★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK20 > 757.html
 ★阿修羅♪
前原執行部総退陣、永田辞職…遅過ぎた「無駄死」 [夕刊フジ]
http://www.asyura2.com/0601/senkyo20/msg/757.html
投稿者 white 日時 2006 年 3 月 31 日 18:46:34: QYBiAyr6jr5Ac
 

(回答先: 前原民主代表辞任へ、偽メールで引責 [読売新聞] 投稿者 white 日時 2006 年 3 月 31 日 12:17:42)

□前原執行部総退陣、永田辞職…遅過ぎた「無駄死」 [夕刊フジ]

 http://news.www.infoseek.co.jp/fuji/story.html?q=31fuji320060331041&cat=7

前原執行部総退陣、永田辞職…遅過ぎた「無駄死」 (夕刊フジ)
 民主党の前原誠司代表は31日午後、臨時役員会で、偽造メール問題の責任を取って代表を辞任する意向と執行部の総退陣を表明した。永田寿康衆院議員も同日、議員辞職することを党幹部に伝えた。前原氏は党再生のため、執行部一新が必要と判断したが、あまりにも遅すぎた決断に「無駄死」との指摘もある。新代表は1週間以内に開かれる両院議員総会で選出される予定だが、同党の前途は多難だ。
【やっと辞任】
 「メール問題に責任をつける意味で政治決断をする必要がある。自らに最大の政治責任がある。代表を辞任したい」
 前原氏は31日午後、東京・永田町の民主党本部で開かれた臨時役員会でこう語った。先月16日に永田氏が爆弾質問をしてから一貫して辞任を否定してきた前原氏だが、43日目になって、やっと決断した。
 前原氏はまた、「今後のことを考えると、人心を一新すべきだ」とも語り、執行部の総退陣を表明した。昨年9月にスタートして前原民主党は、わずか半年で撃沈した。
 メール問題では、すでに野田氏が国対委員長を辞任しており、前原代表以下、執行部の総退陣に発展したことで、民主党は結党以来、最大の危機に立たされた。

【永田も辞職】
 民主党は同日夕、党の「メール問題検証チーム」による調査報告書を公表する。
 最も注目された、永田氏から偽造メールを提供したフリーの元記者、西沢孝氏への金銭提供はなかったという結論だが、西沢氏との関係やそのメールの信憑(しんぴよう)性について、永田氏が党幹部らに「誇張」して、報告していたと断定している。
 同党は永田氏に対し、一度は「党員資格停止6カ月」という処分を決定したが、党内外から噴出した「議員辞職すべき」との声を受け、再三、自発的な議員辞職を促してきた。
 だが、永田氏は「国会質問の責任は感じる」と言いながらも、「その後は党の指示に従っている」「何で自分だけが…」といった“被害者意識”を抱え、質問を後押しした前原氏や野田佳彦前国対委員長の責任問題もチラつかせて強く反発していた。
 31日午前、鳩山氏が国会図書館で永田氏の説得を試みた際も、当初は辞職に難色を示した。ただ、前原氏が代表辞任する意向を示したため、永田氏は同日、河野洋平衆院議長に議員辞職届を提出することを了承した。

【ポスト前原】
 前原氏の辞任決断について、永田町事情通はこう明かす。
 「実は30日に前原辞任情報が流れた。『永田氏が辞職しなければ、前原氏は代表を辞任する』というもので、前原氏の地元・京都の後援会筋から漏れてきた。前原氏は同日夜、完全否定したが、一度『辞意』がもれたことで、辞任への流れを止めることができなかったのではないか」
 前原氏はこの1カ月、代表職に居座り続けたイメージが強く、今回の辞任も遅きに失した感がある。さらに、これで一件落着となるか疑問なのは、西沢氏の証人喚問が4月4日に待ち構えているうえ、捜査当局が立件を視野に情報収集を進めていることだ。
 「西沢氏の証言次第では疑惑再燃という事態もあり得るうえ、捜査のメスが入れば党のダメージは広がる。執行部総退陣のタイミングとしては疑問。『責任を放棄した』と見られても仕方ない」(ベテラン議員)
 民主党は31日午後の常任幹事会で、来週中に両院議員総会を開催し、新代表を選出することを確認した。
 現時点で後継代表として、小沢一郎前副代表、菅直人元代表、大穴として、渡部恒三国対委員長らの名前が取りざたされている。
 あまりに軽すぎた前原代表に代わる新代表の選出が難航すれば、党再生の道はさらに遠のくことは間違いない。

★党存亡の危機
 政治評論家の小林吉弥氏の話
 「遅きに失した。もう少し早く永田氏を切る決断をしていれば、執行部総辞職に追い込まれないで済んだ。前原代表は『周囲の空気が読めない』という、リーダーとしての欠点を印象付けた。今後、小沢一郎、菅直人両氏らのべテランが前面に出ると、若手に混乱が生じ、党の分裂に至りかねない。暫定代表を選ぶことになるだろうが、人材は渡部恒三氏ぐらいで、そう簡単に党内は治まらない。民主党は、党としての存亡にかかわる、大きな曲がり角に立っている」

 〔写真:臨時常任幹事会で辞意を表明した前原誠司代表=31日午後2時3分、東京・永田町の民主党本部〕


[ 2006年3月31日16時27分 ]

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 政治・選挙・NHK20掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。