★阿修羅♪ > 戦争78 > 254.html
 ★阿修羅♪
ロシア軍事専門家が見た、アメリカ−イラン戦争のシナリオ
http://www.asyura2.com/0601/war78/msg/254.html
投稿者 こげぱん 日時 2006 年 2 月 09 日 01:39:35: okIfuH5uFf.Lk
 

カナダGlobalresearchに、ロシア軍事専門家がアメリカとイランが戦端を開いた場合の
戦況予測ともいうべきレポートが掲載されました。現状でアメリカがイランを攻撃すれば、原油価格高騰でアメリカ経済失速+アメリカ財政破綻で、金食い虫のアメリカ軍が
使い物にならなくなる可能性もでてきそうなので、イラン攻撃があるかどうか個人的には
疑ってますが、反面風刺画騒ぎやパレスチナ選挙、または「ホロコースト会議」などを
きっかけに戦端が開かれる可能性も皆無ではないのでここに出します。

けどこのシナリオ、北朝鮮有事でも多少は参考になるシナリオでは?


http://www.globalresearch.ca/index.php?context=viewArticle&code=IVA20060205&articleId=1894

Calls for War in the US and Iran: What Would Happen if the Americans Invaded Iran?
アメリカ−イラン戦争のシナリオ

by Vladimir Ivanov and Viktor Myasnikov

February 5, 2006
Nezavisimaya Gazeta (transalted from Russian)

Washington relies on guided missiles, Tehran on 20 million volunteers
アメリカ軍の精密兵器攻撃に対して、イランは2000万人の「殉教者」で対抗する
WHAT WOULD HAPPEN IF THE AMERICANS INVADE IRAN?
アメリカのイラン侵略後のシナリオ

Tehran maintains that the Americans will time their invasion of Iran for the Navruz celebrations this spring. "We are on the eve of a major event, when our revolution is going to set all humanity on the right track," said Iranian President Mahmoud Ahmadinejad said.
イラン政府は、アメリカは今春のNavruz祝日(訳注:ゾロアスター教の新年を祝う祝日。毎年3/21日)をめどにして、イラン侵略のを始めるだろうと推測している。「我々は人類史上画期的な出来事の前夜にいる。人類の歴史を正しい方向に戻すための革命の」イラン大統領マフムド・アハマディネジャドはこう言ったと伝えられる。

It is known that the American General Staff has a conceptual plan for the defense of Israel, called Conplan 4305, which is updated every year. Some sources imply that plans for a strike on Iran by the Pentagon's own forces also exist.
アメリカ統合参謀本部はConplan 4305と呼ばれるイスラエル防衛計画を毎年更新していることが知られている。いくつかの情報源は、アメリカ軍によるイラン攻撃計画も存在することをも暗示している。

A prominent Russian specialist on Iran who asked not to be identified says that an American military operation against Iran at this point is very problematic. First, the Americans are bogged down in Iraq and Afghanistan, and it will clearly be some time, at best, before those countries evolve to the level anticipated by the United States. Second, the colossal burden of war spending may interfere as well, making an American invasion of Iran all the more difficult.
イラン滞在中のロシアの著名な軍事専門家は、匿名を条件にこう言う。「今春アメリカがイランに軍事作戦を仕掛けるかは非常に疑わしい。その理由は、第一にアメリカはイラクとアフガニスタンの治安が改善する前に、両国で泥沼にはまり足を抜けなくなることが遅かれ早かれ明白になるだろうからである。第二に、巨大な戦争出費負担は、アメリカのイラン侵略をさらに困難にするだろうからである。

On the other hand, the expert doesn't rule out the possibility of invasion. He says that Israel is a particularly energetic promoter of the aggression. It is worried by Tehran's determination to see its national nuclear program to the logical conclusion and regards it as a dire threat to itself. Moreover, Tel-Aviv is within range of Iranian ballistic missiles.
しかし反面、この専門家は軍事作戦の可能性を除外していない。この専門家は、イスラエルが精力的に軍事作戦を推進していると見る。というのも、イスラエルは、イラン政府の核開発計画推進という(イランにとり)合理的な決定を心配し、イスラエルに対する恐ろしい脅威と見なしている。さらに、イスラエルはイランの弾道ミサイルの射程内にある。

The expert believe that the United States may go ahead and strike at Iran under pressure from Israel. A senior officer from Israeli military intelligence said in late 2005 that Israel was prepared to initiate elimination of Iranian nuclear facilities and added that it should be done this spring. The expert we approached for comments, however, doesn't think that Israel can pull it off all alone even though the Americans have supplied it with a great deal of high-precision weapons designed for penetration and destruction of well-protected underground facilities.
この専門家は、アメリカがイスラエルからの圧力によりイラン攻撃を決定し、空爆を始めるかもしれない、と考えている。あるイスラエル軍事情報部の幹部職員は2005年末、イスラエルはイランの核施設を除去する決定をしており、作戦は2006年春に決行されるべきであると付け加えた、と言った。しかしながら、私たちがコメントを求めた専門家は、たとえアメリカがイスラエルに、地下施設貫通・破壊用に設計された多くの精密兵器を供給したとしても、イスラエルは単独でイランの軍事目標を攻撃できないと見ている。

The specialist says that high-precision weapons and missiles will be used against nuclear facilities of Iran. The latter officially number 14 but experts say that there must be many more of them.
専門家は、精密爆弾とミサイルがイランの核施設に対して使用されるだろうと考えている。対象となるイラン核施設は公式には14箇所である。しかし、専門家は、イランの核施設はさらに多いだろうと推測している。

Over 60 missile and Air Force bases may become the second group of targets. Plus, of course, enterprises of the Iranian military-industrial complex involved in missile programs.
60以上のミサイルおよび空軍基地が第2の攻撃目標になるだろう。さらに言うまでも無いことだが、イランの軍産共同体企業も攻撃目標に含まれている。

Neither does the expert rule out the possibility that the Americans may land mobile forces on the territory of Iran from their military bases in the Middle East and first and foremost in Iraq and Afghanistan. Flying the banner of fighting WMD proliferation and terrorism, Washington may even elicit from sovereign governments permission to use airfields in Asian countries and the Caucasus, as it did for the war on Afghanistan.
またこの専門家も、イラクとアフガニスタンで行われたように、アメリカ軍が中東の基地から空挺部隊をイラン領土に降下させる可能性を排除していない。大量破壊兵器拡散防止や反テロリズムの大義名分のもと、アメリカ政府はアフガニスタン空爆の時と同様、周辺諸国政府からアジア諸国およびコーカサス山脈の空軍基地を使用する許可を得ようとするかもしれない。

Finding that the mounting tension in the region plays into its hands because resistance to America boosts Iran's image in the eyes of the Moslem world, the Iranian leadership prepares for the worst too. In the meantime, Iran possesses a fairly large and combat trained army.
中東でアメリカに対する抵抗を思いのまま操れば、イスラム諸国のムスリムたちのイランへの評価を高騰させるので、イラン政府は、最悪のシナリオである軍事衝突の準備をしている。実際、イランはかなり大規模な訓練済み軍隊を保有している。

Official Tehran knows, however, that its military can't hope to withstand an outright confrontation with the United States. It is precisely because of it that the Iranian leadership prepares its border guards and Basij units for guerrilla warfare all over the territory of Iran. Given the high level of anti-Americanism in Iran, there is every indication that invading Iran could result in even more problems for the White House than Iraq and Afghanistan are already providing.
しかしながら、イラン政府はイラン軍はアメリカとの正面切っての全面対決に耐えられないことを知っている。そのため、イラン政府は国境警備隊と革命防衛隊を動員して、イラン国内至る所でゲリラ戦を行おうとしている。イランにおける反米主義の高揚は、アメリカがイランに侵攻すれば、イラクやアフガニスタンよりさらに多くの困難に直面するであろうということを明確に示している。

Alexander Khramchikhin, chief analyst at the Political and Military Analysis Institute, says that when the United States invaded Iraq, the thought that Iran would be the next target leaped to mind automatically. It was universally believed that the population of this country would welcome installation of a new regime as the Iraqis welcomed Saddam Hussein's overthrow. In fact, the Americans had better be prepared to encounter vicious resistance. The Iranians are not going to worry about casualties. They don't fear death, because a warrior who falls in the jihad goes straight to Paradise.
政治軍事戦略研究所のチーフ・アナリストAlexander Khramchikhin氏は、すでにアメリカがイラクに侵攻した時、イランが次の目標だろうという考えがひらめいた、と言う。世界的には、イラク人がサダム・フセインの転覆を歓迎したように、イランでも新政権の樹立は歓迎されるだろうと考えられているが、アメリカ軍は狂信的な抵抗に遭遇する覚悟をしたほうがよい。イラン人は死傷者がいくら出ても問題にはしない。ジハードで殉教した勇士は天国へ直行できるので、イラン人は死を恐れない。

The United States is straining to maintain its occupation contingent in Iraq where it got bogged down. All this makes air raids and guided missiles the only means of offensive left the Pentagon. In other words, the Americans will repeat the Yugoslavia scenario, where the objectives of the aggression were accomplished by air strikes alone: Slobodan Milosevic's regime was toppled, the Serbs vacated Kosovo, and the military-industrial potential of the state was thoroughly destroyed.
アメリカは、イラク統治を安定させようとして泥沼にはまっているため、アメリカが選択できるイラン攻撃の唯一の手段は、空襲および巡航ミサイルとなるであろう。言いかえれば、イラン攻撃の目的が空襲によってのみ達成される場合、アメリカはユーゴスラビアでのシナリオを繰り返すだろう:(セルビアでは)ミロセビッチ政権は倒され、セルビア人はコソボから追放され、軍事関連産業は徹底的に破壊された。

Iran's air defenses aren't very strong, so they don't constitute a serious factor. According to the expert, the American air defense systems delivered to Iran back in the 1970s are inoperable through the lack of spare parts. The Russian S-200 systems have the appropriate range but are practically helpless against highly-maneuverable tactical aircraft. The Chinese S-75s are outdated and useless against modern aircraft. Iran bought some short-range Tor systems from Russia recently, but personnel still have to learn to use them. As for the Iranian Air Force, it can't be counted on to put up a serious fight.
イランの防空能力は脆弱なので、決定的に戦局を左右しないだろう。専門家によれば、1970年代末にイランに配備されたアメリカの防空システムは、交換部品の不足によって稼動不能である。ロシアのS-200システムは適切な防空圏はあるが、高性能戦闘機に対しては無力である。中国のS75sは時代遅れで、現代の航空機に対して役立たない。イランは、ロシアから数十発の射程の短いTorシステムを最近購入した。しかしイラン軍の実戦訓練はまだ行わなれていない。以上の理由により、イラン空軍は戦力として計算できない。

Helpless to defend its airspace, Iran would resort to its only remaining response: a strike by the Ground Forces. In the direction of Iraq, of course. Khramchikhin says that the US Air Force would wipe out the advancing Iranian columns long before they reach the American troops.
空軍は役に立たないので、イランは地上軍によるイラク侵攻という残りの手段に頼らざるを得ない。しかしKhramchikhinは、イラン地上軍はアメリカ軍を攻撃するかなり前に、アメリカ空軍の攻撃で壊滅させられるだろうと推測する。

But the Iranian ayatollahs may deploy an asymmetric answer and incite a Shiite rebellion in Iraq. That would be disastrous for the United States. The Americans haven't even been able to crush the guerrilla resistance of the Sunnis in only three Iraqi provinces... The revolt in Iran could begin spontaneously, without sanction from tribal chieftains or clerics.
しかし、イランの宗教指導者はゲリラ戦に活路を見出し、イラクのシーア派民兵の反乱を援助するかもしれない。それはアメリカにとり悲惨な結果を招来するであろう。現在でもアメリカは、イラクの3つの田舎州でのスンニ派のゲリラ抵抗を鎮圧することすらできない...イランの反乱は、部族長または聖職者からの宗教令なしでも自然に始まるかもしれない。

Iran has some short-range and mid-range Shihab tactical missiles, modifications of the obsolete Soviet and North Korean Scuds. The experts we approached maintain that the missiles cannot inflict any serious damage on the Americans because they are notoriously imprecise. As yet, Iran lacks the technologies to make high-precision weapons.
イランは旧式のソビエトおよび北朝鮮のスカッドミサイルの改良型である、一定量の短・中射程Shihab戦術ミサイルを保有している。私たちが取材した専門家は、スカッドミサイルの性能は悪評高いので、Shihabミサイルがアメリカ軍に重大な損害を与えることはないと主張している。現時点では、イランは高性能兵器を製造する技術はない。

Source: Nezavisimaya Gazeta, January 17, 2006, pp. 1, 9, Translated by A. Ignatkin, Copyright 2006 Agency WPS.

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 戦争78掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。