★阿修羅♪ > 戦争79 > 398.html
 ★阿修羅♪
セルビア・ミロセビッチ獄中謀殺の背景は旧ソ連圏エネルギー資源
http://www.asyura2.com/0601/war79/msg/398.html
投稿者 木村愛二 日時 2006 年 3 月 15 日 14:06:07: CjMHiEP28ibKM
 

セルビア・ミロセビッチ獄中謀殺の背景は旧ソ連圏エネルギー資源

以下の阿修羅戦争掲示板投稿に応えて、情報源を示し、1979年以来のアメリカの旧ソ連圏エネルギー資源強奪の歴史を概説する。
----------------------------------------------------------
なぜミロセビッチは殺されたのか(Prison Planet):「文明の衝突」劇第1幕の真相隠し
http://www.asyura2.com/0601/war79/msg/374.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2006 年 3 月 14 日 20:13:21: SO0fHq1bYvRzo
(回答先: ミロセビッチ《暗殺》:英西各紙「誤った薬物服用」を一斉報道 投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2006 年 3 月 14 日 20:04:36)

なぜミロセビッチは殺されたのか(Prison Planet):「文明の衝突」劇第1幕の真相隠し

「文明の衝突劇」第1幕であったバルカン戦争の真相が明らかになったら困る連中が多いのでしょう。「国連の中」で殺されたわけですから。その後に大活躍する「イスラム・テロリスト」たちもこの戦争の中で「訓練された」わけです。
[後略]
----------------------------------------------------------
 以下のわが電網宝庫(ホームページ)特集のヒット数は現在、9,712
----------------------------------------------------------
http://www.jca.apc.org/~altmedka/yugo.html
ユーゴ戦争報道批判特集

亜空間通信抜粋
958号(2005/02/04)【NHKに告ぐ:放映番組常時公開せよ!当面は話題沸騰の4回シリーズの3回目ユーゴ問題で提訴する】

その他の亜空間通信抜粋記事はこちら

日経:USA Today花形記者がセルビア人の大量虐殺捏造で辞職のNYT原文
http://www.asyura2.com/0401/war46/msg/945.html
投稿者 木村愛二 日時 2004 年 1 月 19 日 20:42:42

1~5は2000.5までの『憎まれ愚痴』記事
1「虐殺」デッチ上げ/2『プレイボーイ』連載/3一覧表型/4コソボの運命/5Racak検証その他/6.亜空間通信抜粋記事

1999.7.16.連載開始 。
緊急連載:ユーゴ人道介入の口実「虐殺」デッチ上げ一括リンク
1)わが介入への逡巡と周辺徘徊の経過
2)情報収集の基本:「ありとあらゆる手段を尽くす」
3)野次馬ジャーナリズムがメディアの正統派
4)情報収集と分析に当たっては「味方」をも疑え
5)100年前の至言「嘘のニュースは世界を一周」
6)髪の毛もよだつ偽情報を貪る商業メディア
7)軍事の経済的土台:石油資本帝国に臆する報道
8)Annex-Bの主任務は自国民対象の「謀略」
9)アルバニアがコソボを合併:米21世紀予測地図

10)東チモールでもアメリカの本音は石油確保
11)「米ロ覇権争い」カスピ海石油の報道状況
12)カスピ海石油争奪戦の経済誌記事
13)森は愚か木も見ぬ風評報道の代表:朝日新聞
14)ラチャク村「虐殺」訂正を渋る「沽券」習性
15)喧嘩両成敗に陥る不精な自称平和主義者
16)ユーゴ侵略vsチェチェン侵略&カスピ海石油パイプライン
17)「角が立つ」恐れて歪む平和論の矯正法
18)悪魔化謀略を見抜けず反省せず惚け通す厚顔無知

『週刊プレイボーイ』ユーゴ戦争連載一括リンク
1.嵌められたミロシェヴィッチ
2.捏造された民族浄化事件[ラチャク村「虐殺」]
3.『正義のゲリラ』コソボ解放軍の驚くべき正体
4.[麻薬密輸]マフィアに汚されたコソボの大地
5.アメリカが行ってきた悪魔の情報操作
6.ユーゴ高官が告発する《NATO空爆》の大嘘
7.ユーゴ軍司令部高官/怒りのNATO批判
8.KLAと米政界の《闇》の同盟を暴け!
9.KLAから米政界に流れた『黒い金』
10.NATOが犯した『環境破壊』という大罪
11.NATOが撃ち込んだ劣化ウラン弾という悪魔
12.セルビア人ジャーナリストが目撃した『コソボの悪夢』
13.ヨーロッパが狙ったコソボの《眠れる天然資源》
総括編1.クリントンが作り上げた"空爆"の実態
総括編2.最終回「空爆」は世界に何をもたらしたか

一覧表型一括リンク
(最新!21世紀アメリカの世界戦略を考える)リンクより (その1)1992年の公開情報でコソボの運命は予測できた上に戻る

基本的提言:熟年・非武装・無抵抗・平和部隊
10号:「戦争報道」の政治的位置付け温故知新
13号:北朝鮮に警告射撃、ユーゴに空爆、本誌にメール爆弾?!
16号:「モニカ戦争」コソボ空爆の歴史背景疑惑
17号:好戦報道を疑うための「3題話」
18号:コソボの止まらない非武装平和部隊の提言
18号:セルビアはファッショか否か論争に一言
19号:コソボ問題での自主メディアへの過信の危険
20号:アムネスティ報告に曲訳?!
20号:誤爆報道で消えた「民族浄化」?
21号:BBC-NHKユーゴ特集が立証する民族浄化の嘘
21号:誤爆再論・米軍事評論家も技術に疑念
21号:判定・アメリカ敗れたり!
21号:アルバニア系10万人の不明が殺害?
22号:ユーゴ空爆の基本的構造の考察
22号:コソボ難民支援で税金2億円の行方?
22号:ユーゴ「戦争」の用語表現を巡る雑談
23号:一方的報道(『ボスニア戦記』)による悪魔化
23号:旧ユーゴ国際戦争犯罪法廷の規則(英文)
23号:国際戦争犯罪法廷に起訴されるべきはNATOだ!
23号:前例・ニュルンベルグ裁判所
23号:コソボ解放軍(KLA)麻薬謀略作戦
23号:米警察ユーゴ反戦デモ不許可・抗議を!
24号:コソボ撤退受諾:騙し討ちを許すな!
25号:勝利宣言うわずり鉄の女vs桶狭間ロシア軍
25号:旧ユーゴ国際裁判所規定
26号:Ramsey Clark国際戦争犯罪法廷の呼び掛け
26号:ユーゴ「虐殺」報道他の裏話
27号:劣化ウラン弾禁止国際キャンペーン発足
27号:ユーゴでも使われた劣化ウラン弾の科学論文
27号:NATOを裁く国際戦争犯罪法廷の調査項目
27号:(英文)NATOを裁く国際戦争犯罪法廷の点検項目
28号:ユーゴ連邦、1100万人「勝利!」の判定
28号:アメリカ議会でユーゴ問題外交極秘メモ暴露
29号:バルカン半島を破滅に導くアメリカの誤算
29号:ユーゴの次にロシア分解で狙うカスピ海底油田
33号:訪米報告(1):ユーゴ戦争で米ユダヤ人社会に亀裂
33号:訪米報告(2):KLA sag(ゴロツキ)か、NATO&G7sagか?
35号:初端からユーゴ戦争は大手デマ宣伝横行
36号:NHKコソボ「お利口」特集のNATO提灯持ちに唖然
37号:ユーゴ発表:ユーゴ戦争の被害と告発
37号:ユーゴ挑発Annex-B国際ザル報道に憮然!
37号:コソボの人口、90%アルバニア系、か?
38号:NHKの嘘、嘘、大嘘、「大本営発表」!
41号:コソボ国際ザル報道の最新驚愕実例

Racak検証
22号:検証(1):ユ−ゴ「民族浄化」の定義と真相(1)
24号:検証(2):農民虐殺デッチ上げでBBC他を戦犯告発
24号:検証(3):何とまた『読売新聞』だけが「演出」疑惑報道
24号:検証(4):朝日は遅れてローマ発米従属記事
25号:検証(5):Racak共同全配信、裁判所規定入手
25号:検証(6):Racak事件発生当初のセルビア内務省声明
25号:Racak検証(7):セルビア内務省声明訳文&訂正
25号:Racak検証(8):最も扇情的だった読売新聞
25号:Racak検証(9):共同通信「ラチャク」村事件の配信状況
26号:Racak検証(10):『ル・モンド』(1999.1.21)
26号:Racak検証(11):『リベラシオン』(1999.1.22)記事
26号:Racak検証(12):『ワシントン・ポスト』(1999.1.28)記事
27号:Racak検証(13):「真偽めぐり論争」KLA制服?
27号:Racak検証(14):ペンは剣より酷い「発表報道」の典型
28号:Racak検証(15):市民を汚染する作為情報
30号:Racak検証(16):ラチャク「虐殺」発表者ウォーカーの正体(前)
30号:Racak検証(17):ラチャク「虐殺」発表者ウォーカーの正体(後)
30号:Racak検証(18):待望の『ル・フィガロ』記事(前)
32号:Racak検証(19):仏疑惑報道を国際行動センターも感知
34号:Racak検証(20):NHKユーゴ「虐殺」録画求む!
35号:Racak検証(21):NHK&東大教授が陥ったKLA売り込み映像の罠
36号:Racak検証(22):待望の紙ゲリラ反撃はワシントン取材
36号:Racak検証(23):NHK「現地ルポ」採用の危うさ
39号:Racak検証(24):先のユーゴ戦争mail&HPに注記

Racak検証(25)嵌められたミロソビッチ(playboy1)は
『週刊プレイボーイ』ユーゴ戦争連載一括リンク
(1.嵌められたミロシェヴィッチ〜)へ

 6.亜空間通信(2002.12阿修羅投稿より再録・リンク変更 旧リンクは個別記事の右上に記載)

958号(2005/02/04)【NHKに告ぐ:放映番組常時公開せよ!当面は話題沸騰の4回シリーズの3回目ユーゴ問題で提訴する】
944号(2005/01/21)【アメリカの侵略戦争提灯持ちを反戦と勘違いする無知蒙昧不勉強の朝日新聞読者に呆れ果て慨嘆!】
887号(2004/11/10)【「香田さん遺体誤報処分」共同通信にさらに重大なユーゴ戦争ラチャク村民虐殺米御用報道の実績】
744号(2004/03/08)【国連ハーグ戦争犯罪法廷の法廷助言者がミロソヴィッチ大統領告発取り下げ勧告】
717号(2003/12/30)【アメリカ中心覇権横暴に反撃の狼煙か旧ユーゴ国際戦犯法廷ミロシェビッチ被告も議席確保の朗報】
527号(2003/03/20)【イラク処理は南北油田地帯制圧後ユーゴ方式でドル・円注入「民主化」戦略予測】
473号(2003/01/07)【米戦犯裁く自称アフガン民衆法廷「偽の友」前田朗教授2重3重の欺瞞の果て唖然】
472号(2003/01/02)【「アフガン民衆法廷」企画の軌道修正の参考にユーゴ戦争と米情報操謀略を概説】
471号(2003/01/01)【年越「法匪」米帝謀略典型ユーゴ・リンチがアフガン平和運動に及ぶ迷妄を喝破
465号(2002/12/23)【平和運動にも「偽の友」あり必ず朝日が顔出す法則が非暴力平和隊で露呈中警告】
----------------------------------------------------------

 以下は最新の英文記事。
----------------------------------------------------------
http://www.antiwar.com/roberts/?articleid=8690

March 13, 2006
Was Serbia a Practice Run for Iraq?

by Paul Craig Roberts

On March 11, the former Serbian leader and president of Yugoslavia, Slobodan Milosevic, died in his prison cell at The Hague, where he had been on trial for four years and one month for war crimes and genocide. The Serbian Socialist Party leader Zoran Andjelkovic responded to the news of Milosevic's death with the following statement:

"Slobodan Milosevic, the president of the Socialist Party of Serbia and a former president of Serbia and Yugoslavia, was murdered today at the Tribunal in Hague. The decision of the Tribunal to disallow Milosevic's medical treatment at the Bakunin Institute in Moscow represents a prescribed death sentence against Milosevic. Truth and justice were on his side and this is why they have used a strategy of gradual killing of Slobodan Milosevic. The responsibility for his death is clearly with the Hague Tribunal."

A partisan accusation or the truth? Milosevic was known to be seriously ill. The Russian government promised to return Milosevic to the Tribunal after treatment. The Tribunal refused. It is easy to conclude that the case against Milosevic had collapsed and that an embarrassed U.S. government, NATO authorities, and Hague Tribunal decided to let him die in his cell rather than admit that his guilt could not be proven even after a trial lasting four years and one month.

Milosevic was caught up in the post-Soviet era breakup of Yugoslavia. Nationalist forces broke up the Yugoslav federation. During 1991-92, Croatia, Slovenia, Macedonia, and Bosnia-Herzegovina seceded from Yugoslavia. Large Serbian minorities in Croatia and in Bosnia objected and claimed the identical right of self-determination to remain in the federation as Croats and Muslims claimed to leave it. Croatian and Bosnian Serbs organized and a war against secession began.

Milosevic could hardly remain a Serbian leader and not support the Serbs. Abraham Lincoln was canonized for invading the South to prevent its secession, but Milosevic was damned for trying to protect Yugoslavia's territorial integrity. In the end, Milosevic accepted secession. In 1995, Milosevic negotiated the Dayton Agreement, which ended the war in Bosnia. According to Wikipedia, "Milosevic was credited in the West with being one of the pillars of Balkan peace."

In 1998, Milosevic was confronted with a more severe problem. Armed actions by the separatist Kosovo Liberation Army, listed as a terrorist organization by the U.S. Department of State, in the ancient Serbian province of Kosovo broke out into warfare. Milosevic was now trying to hold on to a province not of Yugoslavia but of Serbia itself, a province that had been colonized by ethnic Albanians. The Serbian population in Kosovo was outnumbered nine to one and suffered greatly at the hands of the KLA.

Milosevic, already damaged by the wars of secession that destroyed Yugoslavia, lost the media campaign waged by public relations firms hired by contending factions that spun the news that Americans received. Milosevic was demonized, and the Clinton administration had Serbia bombed by NATO forces for 78 days in the spring of 1999. Many Serbian civilians were killed by the air strikes, which hit passenger trains and destroyed the Chinese embassy. In effect, the U.S. interfered in Serbian affairs in behalf of the secession, with the result that Kosovo has been essentially ethnically cleansed of Serbs. Kosovo is apparently still considered to be a part of Serbia, but it is administered by the United Nations. Somehow, this has been presented as a great moral victory for humanity.

If the massive propaganda campaign against Milosevic had many facts behind it, he long ago would have been convicted at The Hague. What was the episode all about?

In my opinion, it was to establish the precedent, later to be employed in the Middle East, that the U.S. government could demonize a head of state geographically distant from any legitimate "sphere of influence" and use military force to remove him. This is precisely the fate of Saddam Hussein, and the Bush regime still hopes to repeat the strategy in Iran and Syria.

The unanswered question is, why does the "international community" go along with it? The numerous civilians killed by U.S. interventions are just as dead as the ones killed by heads of state attempting to hold on to their countries. Why are the latter deaths war crimes but not the former?

As a presidential candidate, George W. Bush criticized President Clinton's intervention in Serbia and disavowed the international policeman role for the U.S. But as soon as Bush got in office, he plotted to invade Iraq. Why?

Americans should be very concerned that Bush still has not come clean about why he invaded Iraq. Americans should be disturbed that despite the disastrous results in Iraq, Bush still intends "regime change" in Iran and Syria.
Find this article at:
http://www.antiwar.com/roberts/?articleid=8690
----------------------------------------------------------
 以下は、木村書店発行、『9・11事件の真相と背景』の関連記事抜粋。
----------------------------------------------------------  
http://www.jca.apc.org/~altmedka/s911-12.html#02
『9・11事件の真相と背景』
あとがき
●米大統領補佐官がソ連の侵攻以前のアフガニスタンCIA謀略を自認
[中略]
http://www.jca.apc.org/~altmedka/akuukan-01-10-47.html
『亜空間通信』47号(2001・10・17)
【ムジャヒディン援助はソ連の侵攻以前のCIA謀略と大統領補佐官が認めていた】
 以下が英語版の電網宝庫で、英語だけの原文が入っている。
http://www.counterpunch.org/brzezinski.html
Zbigniew Brzezinski: How Jimmy Carter and I Started the Mujahideen
 以下がフランス語の原文の画像である。
http://www.jca.apc.org/~altmedka/brzezinski.gif
LES REVELATIONS D'UN ANCIAN CONSELLER DE CARTER
 このフランス語の題名の拙訳を「元カーター大統領補佐官が語る歴史の真相」とする
[以下、拙訳の全文]
 ズビグニュー・ブレジンスキーに対する『ル・ヌーヴェル・オブゼルヴァトゥール』(フランス)1998年1月15‐21日号のインタビュー記事(76頁)
質問 CIAの元長官、ロバート・ゲイツは、彼の回顧録『物陰から』の中で、「アメリカの情報機関はソビエトの干渉の6か月前にアフガニスタンでムジャヒディンを援助し始めた」と述べた。この期間に、貴方はカーター大統領の国家安全保障補佐官であった。したがって貴方は、この工作で何らかの役割を果たしたと思われるが、その通りか?
ブレジンスキー はい、その通り。政府の公式発表に基づく歴史によれば、ムジャヒディンに対するCIAの援助は1980年、すなわち、1979年12月24日にソビエト軍がアフガニスタンに侵攻した後に開始されたことになっている。しかし、現在まで極秘にされてきた事実に基づくと、この記述は完全に間違っている。実際には、カーター大統領がカブールのソ連寄り政権の敵手に対する秘密の援助のための最初の指令に署名したのは、1979年7月3日であった。まさしくその日、私は大統領に向けて、この援助がソビエト軍の干渉を誘発するであろうという私の意見を彼に説明するための書面をしたためた。
質問 この危険を承知の上で、貴方は、この隠密作戦の唱導者の一人となった。ところで多分、貴方自身、この時にソビエトの参戦を望み、この作戦を、それへの挑発と見なしていたのではないか。
ブレジンスキー まったくその通りとは言えない。我々はロシアが介入するように背中を押したわけではないが、故意に彼らがそうする可能性を増やしたのである。
質問 ソビエトが彼らの干渉を正当化して、彼らの意図が、アフガニスタンへのアメリカ合衆国の隠密の関与に反対して戦うことにあったと主張したとき、人々はそれを信じなかった。しかし、真実の基礎があった。貴方は現在、何ら後悔しないか。
ブレジンスキー 何を後悔せよと言うのか。あの隠密作戦は卓見であった。あれは、ロシアをアフガニスタンの罠に嵌める効果を挙げたのであって、それを貴誌は、私に後悔せよと言うのか。ソビエトが公然と国境を越えた日、私はカーター大統領宛てに書いた。我々は今、ソ連にベトナム戦争を与える機会を得た、と。その通りに事態は進み、ほぼ10年の間、モスクワは、政府が耐えられない戦争を続けねばならなくなり、その紛争が軍の士気崩壊とついにはソビエト帝国の解体をもたらしたのである。
質問 貴方は、イスラム[原理主義]を援助し、将来のテロリストに武器と助言を与えたことについても、まったく後悔しないのか。
ブレジンスキー 何が世界の歴史の上で最も重要なのか。タリバンか、または、ソビエト帝国の崩壊なのか、わずかばかりの扇動されたイスラム教徒なのか。あるいは中央ヨーロッパの解放と冷戦の終結なのか。
質問 あれを、わずかばかりの扇動されたイスラム教徒と言うのか。現在、イスラム原理主義は世界の脅威を代表すると、何度も繰り返し語られているが。
ブレジンスキー ナンセンス! 西側にはイスラム教に対しての世界的な方針があったとも語られているが、愚かなことである。世界的なイスラム教などはない。イスラム教を、民衆扇動の目的や感情を抜きにして、合理的な方法で見るべきである。あれは15億人の信者を擁する世界の主要な宗教である。しかし、原理主義のサウジアラビアと、穏健なモロッコと、戦闘的なパキスタンと、西欧びいきのエジプトと、あるいは、中心アジアの世俗主義と、それらの中のどこに共通したものがあるか。キリスト教国の団結と似たり寄ったりである。
*この雑誌には少なくとも二つの版がある。米国議会図書館にあるおそらく唯一の例外を除くと、アメリカ合衆国に送られた版はフランスの版より短くて、その短い版にはブレジンスキー・インタビューが入っていない。[後略]
 この最後の「*」印以下の部分は、英語版の訳者の注釈を拙訳したものである。これも、アメリカの巧みな情報操作の手口の一つである。
 なお、前記のごとく、『ル・ヌーヴェル・オブゼルヴァトゥール』の側は、質問の中で、当時の「ソビエト」の「主張」を記している。以下、その部分だけを繰り返す。
質問 ソビエトが彼らの干渉を正当化して、彼らの意図が、アフガニスタンへのアメリカ合衆国の隠密の関与に反対して戦うことにあったと主張したとき、人々はそれを信じなかった。しかし、真実の基礎があった。[後略]
 つまり、1979年から1980年頃にも、「ソビエト」の方の「主張」を検証すれば、その主張と一致する「合衆国の隠密の関与」の「真実の基礎」を明らかにできる契機があったのである。この時にも、「ソビエト」の歴史的な評価は別として、やはり、アメリカの動き、謀略を疑うべきだったのである。
 当面、イラク攻撃をめぐって、様々な憶測が飛び交っているが、ここでは、単に概略の予測を述べるに止める。
 アメリカ=イスラエル同盟を中心とする人類史上空前の巨大な諸勢力の連合は、それぞれ、互いに矛盾する思惑を内部に抱え込みながら、人類集団自らが作り出し、人類から外化した「フランケンシュタインの怪物」としての「資本」の衝動の命ずるままに、これまでの「国家」「民族」の歴史の枠を超えた世界支配構想の実現に向けて、熾烈な戦いを繰り広げることになるであろう。諸情報を総合すると、イラク攻撃には、ボーリングゲームの全部倒しのストライク、または「将棋倒し」の狙いがある。サウジアラビアやイランも含めたイスラム圏の石油資源の「独り占め」をたくらみ、それによって世界の「首根っこ」を押さえようとする「資本」の衝動を見るべきであろう。
 しかしながら今、この「フランケンシュタインの怪物」の無限の衝動を制御し得る思想は、どこにも見い出せないのである。
----------------------------------------------------------

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 戦争79掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。