★阿修羅♪ > 戦争81 > 387.html
 ★阿修羅♪
バグダッドの米国大使館メモ [イラク情勢ニュース]
http://www.asyura2.com/0601/war81/msg/387.html
投稿者 white 日時 2006 年 6 月 21 日 18:19:17: QYBiAyr6jr5Ac
 

(回答先: 日経【イラクの米大使館、現地人職員の電文が波紋「襲撃怖い」】 投稿者 木村愛二 日時 2006 年 6 月 21 日 16:37:15)

□バグダッドの米国大使館メモ [イラク情勢ニュース]

 http://geocities.yahoo.co.jp/gl/uruknewsjapan/view/20060621/1150876899

2006年6月21日(水)

バグダッドの米国大使館メモ 2006/06/21
 バグダッドの米国大使館が米国務省に送った外電は、大使館の外交部門で働くイラク人スタッフが日頃、日常的に感じている恐怖感や悲惨さをまとめたもので、それは一般のイラク人が感じていることとも共通するものである。ワシントン・ポスト紙がその外電を暴露し、イラクでも概略が紹介された。
 ・外電冒頭の要約: 「対外部門で働くイラク人スタッフは、イスラム主義者および/あるいは民兵が日常の習慣にも悪い影響を及ぼしている。適切な服装や慣習に対する嫌がらせがますます広がっている。」
 ・イラク人女性スタッフ(複数)は、さらに、「幾つかの省庁は、特にサドル支持者が支配する貿易省など、女性に仕事中もヒジャブ(髪を隠すスカーフ)の着用を強制している。」
 ・この外電は男性にも服装規制が出されていると指摘する: 「今では外で短パンをはくのは男性でも危険だとスタッフが報告した。彼らはもはや子どもたちを半ズボン姿で外で遊ばせることもできない。外でジーンズをはく人々は(スタッフの説明では)ワハーブ派とサドル派から攻撃される。」
 ・外電はイラク全土で民族および宗教にもとづく強制立退きの話があることを報告した。
 ・スタッフたちは大使館に、5月末、彼らは6時間につき1時間、1日の合計で4時間しか電気が供給されなかったと報告した。6月には状況はいくらか改善されたようで、ある住宅地では3時間に1時間の電力供給が報告された。だがバグダッドのある住宅地では1ヶ月以上の停電がつづいている。外電によると、「病院、政党本部、グリーンゾーンに近い地域ほど良好で、ある地域では24時間の電力供給がある。」
 ・・・・
 ・外電の最終行には駐イラク米国大使の名前(ハリルザト)が書かれていた。

 全文 PDFファイル
 http://www.washingtonpost.com/wp-srv/opinions/graphics/iraqdocs_061606.pdf
 Bleak Memo from U.S. Embassy
 http://electroniciraq.net/news/2393.shtml


作成者 tomesan :2006年6月21日(水) 17:04 [ コメント : 0]


 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 戦争81掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。