★阿修羅♪ > 戦争81 > 562.html
 ★阿修羅♪
「ナイジェリアの債務不払いの法的正当性について」抄訳  (by北沢洋子)
http://www.asyura2.com/0601/war81/msg/562.html
投稿者 Kotetu 日時 2006 年 6 月 28 日 14:11:52: yWKbgBUfNLcrc
 

DebtNet通信 (vol.5 #25)  

「ナイジェリアの債務不払いの法的正当性について」抄訳
2006年6月22日

『This Day』2005年6月13日号
著者Remi Ogunmefun(ナイジェリア、ラゴスの企業と金融の弁護士)

 2004年7月、国連事務総長の上級経済顧問であるJeffrey Sachsは、「アフリカは債務を払わない権利がある」と言った。その理由は、「債務は返済できない。また豊かな国が飢え、疫病、貧困で死んでいるアフリカから債務を返済させるのは道義的に間違いである」と述べた。
 Sachs教授は、とくにナイジェリアの債務について言及したのであった。ナイジェリアのNGOは、ナイジェリアが西側政府に債務を負っていることは知っているが、どのようにして債務が発生したのか、誰から借りたのか、そのカネがどのように使われたのか、開発にどのような影響を与えたのかについてはすこしも知らない。
 ここでは、ナイジェリアが国際法に基づいて債務を法的に帳消しすることが出来たかを明らかにするものだが、その前に70年代、産油国の石油ドルの流れを見る必要がある。
 まず石油ドルは西側の銀行に預金された。次いで銀行は、そのカネを途上国の開発プロジェクトに貸した。当時の経済停滞により、途上国の通貨と輸出品(農鉱産物)は値下がりしたが、債務は増大し、返済不能となった。債権者たちは債務のリスケを行ったが、それにともなって、公共部門への予算の削減といった厳しい条件が付き、貧困層の状況は悪化した。

ナイジェリアの債務帳消しについての議論を紹介すると、

1) ローンの利子支払いによって、元金を上回る額をすでに返済している。
2) ナイジェリアが支払った利子はナイジェリアが受け取ったODA額よりも大きい。

 数年前からナイジェリア大統領は債務帳消しのキャンペーンを始めた。そのときの言い分は、「融資をした人びとはそのカネが正しく使われないことを知っていた。多分、そのローンの中から債権者の手に渡った分もあるかもしてない。にもかかわらず、ナイジェリア市民はローンを返済しなければならない。これは不正義だ」と述べた。
 ナイジェリアの債務問題の解決には多くの努力が注がれた。それは全面的帳消しを求めるものから、不払いを宣言すると言うものまであった。中でも、ナイジェリア議会が債務不払いを決議したことは、決定的であった。

Odious Debtとは?

 Odious Debtの法理論は、米西戦争後の1927年にAlexander Nahum Sackによって提唱された。キューバをスペインから奪った米国政府は、キューバの主権を保持者として、キューバのスペインに対する債務を支払うよう請求された。
 Sackは元ツアー政府の大臣であったが、後パリの法学教授となった。Sackが提唱したOdious Debtの理論は、後に国際法となったのだが、以下のものである。

1) 独裁権力が国家の必要、あるいは利益のためにではなく、その独裁権力の強化と反対勢力を弾圧するために発生させた債務であるなら、それはすべての国家の住民にとってOdious である。この債務は国民の責任ではない。それは独裁政権の債務であって、それを生み出した権力の個人的な債務である。したがって当該債務は権力の崩壊によって消滅する。
2) 債権者が認知してところにより、発生し、使われた債務は国民の利益の反するものである。その独裁政権を倒した場合、その債務から新の利益が得られた場合でない限り、後継者はその債務から自由である。債権者は国民に対して敵対的な行為を行ったものと見なされる。それゆえに、債権者は国民からこのOdious Debtの回収を期待できない。
 独裁政府、その家族、親戚、取り巻き、友人が発生させた債務は個人的な債務であり、国家の債務と見なされない。たとえば、ナイジェリアの債務の中には、これに該当すると見られるものがあり、不払いを主張できる。

このOdious Debt理論は、歴史的にこれまで適用されてきた。古典的な例では、
(1) 1917年のソビェト革命後、ボルシェビーキによるツアーの債務の不払い
(2) Tinco政権時代、英国が持っていたコスタリカの債務の不払い
 
 ナイジェリア債務の債権者たちは、それがOdious dearuto判定されれば回収できないというこのOdious Debt理論を明らかに知っていた。1982年、大手のシカゴ・ファースト・ナショナル銀行は、「Odious Debtであることの意味について、他の市中銀行に警告をしていたのだ。

一般に、支配者に融資するとき、貸し手は国際法による何の保護もないことを知っている。たとえば、以下の諸ケースでは、Odious Debtの結果として、不払いになっており、回収不能である。

フィリピンのマルコス政権の債務
ハイチのデュバリエ政権の債務
南アフリカのアパルトヘイト政権の債務
ザイールのモブツ政権の債務
イラクのサダム・フセイン政権の際ムーこれは債権国によって帳消しされた。
ナイジェリアの軍事政権の債務

http://www.jca.apc.org/~kitazawa/debtnet/2006/vol5_25.htm

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 戦争81掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。