★阿修羅♪ > 戦争80 > 567.html
 ★阿修羅♪
6月にロス・アンジェルスで大規模な『9・11真相追及シンポジウム』
http://www.asyura2.com/0601/war80/msg/567.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2006 年 5 月 07 日 04:14:59: SO0fHq1bYvRzo
 

6月にロス・アンジェルスで大規模な『9・11真相追及シンポジウム』


6月24日と25日に、米国ロス・アンジェルスで、大規模な『9・11真相追及シンポジウム』が開催されます。下はそれを伝えるPrison Planetの記事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://prisonplanet.com/articles/may2006/060506truthsymposium.htm
Major New 9/11 Truth Symposium Coming To L.A.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これを実質的に主催するのはPrison Planet、Propaganda Matrix、Infowarsなどのインターネット・サイトを率い、自らのラジオ番組を持つアレックス・ジョーンズ(およびそのグループ)です。広告では主催者としてNational Education + Research Conferenceが書かれています。

下はInfowars.comによる広告で、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://www.americanscholarssymposium.org/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここで大きく書かれてある箇所だけをご紹介しますので、その他の広告の内容は各自でお読みください。

****************************************************************************

American Scholars Symposium

9/11 + Noe-Con Agenda
National Education + Research Conference
Los Angeles, CA June 24-25. 2006

(これは画面右側のものです。その部分の対訳を下に添えます。)
In June 2006 researchers, scholars, journalists, media personalites, and average folks will come together from all over the USA to gather in Los Angeles to invite the rest of the world to examine the facts of 9/11. Through powerful & insightful presentations from prominent guest speakers & riveting documentary screenings we will examine the Neo-Con Agenda and 9/11 as the pretext for the brutal on-going war in Iraq as well as the establishment's future plans.
2006年6月に、研究者、学者、ジャーナリスト、メディア・パーソナリティーズ、そして一般の人々が全米中からやって来てロス・アンジェルスに集まり、9・11の事実を検証するために世界の人々を招待することになる。著名なゲスト講師からの力強く洞察に富んだ発表と興味深いドキュメンタリー放映を通して、我々はネオコンのアジェンダ、および支配者たちの未来計画と同時に現在続行中の汚いイラク戦争の口実としての9・11を検証することになるだろう。

****************************************************************************


このシンポジウムの講師は下に詳しく紹介されていますが、名前と略歴を紹介します。
http://www.americanscholarssymposium.org/info/presenters.htm#bowman

Robert M. Bowman
元米国空軍大佐、レーガン政権時の「スター・ウォーズ計画」責任者を務める
その後、「平和を求める退役軍人」「戦争に反対する元ベトナム戦争兵士」などの活動に携わる。現在は「9・11の真相を求める学者の会」常駐メンバー。航空工学と核技術で博士号を持つ。

James Fetzer
ダラス・ミネソタ大学教授、哲学博士。ケネディ暗殺などの権力による陰謀の追及で有名。「9・11の真相を求める学者の会」常駐メンバー。

Webster Griffin Tarpley
歴史家、ジョージ・ブッシュ(父)の「非公式伝記」作者として有名。9・11に関しては"9/11 Synthetic Terror"を著している。「9・11の真相を求める学者の会」常駐メンバー。

Steven Earl Jones
ご存知、ユダ州ブリガム・ヤング大学物理学教授。「9・11の真相を求める学者の会」常駐メンバー。

Dylan Avery
9・11公式見解に疑問を投げかけるフィルムLoose Changeのナレーター。


このシンポジウムで放映されるドキュメンタリー・フィルムは以下で紹介されています。
http://www.americanscholarssymposium.org/info/docs.htm

Loose Change (2nd Edition)
これは上のDylan Averyが主体になって編集したものです。

Martial Law 9/11
これはアレックス・ジョーンズとそのグループが製作しています。


こうして見ると、結局はアレックス・ジョーンズと「9・11の真相を求める学者の会」がこのシンポジウムの主体になっていることが分かります。バックに相当に強力な勢力が控えているようです。A.ジョーンズは先日チャーリー・シーンを大手TVに引き出す主要な役目を演じたのですが、このシンポジウムがどこまで米国で反響を巻き起こすことになるのか、楽しみです。

なお、物理学者のスティーヴン・ジョーンズですが、彼の論文“Why Indeed Did the WTC Buildings Collapse?”は6.0番まで更新され、着々と理論武装を完成させています。(なお、例のマサチューセッツの「パンケーキ教授」トーマス・イーガーは、この論文に目を通すことを頑として拒否しているそうです。まあ、その気持ちも分かるけど。)

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 戦争80掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。