★阿修羅♪ > 戦争79 > 162.html
 ★阿修羅♪
サマワ陸自の宿営地解体で「外注」検討【ケロッグ・ブラウン&ルート(KBR)】―「東京新聞」イラク情勢
http://www.asyura2.com/0601/war79/msg/162.html
投稿者 天木ファン 日時 2006 年 3 月 05 日 18:50:08: 2nLReFHhGZ7P6
 

◇サマワ陸自の宿営地解体で「外注」検討
  防衛庁、米民間軍事会社に

 陸上自衛隊のイラク人道復興支援活動で、5月末ごろまでに完了予定の撤退作業のうち、南部サマワの宿営地解体を米国の民間軍事請負会社「ケロッグ・ブラウン&ルート(KBR)」に委託する方向で防衛庁が検討を進めていることが4日、関係者の話で分かった。

 サマワから迅速に撤退し、隊員約600人の安全を確保する狙い。宿営地の用地を所有する地元部族との今後の調整次第では、解体の必要がなくなる可能性もあるが、実現すれば、自衛隊が海外派遣で民間軍事請負会社に作業を「外注」する初のケースとなる。

 KBRは、チェイニー米副大統領が最高経営責任者を務めていた米石油関連大手「ハリバートン」の子会社。副大統領がイラク復興で多額の受注をさせたとの指摘があり、委託には論議も予想される。

 関係者によると、広さ約350ヘクタールの用地返還に際し、日本政府は宿営地を解体せず、地元部族に明け渡したい意向。しかし結論は出ておらず、年間約3千万円の賃料収入を失う部族側が「原状回復」の厳しい条件を出すことも予想される。その場合、KBRに宿営地解体を委託することを検討しており、隊員が撤退後に作業に着手させる。地元住民の雇用を要請することも考えられる。

 防衛庁は撤退に合わせて補給・輸送担当の要員約100人をクウェート、約10人をイラクに派遣する計画で、約2カ月でクウェートへの撤退を終える予定。陸自が宿営地を解体する場合、さらに数カ月を要し、危険性も増大するため、「治安が依然、不安定なイラクでの作業には、プロの手を借りることを検討する必要がある」と判断した。

 イラク復興関連では、KBRは米軍の後方支援を担当し、業務は物資や燃料の輸送、食事の提供やごみ処理、郵便物運搬まで多岐にわたる。

 昨年3月には、イラク国民への燃料供給契約で米軍に1億ドルを超す水増し請求をした疑惑が浮上した。


(2006年3月5日)


http://www.tokyo-np.co.jp/feature/iraq/

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 戦争79掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。