★阿修羅♪ > 戦争78 > 125.html
 ★阿修羅♪
アメリカの対テロ戦争-核兵器が使用される危険 by Michel Chossudovsky(抜粋全訳)
http://www.asyura2.com/0601/war78/msg/125.html
投稿者 こげぱん 日時 2006 年 2 月 03 日 01:40:07: okIfuH5uFf.Lk
 

http://www.globalresearch.ca/index.php?context=viewArticle&code=CHO20060130&articleId=1848

*抜粋*
ユーゴスラビア、アフガニスタンおよびイラクの戦争は一連の「戦争ロードマップ」の一部です。軍内部の文書によって確認されたことですが、米国はイラン、シリア、北朝鮮だけではなく、冷戦時代の旧敵、ロシアと中国をも攻撃する計画があります。

私たちは、様々な内政干渉によって特徴づけられた世界的な戦争計画に直面しています。内政干渉とは、国内の民兵組織やいわゆる解放組織を支援する、隠密軍事・情報収集活動を含んでいます。このような内政干渉は、旧ユーゴスラビアで見られたように、国内の社会、人種および政治的分断を引き起こし、究極的には国全体の破壊を目的として立案されました。

同時に、米国は「民主化」行動計画を掲げ、他国の内政に干渉していきました。この内政干渉はしばしば、政府を不安定化と徹底的な「自由市場」の押し付けという形をとりました。この点では、米国に後押しされた軍事クーデターに続くハイチへの不法な侵略(カナダとフランスにも支持された)は、アメリカ政府の世界的戦争計画の典型的な例です。

*戦争とグローバリゼーション*

戦争とグローバリゼーションは密接に関連するプロセスです。軍事・情報収集活動は、新しい経済的フロンティアをこじ開けたり、国家経済の改造を支援するために用いられます。戦争とグローバリゼーションプロセスの背後には、ウォールストリートの金融機関、英米の大手石油会社および米国-英国の軍事産業がついています。

結局、アメリカの「テロとの戦い」の目的は、「軍事的手段」と致命的なマクロ経済改革の押し売りにより、主権国家を開いた領域(あるいは「自由貿易地域」)に変形することです。これにつづいて、IMF-世界銀行-WTO監督の下で実行される国家経済弱体化/破壊計画により、何百万もの人々が極貧層に陥ります。同様に、戦争の結果として、(侵略国の)戦争支援者や債権者によって課されるいわゆる 「改造プログラム」は、(目標国の)対外債務を激増させます。

歪曲された論理では、対外債務によって賄われる「戦争賠償金」は、侵略者である米国政府に支払われています。しかし、そのうち数十億ドルはベクテル社やハリバートン社といった、米国国防総省と深くつながっている西側のエンジニアリング企業に流れています。

*イランとシリア:次の攻撃目標*

国家安全文書の中に書かれていることですが、この戦争の主目的は中東石油資源と富の征服および没収です。事実、中東から中央アジア地域には、世界の石油およびガス資源の約70パーセント(米国 の30倍以上)が埋蔵されています。

英米の大手石油会社、ウォールストリートの金融機関および米国-英国の軍事産業は、アメリカの戦争計画の背後でしっかりと同盟を結んでいます。

既に確認されていることですが、この戦争の次の攻撃目標はイランとシリアです。

イランは、サウジアラビア(25%)およびイラク(11%)に続き、世界第3位の石油および天然ガス(10%)が埋蔵されている国です。イラン爆撃の口実を確立するために、米国は、イランを世界平和への脅威とすることで、国連安全保障理事会のお墨付きを得ようとしています。

イスラエルは、イランに対する軍事作戦を始める 際に重要な役割を果たすでしょう。

この軍事作戦は準備段階ですが、一度発生すれば、戦禍は中東全体や近隣諸国にまで及ぶでしょう。この戦争を機に、イスラエルは公式に英米軍事枢軸のメンバーになるでしょう。

2005年の初めに、軍の展開や兵器体系のテストを含むいくつかの注目される軍事演習が東地中海で行なわれました。軍事計画の会合が、米国、イスラエルおよびトルコ間で開催されました。ワシントンとテルアビブおよび アンカラを股にかけた軍事・政府高官の往来がありました。

度重なる軍事・政府高官の往来の目的は、軍事協力および米国-イスラエル主導の対イラン軍事作戦を支援することにあります。イランの核開発計画に関する国連安全保障理事会の決議は、米国の軍事介入を正当化するために利用されるでしょう。

最近の重要な動きには、2004年11月のNATO-イスラエル間の軍事協力協定があります。数か月後、イスラエルはアラブ数カ国と共に初めてNATOと軍事演習を行いました。

-以下原文-
*EXCERPT*

The wars in Yugoslavia, Afghanistan and Iraq are part of the same "military road-map". Confirmed by military documents, the US war agenda not only targets Iran, Syria and North Korea, but also its former Cold War enemies: Russia and China.

We are dealing with a global military agenda characterized by various forms of intervention. The latter include covert military and intelligence operations in support of domestic paramilitary groups and so-called liberation armies. These operations are largely devised with a view to creating social, ethnic and political divisions within national societies, ultimately contributing to the destruction of entire countries, as occurred in Yugoslavia.

Meanwhile, the US sponsored "democratization" agenda consists in intervening in countries’ internal affairs, often with a view to destabilizing national governments and imposing sweeping "free market" reforms. In this regard, the illegal invasion of Haiti following a US sponsored military coup, which was also supported by Canada and France, is an integral part of Washington’s global military agenda.

*
War and Globalization
*

War and globalization are intimately related processes. Military and intelligence operations support the opening up of new economic frontiers and the remolding of national economies. The powers of Wall Street, the Anglo-American oil giants and the U.S.-U.K. defense contractors are indelibly behind this process.

Ultimately, the purpose of America’s "War on Terrorism" is to transform sovereign nations into open territories (or "free trade areas"), both through "military means", as well as through the imposition of deadly macro-economic reforms. The latter, implemented under IMF-World Bank-WTO auspices often serve to undermine and destroy national economies, precipitating millions of people into abject poverty. In turn, so-called "reconstruction programs" imposed by donors and creditors in the wake of the war contribute to a spiraling external debt.

In a twisted logic, "war reparations" financed by external debt are being paid to the US invader. Billions of dollars are channeled to Western construction conglomerates such as Bechtel and Halliburton, both of which have close links to the US Department of Defense.

*
Iran and Syria: Next Phase of the War
*

Confirmed in national security documents, a central objective of this war is the conquest and confiscation of Middle East oil wealth. In this regard, the broader Middle East - Central Asian region encompasses some 70 percent of the World’s oil and gas resources, more than thirty times those of the US.

The Anglo-American oil giants in alliance with Wall Street and the military-industrial complex are indelibly behind America’s war agenda.

The next phase of this war is Iran and Syria, which have already been identified as targets.

Iran is the country with the third largest oil and gas reserves (10%) after Saudi Arabia (25%) and Iraq (11%). The US is seeking with the complicity of the UN Security Council to establish a pretext for the bombing of Iran, which is presented as a threat to world peace.

A massive buildup in military hardware has occurred in preparation for a possible attack on Iran. Israel has taken delivery from the US of some 5,000 "smart air launched weapons" including some 500 BLU 109 'bunker-buster bombs.

Meanwhile, Iran is building its air defense capabilities. Russia has recently announced that it plans to sell to Iran some 29 Tor M-1 anti-missile systems.

The planned attack on Iran should also be understood in relation to the timely withdrawal of Syrian troops from Lebanon, which has opened up a new space, for the deployment of Israeli forces. The participation of Turkey in the US-UK-Israeli military operation is also a factor, following an agreement reached between Ankara and Tel Aviv.


 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 戦争78掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。