★阿修羅♪ > 戦争77 > 289.html
 ★阿修羅♪
911事件を取り上げた「きくちゆみの地球平和ニュース」を転載
http://www.asyura2.com/0601/war77/msg/289.html
投稿者 馬鹿まるだし 日時 2006 年 1 月 05 日 03:21:28: XrXUVCoFJUfoI
 

(回答先: Re: 『ボーイングを捜せ』には反証サイトがあるのだが…大丈夫か?【AML保存庫を参照してみては?】 投稿者 gataro 日時 2006 年 1 月 04 日 20:14:10)


■■*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*■■

グローバルピースキャンペーン
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● きくちゆみの地球平和ニュース ●
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
Global Peace News by Yumi Kikuchi ≪ 第10号 ≫

発行:Global Peace Campaign
http://www.globalpeace.jp/

■■*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*■■


初めての方、きくちゆみの地球平和ニュースに
ご登録ありがとうございます。
おもしろい、役に立つ、他の人にも知ってほしい、と感じましたら、
ぜひこのページを教えてあげてください。
http://www.mag2.com/m/0000172015.html
http://globalpeace.jp/index.html#webmag


┌─┐┌─┐┌─┐┌─┐┌─┐┌─┐┌─┐┌─┐
│転││送││転││載││大││歓││迎││!│
└─┘└─┘└─┘└─┘└─┘└─┘└─┘└─┘


■□―――――――――――――――――――――――――コラム―□■

■ 911の記事が週刊ポスト(1月4日発売号)に!
ピーターが私を手伝い始めたわけ
きくちゆみ

□――――――――――――――――――――――――――――――*□


あけましておめでとうございます。

驚きました。タイムの表紙のタイトルが「ブッシュが辞職」、サブ
タイトルが「チェイニーが刑期開始」
http://politicalhumor.about.com/library/images/blbushresigns.htm
と思いきや、これジョークなんですね(残念!)。アメリカの友人
からのプレゼントです。アメリカ人のユーモアに脱帽!

昨年から私たちの仕事をボランティアで助けてくれているピーター
が我が家にきています。彼との出会いはドキュメンタリー映画『9
11ボーイングを捜せ』が縁でした。彼は私と同様、911事件の
公式発表をそのまま信じていた一人です。その彼が考えを変えるこ
とになったのは『911 In Plane Site』 (邦題『911ボーイング
を捜せ』)を観て疑問を持ち、自分自身で調査を始めたからでした。

そして、911事件を検証したもう1本の映画『Painful Deceptions』
(未邦訳)でこの女性を観ました。世界貿易センターのノースタワ
ーの飛行機が激突した穴から出てきて、手を振っている女性です。
彼女の写真はここで観ることができます。
http://www.erichufschmid.net/PainfulQuestionsBook.html

次のサイトの上下2枚の写真をよく見比べてください。上の写真の
中程の下に黒っぽい上着に白いズボンの女性が映っており、赤い線
で四角に囲われています。それを拡大した写真が下の写真です。こ
の穴は実際に飛行機が激突して作った穴で、彼女が立っているとこ
ろはまさにエンジンが当たったあたりだと思われ、政府発表では灼
熱の地獄のはずです。
http://reopen911.org/womaninhole.htm

この後まもなくビルは崩壊し、彼女を含む2749人のいのちが奪
われました。しかも崩壊には9秒しかかかりませんでした。これは
自由落下の速度で、物理的抵抗がなかったことを意味します。9秒
という時間はビデオによってだけでなく、ビル崩壊の衝撃を計測し
ていた地震計によっても確認されています。

手を振って助けを求めている彼女の映像を見た日から3日間、彼は
眠れませんでした。私同様、アメリカ政府がこの事件に関与してい
ることはあり得ない(そこまでやるはずがない)と信じていた彼は、
世界中(自分自身も)が騙されてしまったのかもしれない、と思い、
さらなる調査を始めます。そしてついに私たちは出会い、彼は私た
ちへのサポートを始め、そのサポートは現在も続いています。

実際日本で『911ボーイングを捜せ』はほとんど話題になってい
ませんし、「アメリカがまさか自国民を殺してまで、そんなことを
やるはずがない」と殆どの人が信じこんでいます。この作品がねつ
造だ、という人までいます。そんな中で、「これ(911事件の真
相究明)ほど大事な仕事はない」と私を励まし続けてくれる大切な
友人です。

米国政府の公式発表では、旅客機が激突した後ビルの中は熱が鉄筋
を溶かすほど高温になり、ついに鉄筋が溶解してビルが崩壊したこ
とになっています。そんな高温の中で人間が生きていられるのでし
ょうか。鉄の融点は摂氏1535度です。しかも世界貿易センター
ビルの鉄筋は中央(鉄柱が44本。47本という論文もあり)と周
囲(鉄柱が236本)にくまなく張り巡らされ、頑強な構造のビル
であることが建設中の写真からわかります。
http://physics911.net/9-11%20Picture5.jpg

それにしても、天下のBBCはどうしちゃったのでしょう。「なぜ
世界貿易センタービルが崩壊したか」について事実と違うことを、
いまだにHPに載せています。中央の鉄柱は44本ですよー、4本
じゃないってば。それに最初の図からは、236本(1辺あたり
59本)ある周囲の鉄柱がなぜか消えてしまっています。わざと世
界貿易センタービルを脆弱に見せたいかのようです。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/americas/1540044.stm

さらに不可解なのは、鉄筋は実際には溶解したのではなく、木っ端
みじんになり、しかも大きさがほぼ揃っていること。どうすれば上
からの重みで鉄筋があのように粉々に分解され、70メートル(一
部では90メートル)も横に飛び散るのでしょうか。重い鉄を水平
方向にそれだけ遠くに吹き飛ばすエネルギーは、どこからきたので
しょう。政府発表のビルの重みによる崩壊(上からの加重)では説
明がつきません。このサイトにある写真だけでも、全部見てくださ
いね。
http://www.911wasalie.com/phpwebsite/index.php?module=announce&ANN_user_op=view&ANN_id=13

世界貿易センタービルの崩壊に関して、米国ユタ州にあるブリガム
・ヤング大学の物理学教授スティーヴン・ジョーンズが、このビル
の崩壊は航空機の激突によって起こりえない、と主張しています。
私はこの大学のことは知りませんでしたが、モルモン教系の保守的
な大学で、その調査研究の確かさで名の知れた大学だそうです。モ
ルモン教徒は敬虔なクリスチャンであり、その正直さで有名です。
ピーターはこの大学の権威をあとで思い知ることになります。
http://www.byu.edu/

2005年11月10日には、ジョーンズ教授の主張が地元の新聞
にも取り上げられました。
http://deseretnews.com/dn/view/0,1249,635160132,00.html
その元になった論文はこちらです。
http://www.physics.byu.edu/research/energy/htm7.html
ジョーンズ教授が同大学でこの論文を初めて発表したとき、60人
の教授や専門家が聞いていました。2時間の発表のあと、59人が
ジョーンズ教授の主張に同意し、一人だけ反対しました。そして、
その一人も翌日には彼の主張が正しい、と言ってきたのです。

ピーターがこの大学の権威を思い知ったのは、彼の友人で千葉大で
教鞭を執るアメリカ人が、ジョーンズ教授の論文を読んだ瞬間にコ
ロッと態度を変えたときでした。それまで1年以上もピーターが9
11事件に関するさまざまな本やDVDを見せても一切取り合って
くれなかったのが、「ブリガム・ヤング大学の物理学教授が言って
いるのなら、信頼に値する」というのです。

さらに『The New Pearl Harbour』で「911事件は米国政府の自作
自演」と主張したデービッド・レイ・グリフィン博士(クレイモン
ト神学大学教授)は、2005年10月21日には「世界貿易セン
ターの崩壊はビル解体爆破であったことは仮説ではなく、事実だ」
という論文を発表しています。もちろん、これらの論文はアメリカ
の主流メディアには流れていません。
http://www.globalresearch.ca/index.php?context=viewArticle&code=20051021&articleId=1129

ご存知ない人も多いと思いますが、鉄筋コンクリートのビルが火災
によって崩壊した例は他にはありません。最近の例では2005年
2月12日にはマドリッドでウィンザータワービルが火災に遭い、
24時間燃え続けたのに崩壊しませんでした。
http://www.cnn.com/2005/WORLD/europe/02/14/spain.block.fire/

このビルと世界貿易センタービルは確かに構造が違うでしょうから
単純に比較はできないですが、火災によって崩壊したビルが、91
1事件で崩壊した3つのビル(しかも部分的崩壊ではなく、小さい
粉々の破片になるほどの完璧な崩壊)しか存在していないのは、不
思議だと思いませんか?

911事件に関する最新ドキュメンタリーの一つ『Loose-Change』
では、その他にも火災に遭いながら崩壊していない高層ビルをいく
つも紹介しています。20代の若者達が作った映画ですが、とても
よく出来ています。いずれこの作品も日本で紹介できれば、多くの
人の疑問に答えられると思います。
http://www.loosechange911.com/

「911事件が政府発表の通りだ」と主張する人たちにぜひ応募し
てほしいのが、これです。世界貿易センタービルが爆薬を使わずに
崩壊したことを証明できたら、100万ドルの賞金がもらえますよ。
ジミー・ウォルターさんは億万長者で、本気です。彼の手紙もぜひ
読んでみてください。
http://reopen911.org/

私が911事件にこだわるわけは、アメリカでも日本でも大手メデ
ィアがこの不可解で重大な事件の真相を究明しようとしないばかり
か、米国政府の911委員会報告書を鵜呑みにしているからです。
グリフィン博士の最新著作はこの政府報告書に真っ向から挑んだも
ので『The 9/11 Commission Report: Omissions and Distortions』
(911委員会報告書:除去と歪曲、日本語版はなし)といいます。
現在取り寄せています。誰か翻訳しないかなあ。このサイトで、彼
の講演を聴くことができます。
http://www.informationclearinghouse.info/article8765.htm

911事件に関してこれだけ不可解なことや食い違いがあるのに、
政府の発表がまかり通っているのは、マスコミの力(この場合無視
し続けていること)が大きいですね。でも、ついに日本で『911
ボーイングを捜せ』が、『週刊ポスト』(1月4日発売号)で取り
上げられることになりました。ぜひ本屋さんで買ってくださいね。
編集部へ感想を送っていただければ、なおうれしいです。

ペンタゴンに激突したのがボーイング757型機(アメリカン航空
77便)ではない、ということに関しては、『911ボーイングを
捜せ』を観た殆どの人が納得してくれていますので、またの機会に
譲ります。私の元にはいくつかの反論も届いていますが、非建設的
な論争をするよりも、ペンタゴンにすべての映像の公開を迫る運動
を彼ら(政府発表を信じている人たち)と一緒にやろう、と呼びか
けています。

ペンタゴンには監視カメラがあり、あのときの映像はすべてあるの
です。それさえ情報公開してもらえば、不毛な論争に終止符を打つ
ことができます。でも、私にとっては次のサイトを観るだけで十分
でした。証言はいくらでもねつ造することができますが、生中継の
テレビ報道でそれをするのは難しいですからね。
http://no757.batcave.net/

私たちが日本語版を制作したのは『911 In Plane Site』の古いバー
ジョンで、現在アメリカで発売されているDirector's Cutはより詳
細な作品に仕上がっています。こちらの日本語版を作る予定はいま
のところありません(経済的、時間的制約です)が、英語版をご覧
になりたい方はDMでコンタクトしてください。一人でも多くの人
が911事件の公式発表のおかしさに気づき、この事件を理由に戦
争をしている狂気から目覚めてほしいです。

2006年が少しでも明るい年になりますように。私の仕事を支え
てくれているピーターを始めとする多くのボランティアのみなさま
と、これを読んでくださったあなたに感謝をこめて。

きくちゆみ

【出典】きくちゆみの地球平和ニュース
http://blog.mag2.com/m/log/0000172015

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 戦争77掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。