★阿修羅♪ > 戦争79 > 356.html
 ★阿修羅♪
Re: 「機械・航空エンジニアが断定:B757はペンタゴンに激突しなかった!」翻訳
http://www.asyura2.com/0601/war79/msg/356.html
投稿者 goose 日時 2006 年 3 月 13 日 19:53:25: mSLVsFhN4judg
 

(回答先: 機械・航空エンジニアが断定:B757はペンタゴンに激突しなかった! 投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2006 年 3 月 12 日 07:17:01)

ボーイング757はペンタゴンに衝突していない

マイケル・マイヤー、機械技術者


911事件調査科学委員会メンバーの皆様へ

9月11日の出来事について、ペンタゴンに起きた損傷のいくつかは、ボーイング757の衝突によって生じたものではないことが物理的に証明可能な事実であるのか、それゆえ9/11委員会報告は完全でなく、まず間違えなく隠蔽工作であるのかという、私のデータを差し上げたい。一体何が隠蔽されたのか推測することはせず、私の専門的意見だけを話したい。なぜ私がペンタゴンにボーイング757が衝突したと信じないのかという理由を説明しよう。

私は、Aerospace社で構造設計や、(ミサイルの弾頭に用いられるような類の)指向性炸薬の設計と使い方(ミサイルの弾頭に用いられるような類の)等の仕事を長年してきた機械技術者だ。

757のような大型飛行機の構造設計は、巡航高度である低気圧帯を飛んでいる間、加圧容器、つまりキャビンを、大気条件に近い状態におくという、構造負荷をやりくりすることと、翼、操縦面の構造的、空気力学的負荷と、燃料の扱いが基本だ。できるだけ軽量になるように設計されていて、いかなる種類の衝撃荷重に対しても対処するように作られてはいない。

757が鉄筋コンクリート壁に衝突するようなことがあれば、速度と飛行機の重量によるエネルギーは、一部は壁に、そして飛行機の構造上の欠陥へと伝えられる。高速で飛んでいる空のアルミニウムの缶があって、それが鉄筋コンクリート壁にぶつかることに例えても極端ではあるまい。アルミニウムの缶はぺしゃんこになり (適切な技術用語では「ゆがみ」) 、壁は、その構造的な完全さに応じて、割れたり、崩落したり、完全に崩壊したりする。衝突のエネルギーが鉄筋を通して壁中に広がるので、壁の崩壊は格好の良い小さな穴にはならない。

飛行機のように複雑な構造物が、なんらかの高速、高エネルギーで、窓などのある非連続的な壁に衝突するのを正確にモデル化するのは難しいことだ。分かっているのは、この出来事によるほとんど全てのエネルギーは最初の衝突時に消散し、続いて飛行機がゆがむということだ。

757は外壁を貫通したばかりでなく、別々の内壁の、合計9フィートという厚みの鉄筋コンクリートまでも貫通し続けたと我々は信じ込まされている。コンクリートの最後の穴は 鉄筋コンクリート壁からほとんど完璧に切り取られた丸い穴 (下図参照)で、壁の他の部分にはそれによって生じた他の損傷はない。(このアルミニウムの飛行機が、実際にこの六番目の壁まで到達したと信じたとして。)

ペンタゴンのリングC壁脱出孔

アメリカン航空の77便、ボーイング757は、この穴を通って抜け出る前に、6枚の耐爆コンクリート壁、つまり総計9フィートの鉄筋コンクリートを突き抜けたとされている。

壁がきれいな円形に破壊するというのは物理的に不可能だ。それで「議論終わり」なのだ。鉄筋コンクリート壁がこんな風に破壊されることはあり得ず、何らかの方法で崩壊させられたことが分かったので、初めてこの穴を見たときには背筋が寒くなった。

どうすれば鉄筋コンクリート壁に綺麗な穴を開けることができるのだろう? 指向性炸薬を使うのだ。指向性炸薬、別名穿孔炸薬は様々な軍用弾頭装置で用いられている。エネルギーが一つの方向に集中するよう炸薬の配列を設計するわけだ。ほぼ全ての爆薬のエネルギーを、ジェットと呼ばれるものになるよう集中させる。このジェットを使って、戦車の装甲や掩蔽壕の壁を穿孔し貫通する。痕跡ははっきりしており、間違えようはない。ミサイルの場合、最初の指向性炸薬の後ろにおかれた爆薬が貫通した物の中に入れるよう、指向性炸薬は円形に配置されている。

9/11に何が起きたのか知らないし、この国の政治がどう動いているのも知らないし、どうして大手メディアが、9/11委員会のこの問題を報じないのか私には説明できない。だが私は技術者なので、高速度の衝突で何が起きるか、物質を「貫通」するために、どのように指向性爆薬が使われるかは知っている。

ペンタゴン/757事件のいくつかの大きな矛盾には触れなかった。この飛行機がどうにかして、飛行機になんの損傷もなしに、地上の信号塔をいくつかなぎ倒した事(これも私はあり得ないと思うのだが)、二つのエンジンが瓦礫の中から決して発見されなかったこと、また、政府は、少なくともガソリンスタンドとホテルで撮影された飛行経路と衝突の生ビデオ映像を持っているのに、公開を拒否していること等。

「はったり屋」なり、「気が触れている」なり、陰謀説なり、何と呼ばれようとかまわない。ペンタゴンの損傷がボーイング757によるものでないことが私は経験上分かるのだから。

敬具
マイケル・マイヤー

http://www.scholarsfor911truth.org/ArticlesMeyer3March2006.html

砲弾の技術的詳細は、例えば下記を。
http://sus3041.web.infoseek.co.jp/contents/shell_var/heat.htm

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 戦争79掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。