川に入らず、「飛びこんで救ってやろうとしなかったことは、後々妙に心の疼く元になるもの」を避けるうまい手です。「今じゃ手遅れだ。これから先だって、手遅れですよ。ありがたいことに!」はアイロニーですが、小泉政権は字義通り人々に語っているのです。不条理などそこにはありません。

 あまりにも遅い対策を見る限り、政府は、明らかに、通行人としての立場でしか自殺者対策を考えていません。死にたがっている人物が溺死してしまうだけのことだと眺めているだけなのです。急増した自殺の理由もはっきりしていて、且つそれが政府自身によることも明らかです。にもかかわらず、小泉政権は、ろくに責任も感じず、その事実を直視しようとしないのです。

 一方、セイント・カミュの大叔父は、身投げする人とそこに通りかかる人とを同時に、自分自身として扱っているのです。「《私は最低中の最低の人間なんだ》そして話の途中に、気づかれないように《私》から《われわれ》に移ってゆく。最後に《これがあるがままのわれわれだ》と言うところまで来たらしめたもの、私は彼らに、彼らの姿を暴露してやることができるのです。そりゃ私だって彼らと同じです。同じ泥水に浸っているんですから。 しかし、私はそれを知っている分だけ優位です」。人は、ある状況に置かれれば、自殺者にも、通行人にも、なりうるのです。

 「今じゃ手遅れだ。これから先だって、手遅れですよ。ありがたいことに!」というシニシズムを通りがかりの人として政治が口にすべきではありません。

 日本において、1日に平均87人が自殺をしています。しかも、その何倍もの人々が、心に痛手を抱えながら、遺族となっているのです。  〈了〉

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 政治・選挙・NHK20掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。