★阿修羅♪ > 戦争80 > 998.html
 ★阿修羅♪
利用されたドイツの息子として:ローマ教皇アウシュヴィッツ訪問
http://www.asyura2.com/0601/war80/msg/998.html
投稿者 kamenoko 日時 2006 年 5 月 29 日 19:56:09: pabqsWuV.mDlg
 

利用されたドイツの息子として:ローマ教皇アウシュヴィッツ訪問

アウシュヴィッツを訪問したドイツ人(元ヒトラーユーゲント)教皇
ベネディクト16世が、ナチスの犠牲者を追悼し赦しと和睦を求めた。

以下はイタリア大手紙コリエレ・デッラ・セーラの該当記事より、
教皇のことばを抽出・訳出しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  教皇 赦しと和睦を請う 06年5月28日

http://www.corriere.it/Primo_Piano/Cronache/2006/05_Maggio/28/papa_discorso.shtml

「わたしは今日、ドイツの民の息子としてここにいる。あの民、嘘の約束で
権力の座についた犯罪グループに・・・彼らの破壊と支配への熱望のための
道具として利用され虐げられた民の息子として」。

「赦しと和睦を願い、このようなことは二度と許すまじと神に叫ぶ。 新たな
厄災が続く今日においても」。

アウシュヴィッツ

「戦慄の場所。人間性が暗黒の谷に阻まれた場所。数百万人が、とりわけ
ユダヤ人たちが、蓄殺される羊のように殺された場所」

神の沈黙

「神よ、なぜあなたは沈黙を(黙って見過ごした)? なぜあなたはこのような
ことが許せたのか?  我々は神の秘密を詮索できず、断片を見るのみ。神と
歴史に評価を下そうとするなら、それは間違いだ」。

赦しと和睦

「その目的のためにわたしはここにいる。 和睦を請うため、まずは神と、
神だけがわれわれの心を開き浄化することが可能だから。 それからここで
苦しみを受けた人々と、最後にいまわれわれの時代を生きる人々、憎悪の権力の
もとで、憎悪に扇動された暴力のもとで苦難を生きる人々と」。

独裁者ヒトラー

「彼らはユダヤの民を粉砕し根絶やしにすることを欲した。 地上の人類の
リストから除外しようとした。 国家第三帝国の権力者かつ犯罪者たちは、
全国民を騙し、破壊と支配への熱望のための道具として利用し虐げた。
偉大なる国家への可能性、民族の尊厳と重要性の回復 の名のもとに」。

犠牲者に捧ぐ 〜ポーランドを発つ日に

「ユダヤの民、ポーランドの民、ロシアの民、ロマの民、ヒトラーに反抗した
ためにアウシュヴィッツに送られたドイツの民に」赦しを求めたが、同性愛者への
言及はなかった。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 戦争80掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。