★阿修羅♪ > 戦争81 > 631.html
 ★阿修羅♪
マリキ首相の「国民和解」提案を拒否、レジスタンス組織が声明 [イラク情勢ニュース]
http://www.asyura2.com/0601/war81/msg/631.html
投稿者 white 日時 2006 年 6 月 30 日 22:58:22: QYBiAyr6jr5Ac
 

□マリキ首相の「国民和解」提案を拒否、レジスタンス組織が声明 [イラク情勢ニュース]

 http://www.freeml.com/message/organizer-news@freeml.com/0001292;jsessionid=exy79j75y2

URUKNEWSイラク情勢ニュース           (転送・紹介歓迎)
□□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■
――――――――――――――――――――――――――――――――――
2006/06/30(金)

  [飛耳長目録 today'snewslist]

☆レジスタンス組織が声明: マリキ首相の「国民和解」提案を拒否
☆バース党が「マリキ提案」を拒否し批判する声明を発表

 (※いずれもイラク・レジスタンス・レポート6月27日付より)

--------------------------------------------------------------------
☆★武装レジスタンス総司令部はマリキの和解提案を拒否
GeneralCommandofIraqiArmedForcesResistancegrouprejects
“NationalReconciliation”offerof“PrimeMinister”Nurial-Maliki
--------------------------------------------------------------------

 イラク・レジスタンス運動の主要部分を構成する武装レジスタンス総司令
部は米軍の占領に反対し、27日に、マリキ首相の「国民和解」提案をレジ
スタンスが受入れたという報道を否定する声明を発表した。

 総司令部の声明は愛国的なウェブサイトであるアルバスラ・ネットに掲載
されたが、次のように書かれていた。

 「報道機関はまた1つ新たなウソと偽造のニュースを流した。それは占領
軍と背教者たちおよびその背後にいる宗派主義の傀儡勢力によって発案され
たものであり、一部のジハード組織(レジスタンス勢力)が「和解」を求め
てマリキの提案に合意したという要旨であった。」

 「われわれは諜報機関の人物なら誰もそのようなウソを信用するとは思わ
ないが、1991年以来今日まで暴君きどりの米国と戦ってきた名誉ある武
装レジスタンス総司令部は、全世界に対して次のことを宣言しておく−−イ
ラクの大地が侵略・占領者の冒涜(ぼうとく)から解放されるまで、イラク
の大地からマリキのような宗派至上主義者、反逆者、偽善者、外国勢力の手
先が完全に追放されるまで、そして神の法がこの地に確立されるまで、他の
ジハード組織およびレジスタンス組織とともに、みずからのジハードを続け
る。」

 「いわゆる『マリキ提案』は欲求不満と絶望に陥った敵と裏切り者が抱い
た幻想と夢以外のなにものでもない。彼らはイラクの地で直面する泥沼から
抜け出す方策を夢想しているのであり、彼らは神の恩寵(おんちょう)によ
ってイラクで敗北し撃退されるであろう。」

 この総司令部の声明は、イラク・バース党が「マリキ提案」を拒否し批判
する声明を発表した翌日に出された。


--------------------------------------------------------------------
☆★バース党が「マリキ提案」を拒否し批判する声明を発表
TheIraqiBaathPartyissuedastatementanalyzingandrejectingthe
“al-MalikiInitiantive

--------------------------------------------------------------------

 「この『和解』の条件と中身はいかなるものか? そしてわれわれが誰と
『和解』するというのか?」−−バース党の声明はレトリックにおいてこれ
に疑問を呈し、次のように続けた。

 「この和解という発想は、占領軍と政府が言うところの『暴力』を否定す
ることを基礎としており、米国が撤退期限を設けることを拒否し続けている
というのに、『政治プロセス』に加わることに合意するという!! その替
わりに、米国当局者は将来の長期イラク駐留について、さらに基地と空港の
建設について協議するという!! そのようなわけで、『和解』が意味する
ことは1つ、すなわち占領とその結果を受入れるということだけなのだ。」

 バース党の声明はさらに次のように述べた。

 「決定的な勝利の入り口に立った今の時点で武装レジスタンスを停止する
ことは、イラクにとって想定される最大の裏切りであり、解放の約束を投げ
捨てる不名誉であり、殺害され陵辱され投獄され拷問されてきたイラク人と
イラクの権利を放棄する受入れがたい行為である。」

 バース党の声明は「聖なる戦いを続ける英雄的な戦士」に宛てて次のよう
に呼びかけた。

 「世界の全歴史において最も残忍で野蛮で血なまぐさい独裁者を敗北させ
るものは、占領を拒否する意志であり、その意志を現すために武器をとる決
意であり、取引きしたり交渉することではなく、レジスタンスが武器を捨て
兵器庫からは慣れても占領軍は(武器を)放棄しないという警告に従うこと
である! 革命の継続と決定的勝利の達成を根本的に保証するものは、取引
きを拒絶することであり、武器を捨てることを拒否することであり、口約束
を相手にしないことである。なぜなら、敵にのみ武装を許すことは、占領軍
がその常套手段として約束を破ったときに、抵抗する能力を持つ最も熱烈な
愛国者をまる裸にすることになるからだ。」

 「このような状況のもとでは、あらゆる愛国者は二者択一を迫られる。す
なわち、無条件に占領軍に協力するのか、それとも占領軍およびその犯罪者
集団の手で殺害ないし拷問されるか、である。したがって、決定的勝利への
道は、国連やアラブ連盟、あるいは占領軍との交渉、手先への協力に頼ると
ころにはない。勝利は戦士の手にする武器からのみ生まれる。それゆえに武
器を手放してはならない! それを勝利への道と確信するなら、占領軍とそ
の手先はレジスタンスとレジスタンス組織の一部の裏をかいて駆け引きをす
ることができなくなるであろう。」

 バース党の声明は次のように締めくくられている。

 「決定的な勝利への大行進をやりとげる基本方針は戦士の銃であり、それ
は占領を拒否するすべての者を鼓舞する幅広い国民戦線と融合し、結びつけ
られるものである。」


――――――――――――――――――――――――――――――――――
□□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■
情報収集とサイト維持、情報発信体制の確保のために、皆さまに
<イラク情勢ニュースURUKNEWS>へのカンパ協力をお願いします。
  郵便振替 口座番号:  01780−7−117317
       口座名称:  イラク情勢ニュース 
  銀行振込先 みずほ銀行 下関出張所 普通預金口座
      口座番号 普通口座 1373779
      口座名義: ヤマモト シロウ
※URUKNEWS イラク情勢ニュース(webサイト) 
    http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/  
    メーリング・リストへの参加・退会手続きはここでもできます
※イラク・レジスタンス・レポート
    http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/Iraqi_resistance.html
□□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■
――――――――――――――――――――――――――――――――――


▽関連記事

□イラクの反政府組織11派が多国籍軍撤退期限設定を条件にテロ停止を提案 [ライブドア・ニュース]

 http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2141327/detail

イラクの反政府組織11派が多国籍軍撤退期限設定を条件にテロ停止を提案
【ライブドア・ニュース 06月29日】− イラクのイスラム教スンニ派反政府組織11派は、AP通信に対して、米軍を含む多国籍軍が2年以内に完全撤退すると約束するならば、全てのテロ攻撃を暫定的に停止するとの意向を示した。
  撤退要求を示したのは北部サラフディンやディアラなどの要衝を支配し、石油や通商のルートをマヒさせている一派で、「イラク・イスラム軍」や、「イラク・アルカイダ」などを傘下に置く「ムジャヒディン・シューラ」などの主要テロ組織は含まれていない。
  マリキ首相は反政府組織に対し、恩赦と交換にテロ攻撃の停止を訴えているが、多国籍軍の撤退時期の明確化には消極的で、28日のテレビ演説でも、「軍と警察が多国籍軍の支援が不要と言い切るにはまだ不確か」として、撤退期限を示さなかった。  【了】

ライブドア・ニュース 中西庸記者/NK
(参照:http://blog.livedoor.jp/emasutani/
この記事に関するお問い合わせ

2006年06月29日11時28分


□イラク首相の国民和解計画、スンニとシーアの両派が不十分と批判 [ロイター]

 http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2134100/detail

イラク首相の国民和解計画、スンニとシーアの両派が不十分と批判
【バグダッド 26日 ロイター】 − イラクのヌリ・マリキ首相が25日に連邦議会に提出した国民和解計画は26日、イスラム教スンニ派と同シーア派の両陣営から、融和に向けた具体策に欠けるとして批判されている。スンニ派のタレク・ハシュミ副大統領は、ロイター通信に対し、駐留米軍の撤退時期が明記されていないことやサダム・フセイン元大統領の支持者との和解交渉が盛り込まれていない、と述べ、和解計画は不十分だとした。
  一方、スンニ派と対立しているシーア派のモクタダ・サドル師は、24項目にわたる同和解計画では、フセイン元大統領が率いていたバース党関係者に対する処罰が強化されていないとし、また、同師が指揮する民兵組織「マフディ」軍団の幹部を刑務所から解放することを盛り込むべきだとしている。【了】

ライブドア・ニュース 戸塚雅美記者/em
(参照:http://blog.livedoor.jp/emasutani/)
この記事に関するお問い合わせ

2006年06月27日15時58分


□イラク首相、国民融和指針を議会提出=多国籍軍撤退時期は不透明 [ライブドア・ニュース]

 http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2128979/detail

イラク首相、国民融和指針を議会提出=多国籍軍撤退時期は不透明
【ライブドア・ニュース 06月26日】− AP通信によると、イラクのマリキ首相は25日、宗派・民族的対立を解消させるため、テロ行為を放棄する反政府組織に対して恩赦を行うなど、24項目からなる「国民再融和」指針を発表、連邦議会に提出した。武装勢力の温床となっているとみられるスンニ派に歩み寄り、政治参加を促す狙いだが、具体策に欠け、また、焦点となっている米軍を初めとした多国籍軍の撤退期限については触れていない。
  また、こうした政府側の歩み寄りが示されたにもかかわらず、テロ組織は同日、今月3日に誘拐した4人のロシア大使館職員を殺害したと発表、その様子を収めたとする動画をインターネット上で公開した。
  一方、米当局筋は、イラク米軍のジョージ・ケーシー最高司令官が、遅くとも今秋からのイラク駐留米軍を2師団ほど削減することを上伸する計画書を起草したことを明らかにした。米紙ニューヨーク・タイムズは、同司令官の計画では来年内に現在の14旅団を5−6旅団にまで削減するものとしている。 【了】

ライブドア・ニュース 中西庸記者/NK
(参照:http//blog.livedoor.jp/emasutani/)
この記事に関するお問い合わせ

2006年06月26日11時48分


□首相、連邦議会で国民融和プラン発表 [毎日新聞]

 http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2127031/detail

[イラク]首相、連邦議会で国民融和プラン発表
 イラクのマリキ首相は25日、連邦議会で、イスラム教スンニ派武装勢力との対話などを含む「国民融和プラン」を発表した。米軍やイラク軍への攻撃を継続しているスンニ派武装勢力の大半は旧バース党員や旧イラク軍関係者で構成されるとみられ、融和プランはこうした勢力に一定の譲歩を示した形だ。


2006年06月25日21時31分

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 戦争81掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。