★阿修羅♪ > 戦争81 > 118.html
 ★阿修羅♪
“反戦で放送禁止”に反撃 / 米カントリー女性グループ / ♪ 新アルバムが1位に(しんぶん赤旗)
http://www.asyura2.com/0601/war81/msg/118.html
投稿者 gataro 日時 2006 年 6 月 07 日 19:10:54: KbIx4LOvH6Ccw
 

2006年6月7日(水)「しんぶん赤旗」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-06-07/2006060707_01_0.html

 【ワシントン=鎌塚由美】イラク開戦前ブッシュ大統領を批判し、保守派の批判にさらされた米カントリー音楽の人気女性グループ、ディクシー・チックス。イラク戦争批判の立場を曲げなかった彼女たちが今、新曲キャンペーンで「反撃」に出ています。米主要メディアも相次ぎ取り上げ、ビルボードの音楽チャートで一位となっています。


--------------------------------------------------------------------------------

 三年前のイラク開戦直前、ロンドン公演で、ボーカル担当のナタリー・メインズさんが「みんな、わかっていると思うけど、私たちはテキサス出身のアメリカ大統領を恥ずかしく思っているわ」と発言。これに米国の保守派は激怒し、同グループを「非国民」と呼び、カントリー音楽のラジオ局はグループの曲を放送禁止にしました。

 ディクシー・チックスは三月末、事件以来初となるアルバムを発表。新曲キャンペーンに乗り出し米メディアに登場しています。

 米『タイム』誌(五月二十九日号)は、「ラディカル(急進的な)・チックス」と題して同グループを特集。メインズさんは、「大統領府を軽べつしたことを謝ったけれど、もはやそうは思わないわ。彼(ブッシュ大統領)にはいかなる敬意も感じない」とブッシュ批判を鮮明にしました。心からの謝罪をすれば放送禁止を解除するという一部のラジオ局に対して、「私は自分自身を変えられない」ときっぱり。

 新曲「ノット・レディー・トゥ・メイク・ナイス」は、三年前の事件を振り返り、「言われるままにいい子にはなれない。撤回する気にはなれない」「私は今もめちゃくちゃに怒りまくっている」と歌っています。

 CNNテレビの看板番組ラリー・キング・ライブ(五月三十一日)にも出演。「権力にある者に疑問を呈し、異議を唱えることを恐れてはいけないと私は子どもたちに教えたい。彼らがすることを問い、監視する、それが愛国者です」(マーティ・マグワイアさん)と語りました。

 一部ラジオ局の放送禁止措置にもかかわらず、多くのファンは彼女たちを支持しています。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 戦争81掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。