★阿修羅♪ > 社会問題3 > 809.html
 ★阿修羅♪
特に黒人への冤罪は多い。黒人ジャーナリスト・ムミアも冤罪で死刑囚。皆さんも支援してください
http://www.asyura2.com/0601/social3/msg/809.html
投稿者 Sun Shine 日時 2006 年 12 月 16 日 18:32:07: edtzBi/ieTlqA
 

(回答先: <かくも多き冤罪事件>米の死刑囚ら188人、DNA鑑定で続々、無実を証明(朝日新聞) 投稿者 gataro 日時 2006 年 12 月 16 日 15:46:46)

特にアフリカ系アメリカ人(黒人)への冤罪は多い。

下記の黒人ジャーナリストも冤罪によって、死刑囚となっている。日本にも支援している人達がいる。皆さんもよろしければ支援してください。


http://www.jca.apc.org/mumia/gaiyo/jamal.html
ムミアとは誰か
--------------------------------------------------------------------------------
 1954年4月24日、フィラデルフィアに生まれる。高校生の頃から人種差別反対などの運動に積極的に参加。15歳のとき、悪名高い人種差別主義者、ジョージ・ウォレスの大統領選挙キャンペーンに抗議した際、白人優位主義者と警察官から手ひどい暴行を受ける。
 その後、1968年秋、フィラデルフィアのブラックパンサー党(BPP)設立メンバーの一人となる。同党では早くから文筆の才能で頭角をあらわし、1970年の夏、オークランドとカリフォルニアで機関紙の仕事にたずさわる。


BPPで執務する、ティーンエイジャーの頃のムミア
 その後、1970年代はじめから、ラジオ・ジャーナリストとしての活動を開始し、National Public Radio、Mutual Black Network、National Black NetworkやWUHY(現在のWHYY)などのラジオ局で取材記者、コメンテータなどとして活躍する。
 一貫して貧しい人たち、抑圧された人たちの立場からの報道を貫き、警察による人種差別的暴力行為や汚職、貧困層を省みない政策などを批判する論陣をはった。こうした戦闘的なジャーナリズムによって、当時の市長や州知事、警察などから目の敵にされた。ことに1978年、MOVEという黒人運動グループが600人以上の武装警官に包囲攻撃され、多数が逮捕された事件を非難したことで、ラジオ局から解雇される。彼はフリーランスとなって報道を続けるが、同時に家族を支えるために夜勤のタクシードライバーとなって働くことになった


1978年のMOVEへの弾圧
 1981年12月9日早朝、フィラデルフィア警察のダニエル・フォークナー巡査が殺害されたとき、ムミアがタクシーを運転して現場を通りかかったのには、こうした背景があった。そして、現場に駆け付けた警官隊により暴行を受けた末に、警官殺しの罪名で逮捕された。
 瀕死の重傷を負いながら何とか生き延びた彼は、人種差別主義の裁判官、アルバート・セイボによる偏見に満ちた強権的訴訟指揮と拙劣な国選弁護人の無策によって、翌82年7月3日に死刑宣告をうけた。ペンシルベニア州最高裁への上告は1989年3月に却下され、連邦最高裁への上訴も拒否され、確定死刑囚となった。

 1995年6月、著名な弁護士、レオナルド・ワイングラスを団長とする新たな弁護団のもとで再審請求(Post Conviction Releaf Action)をおこす。だが、当時の州知事トム・リッジは死刑執行命令に署名。処刑の強行によって再審請求を押しつぶしてしまおうとする。これに反対して、世界中でムミアの処刑中止と、公正な裁判、そして釈放を要求する運動が高まる。
 以来、再審請求のための闘争を継続し、現在(2006年2月)連邦控訴審裁判所で、再審請求をめぐる審理が行われている。
 彼はすでに四半世紀にわたって、狭い死刑囚監房に閉じこめられたままだが、にもかかわらずインターネットを通じて毎週のように政治的批判精神に富んだコメンタリーを発表。<注>抑圧された者の側に立ってたたかうジャーナリストとしての仕事を継続している。また、獄中から公刊した著書もすでに以下の5冊にのぼっている。


http://www.jca.apc.org/mumia/whatsnew.html
2007年春にも、口頭弁論開始か?
弁護側の最終答弁書を提出
さる10月23日、ムミア・アブ=ジャマールの弁護団は、第3巡回区裁判所(連邦段階の中間上訴裁判所)に対して、第4段階の答弁書を提出しました。これは、当審における答弁書提出の最後になるものであり、主任弁護人のロバート・ブライアンによれば、3カ月以内に、公開の口頭弁論が開始されるであろうとのことです。
この口頭弁論の後、ムミアの再審が開始されるかどうか、裁判所が決定することになります

アメリカ版はこちら
http://www.mumia.org/freedom.now/

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 社会問題3掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。