★阿修羅♪ > 戦争79 > 350.html
 ★阿修羅♪
歯止め掛からぬバグダッドでの殺りく、車爆弾などで66人死亡、430人負傷 [アルジャジーラ]
http://www.asyura2.com/0601/war79/msg/350.html
投稿者 white 日時 2006 年 3 月 13 日 17:01:42: QYBiAyr6jr5Ac
 

(回答先: バグダッド市内外でテロ相次ぐ 15人死亡、30人負傷 [アルジャジーラ] 投稿者 white 日時 2006 年 3 月 13 日 17:00:33)

□歯止め掛からぬバグダッドでの殺りく、車爆弾などで66人死亡、430人負傷 [アルジャジーラ]

 http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1771340/detail

歯止め掛からぬバグダッドでの殺りく、車爆弾などで66人死亡、430人負傷

 【アルジャジーラ特約12日】イラクの首都バグッダド市北東部、イスラム教シーア派地区のサドルシティーで12日、ヘイ市場など2カ所に止められていた計3台の車が爆発、警察当局者によると、これらの爆発で少なくとも市民ら50人が死亡、約290人が負傷した。

 今回の死傷者数は、今年に入りバグダッド市内で起きた爆弾テロ事件では最悪級となった。同当局者が「死者はまだいる」と述べていることから、最終的な犠牲者数はさらに増えるとみられる。

 この爆破事件とほぼ同時刻に、サドルシティーの別の市場では爆弾が仕掛けられていた4台目の車が発見され、出動した特殊部隊が爆弾を無事処理した。この不発爆弾を含め、一連の爆弾テロ事件が、2月22日にシーア派の聖地サマラで起きた聖廟爆破事件を機に深まっているスンニ派との対立を一段と激化させると懸念されている。

 また、イラクではこの日、議会が14日に招集されるとの発表があったばかりだった。

 ヘイ市場で爆弾テロを目撃した市民の1人が「何人もの体がばらばらになって吹き飛んだ。多くの市民が犠牲になった」と声を震わせて話すとともに、中には爆弾を爆発させて死亡したとみられる犯人の頭部を足げにする市民の姿も見られた。

 この日、バグダッド市内外では同車爆弾事件以外でもテロ事件が相次ぎ、市民や警官ら16人が死亡、約140人が負傷した。

 警察当局の発表などによると、バグダッド西郊にある空港近くで、米軍のパトロール隊車両の通過に合わせ、道路わきに仕掛けられていた爆弾が爆発し、イラク人6人が死亡、13人が負傷した。

 米軍側からの死傷者発表は出ていないが、地元記者がアルジャジーラに語った未確認情報によると、この爆弾テロで米兵1人が死亡したという。

 バグダッド中心部では、迫撃砲弾が民家を直撃し、住民2人が死亡、8人が負傷した。

 バグダッド南郊外の工業地域でも同日、民間人が乗った車両が正体不明の武装集団から狙撃され、3人が死亡したほか、イラクの情報部員2人が、バグダッド西郊外のアルジャミーアを車で走行中に銃撃を受けて死亡、さらに、バグダッドの北方75キロのドゥルイヤでは警官1人を含む2人が、正体不明の武装集団に襲われ、射殺された。

 一方、アルカイダと関係を持つ武装組織はこの日のウェブサイト上に、バグダッド市内で11日に起きたテレビ局編集者暗殺の実行を示唆する声明を載せた。

 それによると、「ムジャヒディン評議会の民兵たちが11日、テレビ局アルイラキーヤのアムジャド・ハミード編集者を暗殺した」とした上で、「同編集者は侵略者たちを喜ばせようと、聖戦に関しウソばかりを放映していたため殺した」と殺害理由を明らかにした。

 声明の真偽は不明だが、イスラム強硬派はこれまでにも、このウェブサイトを声明発表の際に使用していた。(翻訳・ベリタ通信=志岐隆司) 


2006年03月13日11時09分

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 戦争79掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。