★阿修羅♪ > 戦争78 > 106.html
 ★阿修羅♪
「2050年は江戸時代」石川英輔著(2010年ピークオイル⇒終りの無いオイルショック⇒世界経済崩壊⇒世界恐慌⇒日本食糧危
http://www.asyura2.com/0601/war78/msg/106.html
投稿者 Y 日時 2006 年 2 月 01 日 15:30:43: bQRq12j.dnw/Q
 

この小説には、2050 年の日本人の生活と、どのような経過でそうなったかが(老人の記
憶を通して)描写されている。小説にはっきりとは書かれていないが、行間読みをすれば、
食料とエネルギーの輸入が2015 年から急激に減り、2020 年までにはゼロとなったことが
わかる。日本経済は2012 年頃から少しずつ凋落し、2020 年までに大都市は基本的に廃虚
となる。その後ひどい飢餓に見舞われて困難な時代が続くが、2050 年までには日本の人口
が約6,500 万人となり、そのうち99%が農村地帯で独立した共同体を営み、農業的生活を
送っている。政治的には大きく異なるが、生活様式は実質的に居心地が良い「江戸時代」
に回帰している。6,500 万人という人口は、1930 年の水準で、国立社会保障・人口問題
研究所による人口予測の低位シナリオなら2070年から2080 年のレベルである。

石川のシナリオは「スローモーション崩壊」と言えるかもしれない。日本経済は次第に
凋落していくが、一般人には何が起こっているのか理解できず、政府は迫り来る危機の前
に無策であるか、または問題を軽減する努力を特にはしなかったと石川は書いている。こ
のことは小説の中で老人の記憶から明らかになっているし、現実味がある。危機が深まる
につれて、農村につながりのある人々は大都会を脱出し、拡大家族と合流する時期がある。
そのように生活できる農村へと移動した幸運な人々(石川の小説で取り上げられた村は、
この点で大変豊かである)は比較的スムーズに自分たちの生活を守り、新しい生活様式へ
の移行を遂げる。小説の中ではほとんど直接には触れられていないが、そうではない他の
人々は幸運ではなかったようである。表2.17 の人口予測の低位シナリオでは、2050 年の
日本の人口は9,200 万人前後と予測されている。石川の小説で2050 年に6,500 万人にな
るということは、2020 年代に、おそらく2,000 万人から3,000 万人が消えてしまうという
意味であり、穏やかな農村を背景にした石川の小説の裏側には恐ろしい底流があるとしか
言いようがない。

今日の日本は、150 年間化石エネルギーに依存して主な活動が行われてきた大都会に、
過度に人口が集中している。つまり、大多数の人々は、農作業が行われ食料が生産される
地域には住んでいないのである。石川が小説で書いたように、人口の大移動は起きるだろ
うが、いつどこへ行けばいいのか都会の人々は見当もつかないだろう。上述したように、
現在日本人のほとんどは農作業の経験も知識も技能もない。日々の肉体労働にも不慣れで
ある。大部分の人が生産性の高い農作業ができるようになるにはかなりの年月がかかるだ
ろう。適切な技能や技術を指導できる人材はさらに不足すると思われる。しかも、機械を
動かす燃料もなく、機械の維持管理さえもできるかどうかわからない。そして家畜もいな
いとなると、状況は悲惨である。きつい仕事を全部人間の労働力で行なうことになるので
ある。しかし、前もってきちんと備えていれば最悪の状況を避けることはできるはずであ
る。

以上は次の論文の抜粋です。

日本における農業とエネルギー
−21世紀の食料事情を考える−
© 2001, Antony F.F. Boys (アントニー F.F. ボーイズ)
http://www007.upp.so-net.ne.jp/tikyuu/pdf_files/tombo.pdf

p.72より


以下、ピークオイルに関連する私の投稿です。

ピークオイルと人類の運命
http://asyura2.com/0601/war77/msg/926.html

ピークオイルの後は「終りの無いオイルショック」それは世界経済の終りの始まり
http://asyura2.com/0601/war77/msg/967.html

ビルトッテン氏より「ロシアはピークオイルがシオニストの嘘だと証明した」への
コメント頂きました。
http://asyura2.com/0601/war77/msg/991.html

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 戦争78掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。