★阿修羅♪ > 戦争79 > 521.html
 ★阿修羅♪
「独裁」継続は確実 ベラルーシ、きょう大統領選(産経新聞)
http://www.asyura2.com/0601/war79/msg/521.html
投稿者 gataro 日時 2006 年 3 月 19 日 10:31:43: KbIx4LOvH6Ccw
 

2006年 3月19日 (日) 03:03
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/kokusai/20060319/m20060319009.html

 【ミンスク=内藤泰朗】旧ソ連構成諸国のうち「欧州最後の独裁国家」と名指しされるベラルーシで十九日、大統領選挙が行われる。十二年におよび権力を握るルカシェンコ大統領(51)の三選が確実視される中、欧米諸国は、投票を前に野党活動家らへの弾圧を強める同政権に反発している。しかし、同国内では「暴君」と呼ばれながらも、同大統領への不満の声は予想以上に少なく、「独裁」の継続は避けられない情勢だ。

 ルカシェンコ大統領は十七日夜、国民向けのテレビ演説で、ベラルーシでは「(野党勢力による)政権転覆や政権奪取はあり得ない」と断言し、ウクライナやグルジアなど旧ソ連圏で相次いだ民衆の街頭デモによる「革命」再来の試みを、ありとあらゆる手段を講じて阻止すると強い調子で警告した。


 大統領選挙には、二〇〇四年に三選を禁じた憲法を改正し、長期政権化を可能にした現職のルカシェンコ氏のほか、民主野党勢力の候補二人を含む三人が出馬。政権側は、支配下にある主要メディアや国家機関を通じて「秩序と安定」を訴え、経済的にも少しずつ改善されているとアピール。さらに「国家転覆行為」には、最強硬手段に訴えると脅しており、「アメとムチ」で三選を確実なものにしようとしている。


 政権側はさらに、旧ソ連圏で反政権街頭デモが政権転覆につながった民衆革命の再来を警戒。公安組織・国家保安委員会(KGB)のスホレンコ長官は十六日、「野党がクーデターを画策しており、デモ参加は国家に対するテロ行為とみなし、死刑もあり得る」と警告した。


 野党側は十九日夜、首都ミンスク中心部で選挙監視集会を計画。恐怖を克服し、花を手に集会に参加するよう反大統領派に呼びかけており、不測の事態も予想される。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 戦争79掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。