★阿修羅♪ > 戦争77 > 226.html
 ★阿修羅♪
琴欧州も「ツラン」系?(^-^;
http://www.asyura2.com/0601/war77/msg/226.html
投稿者 倉田佳典 日時 2006 年 1 月 02 日 18:32:21: eahs5MlcSyO0.
 

(回答先: 『ツラン民族圏』運動を想起しますね。 投稿者 倉田佳典 日時 2006 年 1 月 02 日 17:25:44)

琴欧州も「ツラン」系(^-^;

「陰謀の大アジア」ではなく、
『陰謀と幻想の大アジア』の誤りでした。
http://asyura2.com/0601/war77/msg/224.html

『ツラン民族圏』においては、
ブルガリア人もツラン系とされています。

ブルガリア人の先祖となったブルガル人は、そもそも
中央アジアのトルコ系遊牧民の出身であること。
現在のブルガリア人がスラブ語話者となっているのは、
満州人が漢語を話しているのと同様であるとのことです。

=======
『ツラン民族圏』今岡十一郎 昭和17年1月 龍吟社
P276
第5節 勃牙利の諸民族
一、緒言 ブルガリア族は、元々ツラン系民族であつたことは既に述べた。

今から約一千百年前には、ウラルの麓、ヴォルガ河の附近において、東・北

・西にはマジャール、バシキール、ズィリァン、ヴォチャーク、チェミレス

、モルドヴィン等のツラン諸族を控へ、また南においては、カザール帝國と

隣接してマグナ・ブルガリア國を建設して居た。
 ブルガリア人は、其の昔、ツラン系の美しい言葉を持つて居たのであるが

、永い間、スラヴ民族と生活を共にしてゐたため、かれ等と混血し、スラヴ

文化の影響を受くること多く、遂にツラン系ブルガリア固有の言葉を忘れ、

今では、スラヴ語を話し、スラヴ民族の宗教たる希臘正教を信奉して居る。

これは恰も、ツングース系の満洲人が、自己固有の言葉を忘れ、今日、漢語

を話し、漢人の風俗習慣を受容れて居るのと同様である。しかし、流石に、

彼等ブルガリア人の胸底深く流るゝツランの血の故か、彼等の心、彼等の魂

は、常に、ツラン同族の方へ引付けられ、トルコ人やハンガリー人に對して

は、特に民族的親しみを感じて居る。

=======

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 戦争77掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。