★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK20 > 722.html
 ★阿修羅♪
日本企業が悔やむ99年日中会談 [ゲンダイ]
http://www.asyura2.com/0601/senkyo20/msg/722.html
投稿者 white 日時 2006 年 3 月 29 日 15:13:00: QYBiAyr6jr5Ac
 

□日本企業が悔やむ99年日中会談 [ゲンダイ]

 http://gendai.net/?m=view&g=syakai&c=020&no=25452

【この会社の人と事件】
2006年3月24日掲載
日本企業が悔やむ99年日中会談

東シナ海ガス田開発問題

 日中間の懸案事項になっている「東シナ海ガス田開発」問題。今年3月、中国が「尖閣諸島海域での共同開発」というクセ球を投げてきたことで、さらに問題を複雑化させている。尖閣諸島は日本の領土だから当然だろう。
 この中国の新たな提案をめぐり、関係者の間で、ある秘話が話題になっている。
 尖閣諸島は石垣島の北に点在し、明治末期にかつお節工場が閉鎖された後、無人化していた。それが注目されたのは、1969年に、国連が周辺海域に原油が埋蔵されている可能性があると指摘したためだ。直後から台湾、韓国、中国が領有権を主張しはじめ、一気に領有権問題に発展した。
 その3年後の72年、尖閣諸島が沖縄と共に日本に返還され、日本企業4社が周辺海域に石油鉱区を取得した。だが日本政府は、領有権問題を理由に試掘の許可すら出さなかった。
 80年代以降、日中間で共同開発の話が出はじめたが、日本政府はこれにも対応できなかった。
 現在まで膠着(こうちゃく)状態が続く尖閣諸島のガス田開発だが、開発実現に向けて前進するチャンスが一度だけあったという。
「1999年、故・小渕恵三首相が訪中した時です。朱鎔基首相が会談の場で共同開発を提案した。ここには仕掛けがあった。石油鉱区を取得していた日本企業側が、故・竹下登元首相に働きかけて演出した舞台だったのです。企業側はこれで具体的な交渉がはじまると期待していました」(当事者企業の役員)
 ところが、企業側の意図がきちんと伝わっていなかったのか、小渕首相は反応しなかったという。
「あの時が、最大のチャンスだった……」(前出の役員)
 日本が遠慮している間に、中国は着々と資源調査を広げ、ついに開発を開始してしまった。日本の外交当局は何らかの知恵を絞る必要があるのではないか。【坂田拓也】

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 政治・選挙・NHK20掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。