★阿修羅♪ > 戦争79 > 1006.html
 ★阿修羅♪
イラク・レジスタンス・レポート(日本語版) 2006/04/03
http://www.asyura2.com/0601/war79/msg/1006.html
投稿者 white 日時 2006 年 4 月 06 日 22:08:41: QYBiAyr6jr5Ac
 

□イラク・レジスタンス・レポート(日本語版) 2006/04/03

 http://blog.mag2.com/m/log/0000169265/107140208?page=1#107140208

――――――――――――――――――――――――――――――――――
□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□
イラク・レジスタンス・レポート Iraqi Resistance Report 日本語版
  編集&発行 山本史郎/イラク情勢ニュース
  webサイト
  http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/Iraqi_resistance.html
□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□
――――――――――――――――――――――――――――――――――

2006/04/06 (木)

         ※ きょう紹介する主な内容 ※

☆イラク・レジスタンス・レポート 2006年4月3日付
 ◇ラマディ: レジスタンスの3組織が米・イラク軍と激戦
    米軍はモスクを砲撃して導師と礼拝者を殺害
    レジスタンスの爆弾で米兵2人死亡
    三つのレジスタンス組織が戦闘に参加
 ◇モスル: レジスタンスの狙撃手が米兵を射殺

--------------------------------------------------------------------
□イラク・レジスタンス・レポート 4月3日 月曜日
■Iraqi Resistance Report for events of Monday, 3 April 2006
--------------------------------------------------------------------
http://www.albasrah.net/en_articles_2006/0406/iraqiresistancereport_030406.htm

◆アンバル州 Al-Anbar Province
◆ラマディ: レジスタンスの3組織が米・イラク軍と激戦
Three Resistance organizations battle US, puppet forces in fierce combat

 イスラム・メモはメッカ時間3日午後5時15分の速報において、レポー
トしている時点で、イラク・レジスタンス勢力がバグダッド西方110キロ
に位置するラマディにて米軍およびイラク軍兵力と激しく交戦中と伝えた。

 イスラム・メモのラマディ通信員は、アメリカ軍はヘリの援軍を要請し、
レジスタンスの陣地にミサイル攻撃しているとレポートした。


◆米軍の迫撃弾が戦場から離れたモスクを破壊
US mortars blast Mosque some distance from area of fighting

 イスラム・メモ 4月3日午後5時50分

 先ほど、戦闘が市内中心部で猛烈に続いているなかで、アメリカ軍がラマ
ディ中部にあるウルワ・イブン・アッ・ズバイル・モスクを砲撃した。

 イスラム・メモのラマディ通信員は、米軍の迫撃弾がモスクのドームなど
施設内で破裂し、激しい損傷を与えてモスク内にいた導師と礼拝者を殺害、
もう1人を負傷させた。


◆三つのレジスタンス組織が戦闘に参加
Three Resistance groups take part in fighting

 イスラム・メモ 4月3日午後7時


 ラマディ中心部では戦闘が断続的に続いており、この時点で、米軍ヘリか
らの攻撃によってレジスタンス戦士4人が死亡したことが知らされた。

 イスラム・メモの通信員はレジスタンス関係者の話として、先ほど戦闘が
続いている地域からレジスタンス戦士が死体を後送したと伝えた。この時、
米海兵隊の増援部隊に加えて米軍はヘリコプターと戦車を投入し、その火力
が量的にレジスタンスをしのぐようになった。


 イスラム・メモ 4月3日午後7時

 1つではなく3つのレジスタンス組織が、ラマディ中心部で、米軍および
イラク軍の兵力を交戦している。


 イスラム・メモ 4月3日午後9時30分

 昼間に始まった市内での戦闘はやっと静かになった。

 イスラム・メモ通信員は、レジスタンス戦士アル・ハジ・ムハンマド・ア
ル・アッサフィの話として、昼間の戦闘では2台の米軍ハンビーを破壊し、
1台の装甲ハンビーを使えなくし、10人以上の米兵を死傷させたとレポー
トした。

 アル・アッサフィはイスラム・メモに次のように話した。

 「戦闘の火蓋はイラク・レジスタンスによって切られ、米軍車列を停止さ
せるために、車列の通り道に埋設した爆弾で米軍車列に対し十分に練られた
待伏せ攻撃をすることができた。実際に車列は停止し、ムジャヒディン戦士
が銃とロケット砲を発射しながら突撃した。この攻撃で米兵10人以上を殺
傷し、2台のハンビーを破壊、1台の装甲ハンビーを走行不能にした」。

 アッサフィはイスラム・メモの取材に、レジスタンス戦士4人が戦闘で死
亡したことを確認した。最後に米軍部隊を救ったのはアメリカのヘリで、彼
は「もしそれがなかったら彼らを全滅させていただろう」と言った。

 モスクに対する米軍の攻撃については、「モスクは戦闘がおこなわれてい
た場所からは離れているので、十字軍(米軍)はモスクを忌み嫌っていると
いうほかに攻撃理由が判らない」とアッサフィは説明した。

 イスラム・メモ通信員は、レポートしている時点で、ヘリの支援を得て米
軍が戦闘のあった地域にまだ多数の兵力を展開していると伝えた。


◆ラマディ: 3日朝、レジスタンスの爆弾で米兵2人死亡
Resistance bomb reportedly kills two US troops in ar-Ramadi Monday morning

 イスラム・メモは3日午前11時30分の速報で、ラマディ中心部の幹線
道路において、イラク・レジスタンスの爆弾が米軍車列を襲ったと伝えた。

 ラマディの目撃者は、爆弾でハンビー1台が完全に破壊され、米兵2人死
亡、2人が重傷と話した−−イスラム・メモ通信員がレポートした。


◇ファルージャ: レジスタンスの爆弾が国家警護隊を襲う

◇レジスタンスの狙撃手がファルージャ東で傀儡兵を射殺


◆バグダッド Baghdad
 ◇タリビヤ: レジスタンスの爆弾が警察パトロールを襲う
 ◇東バグダッド: レジスタンスの自動車爆弾が米兵を襲う

◆サラハッディン州 Salah ad-Din Province
 ◇バラド: レジスタンスの爆弾が米軍輸送トラックを襲う
 ◇バイジ: レジスタンス戦士が傀儡警官2人を殺す

◆ディヤラ州 Diyala Province
 ◇バクーバ: レジスタンス戦士が傀儡警察を襲う
 ◇マダイン: レジスタンスの爆弾が内務省治安部隊を襲う
 ◇ナハラワン: 道路脇爆弾が内務省治安部隊を襲う

◆バビル州 Babil Province
 ◇ユスフィヤ: レジスタンスが米・イ合同軍基地を砲撃

◆タミン州 At-Ta’mim Province
 ◇キルクーク北西の傀儡軍基地をミサイル攻撃

◆ニネベ州 Ninwa Province
 ◇モスル: レジスタンスの狙撃手が米兵を射殺
 ◇タルアファル: レジスタンスが国家警護隊を爆弾攻撃


――――――――――――――――――――――――――――――――――
オリジナル(英字):
  http://www.albasrah.net/moqawama/english/iraqi_resistance.htm
  英語への翻訳・編集 Muhammad Abu Nasr
日本語版はイラク情勢ニュース(URUK NEWS)のコンテンツです
  http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/ 
  メール宛先 uruknewsjapan@ybb.ne.jp  
――――――――――――――――――――――――――――――――――

読者登録/解除は右から http://www.mag2.com/m/0000169265.html

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 戦争79掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。