★阿修羅♪ > 戦争79 > 573.html
 ★阿修羅♪
【虐殺の証拠写真】 米軍は乳幼児殺しの集団 [uruknet]
http://www.asyura2.com/0601/war79/msg/573.html
投稿者 ファントムランチ 日時 2006 年 3 月 21 日 16:17:41: oswAM6lqBSCW6
 


uruknet.info
http://www.uruknet.info/
http://www.uruknet.info/?p=m21681&l=i&size=1&hd=0

■Baby Killers
 乳幼児殺しの集団

Mike Whitney
March 18, 2006

What goes through George Bush’s mind when he sees the dead bodies of Iraqi women and children loaded on the back of a pickup truck like garbage?
軽トラックの荷台にゴミの様に積まれたイラク人の女性や子供たちの遺体をもし目の当たりにしたなら、いったいジョージ・ブッシュの胸には何が去来するだろうか?

Is there ever a flicker of remorse; a split-second when he fully grasps the magnitude of the horror he has created?
己が引き起こした惨禍の重大性に気付き、ほんの一瞬でも心に後悔の灯が明滅することはあるのだろうか?

March 15 was another defining moment in America’s downward moral-spiral in Iraq. Eleven members of an Iraqi family were killed in a wanton act of slaughter executed by American occupiers. Photos taken at the scene show the lifeless bodies of young children, barely old enough to walk, lying motionless in the back of a flatbed truck while their fathers moan inconsolably at their side.
3月15日は「アメリカ」のイラクにおける著しいモラル低下を決定的に世に曝した日となった。米占領軍によって実行された残忍な殺戮によって、あるイラク人一家11人が殺害された【実際は家族は9人で、2人は訪問者】。現場で撮られた写真には、軽トラックの荷台で嘆き悲しむ父親らしき人のとなりに横たわる、やっと歩けるくらいの年齢となったがもはや動かない幼い子供たちの遺体を映し出していた。

What parent can look at these photographs and not be consumed with rage?
これらの写真を見て怒りがこみあげてこない人間(ひと)の親がいるだろうか?

The US military openly admits it attacked the house in Ishaqi where the incident took place. Reuters reports that, "Major Ali Ahmed of the Ishaqi police said US forces landed on the roof of the house in the early hours and shot the 11 occupants, including five children."
米軍はイシャキ市内でこの惨劇の舞台となった家屋に実際に攻撃を加えたことを公式に認めている。ロイター通信の記事には:「米軍部隊は早朝に作戦を開始し、建物の二階屋上に降り立って、5人の子供を含む11人の居住者を銃撃により殺害したとイシャキ警察のアリ・アハマド警視は述べている」と書かれている。
【訳注:警察の調査によると子供5人の年齢は、それぞれ5歳/5歳/3歳/3歳/6箇月】

"After they left the house they blew it up", he said. "The bodies, their hands bound, had been dumped in one room before the house was destroyed," (policeman) Hussein said. Police had found spent American issue cartridges in the rubble." (Reuters)
「家を去るとき彼ら【米軍】はその建物を爆破しました」と彼は付け加えた。「家が破壊される前に、彼らの遺体は両手を縛られ、ひとつの部屋にまとめて積み上げられました」ともう一人の警官フセインは語った。「警察はさらに瓦礫の中で使用済みの、米軍から支給されたカートリッジを発見した」とロイター通信はリポートしている。

The autopsy report at the Tikrit hospital said, "All the victims had gunshot wounds to the head".
ティクリット病院の検死報告には「すべての犠牲者は、頭部などに銃弾による損傷を受けている」と書かれている。

Iraqi policeman Farouq Hussein noted, "It is a clear and perfect crime without any doubt".
イラク人警官ファルーク・フセインは「これは紛れも無く、完全に明白な犯罪行為です」と主張する。

The evidence provided by Reuters suggests that we have entered the "My Lai phase" of the Iraq war, where the pretensions about democracy and liberation are stripped-away and replaced with the gratuitous butchery of women and children. The carnage in Ishaqi illustrates the growing recklessness and desperation of Washington’s failed crusade.
ロイター通信によって提供されたこれらの証拠は、民主主義と解放という見せかけの大義が引き剥がされ、女性や子供までを対象とした無差別虐殺の実態が顕わになったという意味で、我々がとうとうイラク戦争において「ミ・ライ村の局面」に入ったことを示唆している。イシャキでの虐殺は、ワシントンのすでに破綻した撲滅作戦において、高まる無謀性と自暴自棄のひとつの例証というべきだろう。
【訳注:ミ・ライ村=ソンミ村虐殺事件は、ベトナム戦争最中の1968年3月16日早朝、米陸軍部隊がヘリコプターからロケット弾と重機関銃の弾丸を村に撃ち込み、さらに集落に降り立った米兵が爆薬や銃で村民を殺害、虐殺された無辜の民は504人に達した。その大部分が老人や女性、そして子供だった。米国やサイゴン政府はこの事件を覆い隠そうとし、国際社会に明るみになったのは翌1969年の12月。前国務長官コリン・パウエルが軍において昇進したのは、ミ・ライ村大虐殺を隠蔽する任にあたったからともいわれている。
米国内外の世論の追及に圧され、1970年に開かれた軍事法廷は虐殺に関与した14人を起訴したが、13人は証拠不十分で無罪。小隊長のカリー中尉のみ有罪判決を受け、終身刑を言い渡されたものの、その後10年の刑に減刑され、74年3月に仮釈放された。】

Military spokesman Major Tim O’ Keefe justified the attack saying they were searching for "a foreign fighter facilitator" for Al Qaida in Iraq. He added, "Troops were engaged by enemy fire as they approached the building. Coalition Forces returned fire utilizing both air and ground assets….Two women and one child were killed. The building was destroyed."
軍のスポークスマンを務めるティム・オキーフェ少佐はこの攻撃の弁明として、彼らが、イラク国内でアルカイーダの活動を「取り仕切っている外国人戦闘員」について捜査している最中だったと述べている。そして彼は付け加えた:「部隊は建物に接近したときに敵の銃撃を受け、交戦状態になりました。連合軍は空および地上戦力の両方を動員して反撃しました… 。2人の女性と1人の子供が殺害され、建物は破壊されました。」

In fact, 11 women and children were killed and there’s no evidence to verify that the house was being used as an Al Qaida safe-house.
実際のとろは11人の女性や子供たちが死んでおり、またこの家がアルカイーダの隠れ家として使用されていたことを示す証拠は何も無い。

The US military made similar claims after bombing raids in January and December when a total of 17 family members were killed.
米軍は12月と1月の爆撃(合わせて17人の住民が死亡)の後にも同様の主張をした。

The grim fact is that is that the lives of Iraqi women and children are of no real consequence to US officials. As General Tommy Franks boasted, "We don’t do body counts". The victims of American aggression are simply dismissed as collateral damage undeserving of any further acknowledgement.
戦慄すべきはイラクの女性や子供たちの生命が米軍当局にとってあまり重大性をもたないという事実である。トミー・フランクス将軍も「我々は死者数を数えることはしない。」と得意げに言っていた。米軍による攻撃の犠牲者は、ことさら認識に値しない付随的損害として簡単に片付けられてしまう。
【訳注:トミー・フランクス将軍は、元米中央軍司令官。2001年対アフガニスタン、2003年対イラク、両戦争の総司令官を務めた。2003年7月退役。】

The story has received scant attention in the establishment media, which prefers to highlight the stumbling oratory of our Dear Leader as he reaffirms our commitment to western "pro-life" values.
そしてこのような事件は大手企業メディアからは充分な注目を集めない。彼らはむしろ西洋的な「妊娠中絶合法化反対の」価値観に対する私たちの傾倒を是認する親愛なるリーダー【大統領】のたどたどしい弁説を強調することを好む。

In truth, George Bush is as responsible for the deaths of those children as if he had put a gun to their heads himself and shot them one by one.
だが道理に照らせばジョージ・ブッシュには、犠牲者となった子供たちの頭にあたかも彼自身が銃を押し当て、一人ひとり撃ち殺していったと同じくらい、彼らの死に対する責任があるのだ。

At present, we have no way of knowing how frequently these attacks on civilians are taking place. The Pentagon strategy of removing independent journalists from the battlefield has created a news-vacuum that makes it impossible to know with confidence the extent of the casualties or the level of the devastation. The few incidents like this that find their way into the mainstream create a troubling picture of military adventurism and brutality that is no longer anchored to any identifiable moral principle or vision of resolution. It is simply violence randomly dispersed on a massive scale; traumatizing the Iraqi people and bringing the United States into greater disrepute.
今のところ私たちには民間人に対するこのような攻撃がどれくらい頻繁に起こっているのかを知る術が無い。戦場から独立系ジャーナリストを放逐するペンタゴンの戦略は、正確な死傷者の規模や荒廃のレベルを知ることを不可能にし、ニュースの空白をつくり出した。
主要メディアの報道にまで喰い込んで来た今回のような希少な情報は、もはや集団帰属的な道徳原理や堅忍不抜の精神の幻想には繋ぎ止めることの出来ない、軍隊のもつ冒険主義と残虐性の懸念すべき実像を浮かび上がらせてくれる。それはイラクの人々を殺傷し、米国により大きな悪評をもたらし続ける、巨大な規模でランダムに発生する暴力の横行を物語っている。

There were no Al Qaida fighters in the home in Ishaqi. The attack was just another lethal blunder by a blinkered military fighting an invisible enemy.
イシャキの現場の家にアルカイーダの戦闘員は存在しなかった。攻撃は狭量な軍隊が目に見えない敵と戦うときによくあるような致命的な大失態だった。

"The killed family was not part of the resistance; they were women and children," said Ahmed Khalaf. "The Americans promised us a better life, but we only get death."
「死んだ家族は誰も抵抗組織の一員ではありませんでした。ほとんどが女性と子供でした」とアフマド・ハラフ【家族の親戚】は言った、「アメリカ人は私たちにより良い生活を約束しました。しかし私たちが得たものといえば死だけです。」

Courtesy and Copyright c Mike Whitney


Iraqis pray during the funeral of victims after a U.S. raid in the village of Ishaqi, March 15, 2006. REUTERS/Sabah Al-Bazee
イシャキの町における米軍の襲撃のあと、犠牲者たちの葬儀で祈りを献げるイラク人たち。2006.03.15 ロイター通信/Sabah Al-Bazee


Iraqi soldiers sift through the rubble of a destroyed house after a U.S. raid in the village of Ishaqi, March 15, 2006. REUTERS/Sabah Al-Bazee
イシャキの町における米軍の襲撃のあと、破壊された家屋の瓦礫を綿密に調査するイラク人兵士たち。2006.03.15 ロイター通信/Sabah Al-Bazee


ISAHAQI , IRAQ MARCH 15: The bodies of two children allegedly killed in a U.S raid lay on the ground before burial on March 15, 2006 in the village of Isahaqi about 50 miles north of Baghdad, Iraq. Eleven people were killed when a house was allegedly bombed during an early morning U.S military raid. The dead were mainly women and children. (Photo by Getty Images)
3月15日イラクのイシャキにて:イラクの首都バグダッドの北約50マイルに位置するイシャキの町で2006年3月15日に米軍の襲撃により殺害され、埋葬の前に地面に横たえられた2人の子供の遺体。早朝に行われた米軍の武力攻撃で11人が死亡、家屋は爆破された。死亡者のほとんどが女性と子供だった。(写真はGetty Imagesより)


(Getty Images: Same caption as above)
(Getty Images: 状況は上に同じ)



【以下は[http://www.uruknet.info/?p=m21688&hd=0&size=1&l=e]より】



 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 戦争79掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。