★阿修羅♪ > 戦争84 > 610.html
 ★阿修羅♪
ローマ法王に公開討論参加を要請 反聖戦発言に反発のイスラム法学者 [アルジャジーラ]
http://www.asyura2.com/0601/war84/msg/610.html
投稿者 white 日時 2006 年 9 月 15 日 18:07:22: QYBiAyr6jr5Ac
 

□ローマ法王に公開討論参加を要請 反聖戦発言に反発のイスラム法学者 [アルジャジーラ]

 http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2450188/detail

ローマ法王に公開討論参加を要請 反聖戦発言に反発のイスラム法学者

 【アルジャジーラ特約14日】ローマ法王ベネディクト16世のイスラム教に関する発言に対し、中東地域などのイスラム法(シャリア)学者らの間から反発と反論が相次いでいる。

 カタール大学のシャリア学者、ムハンマド・アナシュ・クバイシ博士は14日、バチカン政庁書簡を送り、ベネディクト16世がイスラム教に関して発言した内容をテーマとする公開討論会に参加するよう求めた。

 ベネディクト16世は12日、故郷のドイツ・バイエルン地方を訪れた際、イスラム教に触れ、同教の「ジハッド」(聖戦)を批判する発言を行った。また、同16世は「預言者ムハンマドは世界に悪と非人道性をもたらした」とした西暦14世紀のキリスト教皇帝の言葉にも言及した。

 この発言に今、反発と反論が飛び出し、その急先鋒となっているのがクバイシ博士。アルジャジーラネットに寄せた書簡の中で同博士は、法王発言は東西間に文化的、宗教的衝突をもたらしかねないと批判。

 その上で同博士は、「法王発言はイスラムの教えをまったく無視しており、その結果、同発言はアフガニスタンやイラクを侵略し、それを正当化している米国政府を喜ばせるだけだ」とも強調している。

 また、イスラム教は武力を背景に広められたとの法王発言について、同博士は「イスラム教徒ではなかったイラン人、パキスタン人そしてインドネシア人らが同教徒になるよう強制されたのであれば、アラブ・イスラムが力を失ってから久しいのに、彼らはどうして今もイスラム教徒であり続けているのだろうか」と反論している。

 さらに同博士は「中世の時代にイスラム教を広めたのはだれか。オスマン帝国であり、モンゴル帝国だったことをよく理解すべきだ。コーランには宗教・信仰は強制されないとの一節もある」とも指摘している。

 最後に同博士は、今の時代こそ、宗教界の指導者が東西の溝を埋めるため全力を上げねばならないのに、法王発言はそれとは逆に、火に油を注ぎかねないもので、衝撃を受けると同時に、東西間の溝がさらに広がる可能性を懸念するとも述べている。

 法王発言に反発しているのはクバイシ教授だけにとどまらず、クウェート、トルコ、パキスタンなどのイスラム学者らからも反論が出ている。ドイツ訪問中、ベネディクト16世は「暴力は神の本質とは相容れない」とも発言した。

 今回の事態に対しバチカンの報道担当者は、法王発言がイスラム教を厳しく批判したものだとは考えていないと指摘、法王発言が起こした波紋の食い止めに努めている。(翻訳・ベリタ通信=志岐隆司)


2006年09月15日16時40分


▽関連記事

イラン大統領、国連総会での米大統領との公開討論を提案 [ライブドア・ニュース]
http://www.asyura2.com/0601/war84/msg/378.html
投稿者 white 日時 2006 年 9 月 07 日 16:47:04: QYBiAyr6jr5Ac

アフマディーネジャード、ブッシュをテレビ討論に招待(シャルグ紙 翻訳は斎藤正道)
http://www.asyura2.com/0601/war84/msg/143.html
投稿者 gataro 日時 2006 年 8 月 30 日 19:22:42: KbIx4LOvH6Ccw

イラン大統領がブッシュ氏にTV討論提案=ホワイトハウスは即拒否 [AFP=時事]
http://www.asyura2.com/0601/war84/msg/130.html
投稿者 white 日時 2006 年 8 月 30 日 10:08:48: QYBiAyr6jr5Ac

朝日【米側、TV討論は「すり替え」と拒絶 イラン大統領提案】
http://www.asyura2.com/0601/war84/msg/134.html
投稿者 木村愛二 日時 2006 年 8 月 30 日 13:21:59: CjMHiEP28ibKM


□ローマ法王里帰り、ドイツ・バイエルン州訪問 [読売新聞]

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060912-00000202-yom-int

ローマ法王里帰り、ドイツ・バイエルン州訪問
 【ベルリン=三好範英】ローマ法王ベネディクト16世は11日、就任後初めて生まれ故郷の村であるドイツ・バイエルン州のマルクトルを訪問した。

 マルクトルでは、数千人の人々が法王を迎えた。法王は1927年に洗礼を受けた教会を訪れ、洗礼盤の前でしばし祈りを捧げた。

 法王は、9日から6日間の日程で、バイエルン州を訪問、ミュンヘンなど各地でミサを行っている。地元紙によると、期間中、約50万人がミサなどに参加するという。

 法王は2005年8月に就任後初の外遊でドイツ・ケルンを訪問した。その後ポーランド、スペインを訪問した。
(読売新聞) - 9月12日12時9分更新

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争84掲示板


フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。