★阿修羅♪ > 戦争79 > 286.html
 ★阿修羅♪
独立系詳細情報:Re: 英国はイスラエルの核開発に関与
http://www.asyura2.com/0601/war79/msg/286.html
投稿者 木村愛二 日時 2006 年 3 月 11 日 08:21:55: CjMHiEP28ibKM
 

(回答先: 関連事項:英国は50年代からイスラエルの核開発に関与していた 投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2006 年 3 月 10 日 22:55:44)

独立系詳細情報:

これが、イラン攻撃の最中に出てきたのは、非常に面白い状況である。

http://www.democracynow.org/article.pl?sid=06/03/10/1451237
Friday, March 10th, 2006
Former Labour MP Tony Benn on how Britain Secretly Helped Israel Build Its Nuclear Arsenal

Listen to Segment || Download Show mp3
Watch 128k stream Watch 256k stream Read Transcript
Help Printer-friendly version Email to a friend Purchase Video/CD
------------------------------------------------------------------------
We have an extended conversation with Tony Benn, one of Britain's most distinguished politicians and the longest serving MP in the history of the Labour party. Benn discusses the new revelations the British government helped Israel build the atom bomb. Benn also speaks about U.S. and U.K. relations, extraordinary rendition, Guantanamo Bay, torture, religion, and the state of the media. [includes rush transcript]
------------------------------------------------------------------------
BBC News revealed Thursday the British government secretly supplied Israel with hundreds of chemical shipments in the 1960's, despite fears the chemicals could be used to develop nuclear weapons. Analysts say the shipments, which included plutonium, helped speed up Israel's acquisition of an atomic bomb. All told, the BBC reported the British chemicals could have been used to produce bombs 20 times as powerful as those dropped on Hiroshima.
[後略]

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 戦争79掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。