★阿修羅♪ > 戦争81 > 521.html
 ★阿修羅♪
米軍はアンバル州での兵力削減は考えず [イラク情勢ニュース]
http://www.asyura2.com/0601/war81/msg/521.html
投稿者 white 日時 2006 年 6 月 26 日 16:55:43: QYBiAyr6jr5Ac
 

□米軍はアンバル州での兵力削減は考えず [イラク情勢ニュース]

 http://geocities.yahoo.co.jp/gl/uruknewsjapan/view/20060626/1151302919

2006年6月26日(月)

米軍はアンバル州での兵力削減は考えず 2006/06/26
 イラク駐留米軍は来年=2007年末までに大規模に削減する計画であることが報道されたが、海兵隊のサトラー准将は6月25日、米紙ニューヨーク・タイムズに、アンバル州での兵力削減は考えていないことを明らかにした。
 サトラー准将は中東および中央アジアに展開する海兵隊の動きを監督しているが、視察先のアンバル州からNYタイムズ紙の電話インタビューで、「アンバル州では安定情勢が望めず、少なくとも来年の夏も、アンバル州に展開する海兵隊に兵力削減があるとは見込めない」と語った。
 U.S. Not Expected to Cut Troops in Western Iraq
 http://fairuse.100webcustomers.com/fairenough/nyt279.html
 現在、イラク駐留米軍12万7000人のうち、約2万8000人が海兵隊の指揮下でアンバル州に配置されている。(海兵隊1万9000人、陸軍7000人、その他2000人)。
 イラク駐留米軍の司令官ケーシー大将は先週、米国防総省の秘密会見で、2007年12月までにイラクに展開する戦闘旅団の数を現在の14から5〜6に削減すると述べていた。その計画のもとでは、今年9月にも最初の削減に着手し、ローテーションとして陸軍の2個戦闘旅団がイラクから去るが、その補充はしないとされている。
 米国政府高官はあいかわらず、米軍撤退はイラク人治安部隊の創設を含む今後の進展にかかっていると主張している。
 サトラー准将は、また、ラマディに対しては昨年11月のファルージャのような作戦を遂行するつもりはないと述べたが、現地の海兵隊関係者は、ラマディをゲリラから奪還するために、米軍1個旅団とイラク軍2個旅団で複合的な作戦を展開中だと述べた。
 だが海兵隊の別の高級将校(匿名)は、今月初めの電子メールによるインタビューに応じ、米軍指揮官が心配しているのはイラク軍の新しい部隊にはラマディでの戦闘に戦意が見られないことだと述べた。「イラク兵の5割以上が戦闘に加わるなら、それは驚くべきことだ」と。


作成者 山本史郎 :2006年6月26日(月) 15:22 [ コメント : 0]


 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 戦争81掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。