★阿修羅♪ > 戦争81 > 407.html
 ★阿修羅♪
彼らはテロリズムのイデオローグでありその『名付け親』なのだ。(イワショフ元ロシア陸軍参謀総長)
http://www.asyura2.com/0601/war81/msg/407.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2006 年 6 月 22 日 05:59:28: SO0fHq1bYvRzo
 

(回答先: CIAがイスラム戦士を徴集し、組織した(仏『ヴォルテール・ネット』より) 投稿者 さすれば 日時 2006 年 6 月 21 日 21:26:04)

(写真、左側がレオニード・イワショフ将軍)

彼らはテロリズムのイデオローグでありその『名付け親』なのだ。(イワショフ元ロシア陸軍参謀総長)

さすればさん、貴重情報、ありがとうございます。この文章はいずれスペイン語版に翻訳されることと思いますので、そのときに全文を読むことにしましょう。

ちょっと目の鋭い人なら「まあ、そういうことだろうな」と納得できることでしょうし、ジャーナリストの中にもこのような事実を知ってなおかつシオニストの手先として事実の隠蔽と虚構の捏造に励む者もいるはずです。またスパイ網を世界中に張り巡らす大国の国防・諜報関係者なら、おそらく誰でも知っていることなのでしょう。

昨年ブリュッセルでヴォルテール・ネットが主催して昨年11月17日と18日に行われた「平和の枢軸(Axis for Peace)」での元ソ連軍・ロシア軍高官レオニード・イワショフ将軍の発言も、すべてを解った上で、個人的発言ではなくおそらく国家のもっと上の方からの密命を受けてのことだったでしょう。元KGBのプーチンがバルカン戦争の真実や9・11の真相を知らないはずがありません。


http://asyura2.com/0601/war77/msg/617.html
元ソ連・ロシア国防省高官「国際テロ組織は存在せず」「9・11はでっち上げ」【全訳】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【引用開始】
グローバリゼーションの進行過程の本質、および米国やある特定の国々の政治と軍事の方針に対する分析は、テロリズムが、世界の支配と世界的な寡頭制度への国々の従属を現実化させることに貢献していることを証明する。このことはテロリズムが世界政治における独立した存在ではないことを意味する。それは常に、世界を指導する唯一の中心を持つ一極化した世界を作り上げるための一つの道具であり一つの手段である。それは国々の国境線を消し去り新たなエリート層による世界支配を実現させるための前提なのである。特にこのエリート層は国際テロリズムの鍵となるテーマを作り上げる。彼らはテロリズムのイデオローグでありその『名付け親』なのだ。
【引用終り】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イワショフ元ロシア陸軍参謀総長が、さすればさんのご投稿にあったような具体的な事実を知らずに上のような発言をした、などと考える人がいるなら、余程のお人好しか救いようのない天真爛漫さなのでしょう。

残念ながらミロセヴィッチはハーグで消されてしまいましたが、10年以上にわたる「対テロ戦争」の壮大な自作自演劇の舞台裏が白日の元に曝される日が近いことを祈りたいと思います。


昨年に入ってからのヴォルテール・ネットの拡大もこの「平和の枢軸」も、表面を覆い尽しているシオニスト・ネットワークとは異なるもう一つの巨大な水脈に乗って行われたのではないか、という気がします。それはおそらく、ウゴ・チャベスの肝いりで作られ運営されるテレ・スルTVの創設にもつながることだろうと思っています。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 戦争81掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。