★阿修羅♪ > 戦争79 > 629.html
 ★阿修羅♪
インドの核武装は認め、核武装した北朝鮮は攻撃せず。アメリカから攻撃されないためには核武装が一番の方法
http://www.asyura2.com/0601/war79/msg/629.html
投稿者 TORA 日時 2006 年 3 月 23 日 14:43:51: CP1Vgnax47n1s
 

株式日記と経済展望
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu116.htm
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/
--------------------------------------------------------------------------------
インドの核武装は認め、核武装した北朝鮮は攻撃せず。
アメリカから攻撃されないためには核武装が一番の方法

2006年3月23日 木曜日


◆Congress should veto George Bush's nuclear agreement with India
Mar 9th 2006
From The Economist print edition
http://www.economist.com/opinion/displaystory.cfm?story_id=5603449

◆議会は、ジョージ・ブッシュのインドとの核合意を拒否するべきです。

現在からの十数年、ジョージ・ブッシュの書き直しへの核の決断が勇敢に正しいか、または危険に間違ったために広げられた爆弾が判断された防止のために統治する意志のブッシュさんは、初めて、友人を支持するように兵器開発にもかかわらず、核燃料と技術を輸入するのを許容して、インドとの彼の取引を結ぶのにおいて、準備して原則に執着するより思えませんでした。彼は未来がためになる事実上は核クラブのメンバーがグローバルな反増殖政権と、北朝鮮とイランの核取り引きからの既に厳しい緊張でショックより重いので上昇しているインドを受け入れるギャンブルです。彼のギャンブルは危険なものです。 その間、インドを収容する彼の多忙では、ブッシュさんは世界の、より厳しい所の1つで、より広い核抑制を得る機会を逃しています。

新しい思考が反増殖ゲームで必要です。 北朝鮮は、核拡散防止条約(NPT)のあらゆる規則を破って、誇らしげに爆弾を自慢します。イランはいらないと主張しますが、危険な核燃料作成技術とを追求する「権利」を要求します; 創造的な解決策がそれらと向きをそらすのがわかっていない場合、他のものとして、これから、そうするかもしれなくなってください; 兵器作成のためにそれを転用することができました。 今週、アメリカと他のものは、国際原子力機関でイランが兵器化であると思われることを促進するために形が崩れている反核主義規則を曲げることができないと主張していました(記事を見てください)。したがって、ブッシュさんは、なぜ既に核武装しているインドにまさしくそれをすると提案しますか?

◆ちょうど古くない考え

それがあって、来るとき、あなたは世界に対処しなければなりません。回答。 インドは、それがこれまでNPTの組み合わせで否定された核燃料と技術を輸入する必要があります、Group(NSG)とアメリカの法による原子力の非公式の規則、速く成長しているエネルギーが必要とするサポートに。 そして、インドは、イランでなくて、また北朝鮮でもありません。 彼らは、NPTに調印して、不正行為をしました。 パキスタンとイスラエルのように、インドは、条約と中断をどんな法にも兵器でしないのに決して合流しませんでした。 また、インドは責任がある民主主義です; イランが最近イスラエルを処理したとき、それは、テロリスト集団を支持しないし、または隣人を消滅させると脅かしません。 その間、アメリカが核貿易について規則を曲げることのお返しに、インドは、より民間である原子炉を国際的な安全装置の下に置いて、反増殖決議を固めるでしょう。

原子力がインド人の必要性と最もよく役立つか否かに関係なく、傍らに去ってください; それはそれが上がっていた反核主義規則を知りながらされたインドの選択です。そして、インドの核兵器は壊れましたが、むしろ北朝鮮とイランとしてのビジネスが技術を誤用することによって、材料が民間目的に提供した兵器における始めを得たのは、実際には法ではありません。ブッシュさんはそれにもかかわらず、だれも、インドが現在兵器に与えると予想しない権利です。

しかし、核インドがある反核主義規則が許容するのと同じくらい広くて同じくらい近い友情を持つのは、1つのものです。 '両国'利益のためにはそれが既にいます。 インドのために傍らに規則をけなすのは、全く別です。いかにも、ブッシュさんは、歓迎が彼らが引き継ぐことができるくらいのしつこいであるなら他の核道楽半分の人に与えられると提案していません; それはメッセージになるでしょうが、イランは、今週聞くのを好みます。 むしろ、彼は取引が通ることであるなら最初にアメリカの自己の法を修正しなければならない議会とNSGの他のものに例外として民主的で、好意的で、遵法のインドを扱って欲しいです。

インドが代わりに致命的に規則を弱める例外を立証することができたという問題がここにあります。 取引の厄介な詳細、およびそのありそうな波及効果には悪魔がいます。

インドはNPTに調印していないかもしれませんが、アメリカは調印しました。 そうする際に、それは、それらの核兵器がいじくりまわされている他国を助けないと約束しました。また、それは国際的な安全装置(現在、そうしないで、またインドはこれから、そうしない)の下にそれらのすべての核施設を持っている国だけが下取りの民間核技術の利益を得るべきであるという補強している原則を開拓しました。国がNPTに調印するつもりであり、核兵器自体を放棄するなら、彼らはできるだけ多くの他のものが先例に倣うだろうという保証を必要としました。それらを奨励するために、条約はまっすぐになりました、そして、民間原子力との利益を持つことにおける助け;は義務を振り捨てたか、または無視したものから差し控えられました。

インドとの核貿易を許すと、その掘り出し物は特にダメージが大きい方法で壊れます。 規則は噛み付き始めました: インドは民間ものと同様に軍事の目的のためにウランの物資を欠いていました。 核燃料を民間原子炉に輸入するのを許容することによって、アメリカは直接兵器プログラムにおけるボトルネックを緩和するでしょう(また、維持するのに同意して、インドがアメリカの他の反増殖法を犯しても、奇妙に、供給をあおってください、いくつかの自社が過去にそうしたように)。 よりひどく、インドの以前に、民間目的のためにあると主張されますが、弾頭のためのプルトニウムを生産するために理想的に合った実験用高速増殖炉プログラムはすべての安全装置から免除されることです。 それは、これから、一握りだけではなく、1年あたり何十本もの兵器を生産するためにインドを許容するでしょう。

そして、負傷に侮辱を加えてください。 唯一でないのは、NPTの反核主義制限を受け入れた国に利用可能な民間利益のすべてが提供される核武装しているインドです。 また、それは条約、アメリカ、ロシア、中国、イギリス、およびフランスによって認識された5つの公式の核強国の本当の義務についてもしあるならばわずかしか受け入れていません。 すべてがすべての核実験を禁止しながら、条約に少なくとも調印しました。インドは衰退しました。 すべてが兵器目的のためのプルトニウムと高濃縮ウランの生産を終わらせました(中国だけがまだそれほど公的に言っていません); インドはきっぱり同様にするアメリカの要求を拒否しました。

◆問題の流れ

インドへの規則変更は、ある他の国が彼らの核オプションも再考するのを必ず奨励するでしょう。しかし、より少ない損害が拡散防止利得が本当のものであったなら与えられたでしょうに。特に、インドが、どんな掘り出し物の状態としても核分裂性物質を作るのを止めるように押されるべきでした。パキスタンはそのようなモラトリアムに合流したかもしれません。 中国と インドはその核の測定を好みました; ものも作り出すのを止めたので、抑制の、より広い波を作ろうとする好機がありました。

南アジアと東アジアの両方が、緊急に危険な地方の競争から刺し傷を取り出すそのような野心満々の信頼醸成措置を探る必要があります。これは中東でも触媒として働いたかもしれません。 過去のイスラエルには、より強いクレームが大きい隣人による短い歴史が目的とされる多くのために囲まれた海までそれを運用する抑止力のためにありました。しかし、核は速く浸食しています。 アメリカの軽い突きで、ディモーナ原子炉(それはもうプルトニウムを必要としない)を止めると、新しい思考はいつかイラン問題も巧妙におこなうのを助けることができた大規模破壊なしの兵器中東に関してかきたてられるかもしれません。

徳の高い反核主義者サイクルの代わりに、現在、悪質な核が、よりありそうです。中国が、増殖傾向があるパキスタンにアメリカがインドにしたがっていることをすると主張すると予想することができます、過去に増殖の流れに通じた地方の軍備競争に加えて。また、より自由な乗りをインドに与えるのも彼らの挑戦におけるイランと北朝鮮を勇気づけそうです、彼らのすべての隣人のセキュリティのための潜在的跳ね返りで、日本、韓国、およびサウジアラビアとエジプトから台湾まで。

だれも、友人とパートナーとして互いを提供するために世界の最も豊かな民主主義とその最も大きい1つには多くがあると疑いません。 しかし、インドの核兵器の野心を補助するのがブッシュさんの贈り物にあるべきではありません。 議会がアメリカの反増殖法を変えるように頼まれるとき、それはいいえを示すべきです。


(私のコメント)
最近のアメリカ外交は何を考えているのか分からない。現在の一番の課題はイラク問題なのですが、当初の計画によればとっくに引き揚げているはずですが、現状では三年も経つのにブッシュ在任中は引き揚げないと声明している。おかげで日本の自衛隊も5月にも引き揚げる予定が延期になったようだ。

アメリカの計画としてはイラクを民主化してアメリカの思いのままになる国家に改造する事を目指していたのでしょうが、イラクは内戦の様相が強くなってきて、クルドやスンニーやシーア派などが対立を深めてきている。これらに対してアメリカは有効な手が打てずに、混乱を助長して内戦化してしまった。

アメリカとインドのインドの関係については3月4日にも書きましたが、アメリカがF16やF18を売却するなどのニュースがあり、その戦略的な目的は何なのかはっきりしませんが、対中包囲網なのだろうか。さらに米国インドの原子力協定はインドの核武装を容認するものであり、核拡散防止条約を空文化するものだ。

しかし、これとイランに対する核疑惑に対する締め付けはダブルスタンダードであり、アメリカは先制攻撃も辞さない計画もあるようですが、イラクに攻め込んだ理由も核開発疑惑があるということで、イラクに侵攻してみたら核開発の施設はまったくなかった。単なるアルミのパイプを核兵器開発の材料と報道してみたりした国民扇動は、まったくのデタラメだった。

アメリカとインドの原子力協定もエコノミスト誌は反対していますが、ブッシュ政権の意図は何なのかよく分からない。北朝鮮の核開発についてもアメリカは経済制裁以上のことはせず、イラクのように空爆や侵攻などもせず、強力な制裁手段はとれずにいる。フランスもインドに原子力発電設備の売込みを図るなど追随する動きも見られている。

このようなインドの動きを見て、日本や韓国や台湾やサウジやエジプトなども核兵器開発に乗り出すかもしれない。これらの国がいっせいに核開発すれば中国の周辺の国はほとんど核武装国家になり、中国は核の脅威に囲まれる事になる。イランやイラクの核開発の動きに対する制裁に惑わされているが、アメリカの本意としては友好国の核武装は容認するつもりなのかもしれない。

これは中国においては脅威であり、防がねばならない状態だ。親中派の田中宇氏などは中国包囲網の説を否定しているが、アメリカの親中派の勢力を過大評価しているのではないかと思う。これ以上中国が強大化すれば中東の石油の利権争いに邪魔になるし、中国海軍がインド洋まで進出すれば、アメリカの石油輸送ルートも遮断される恐れがある。

13億人の中国が近代化するためには石油の確保は必要であり、自動車を乗り回すようになれば中東の石油を独り占めする必要がある。イランの石油も中国が狙っているが、アメリカとしては核疑惑をネタにしてイラクのように軍事的にでも支配したいところだ。それくらいアメリカにとっては石油の確保は死活問題ですが、中国の中東進出は脅威だ。

だから核拡散問題から見ればブッシュ政権の動きは支離滅裂ですが、中国の中東進出を防ぐ意味ではインドに梃入れをする必要がある。しかしインドも近代化すれば石油は中国以上に必要になるがどうするのだろうか。このようにアメリカの外交戦略は様々な思惑が飛びかってブッシュの考えはつかめない。エコノミスト誌ではないですがアメリカは「異常愛博士」ではなくて「異常契約博士」なのだ。

このような世界の流れから見れば日本の核武装もそう先の話ではないかもしれない。中国としては日本やアメリカに工作員を送り込んで反核平和運動を推進するのでしょうが、中国の軍備拡張は周囲の国の核武装化で包囲される事になるだろう。核兵器はむしろ戦争を防止する手段としては有効な兵器であり、防御的な兵器であることが分かってきたのだろう。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 戦争79掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。