★阿修羅♪ > 昼休み8 > 134.html
 ★阿修羅♪
事実をありのままに見ること。(これも重要な活動です)
http://www.asyura2.com/0610/lunchbreak8/msg/134.html
投稿者 吉見侑子 日時 2006 年 10 月 14 日 14:13:20: afKCtKEyD7HMA
 

・・・・・
考え方を誤まると、心は空虚になるし議論は空回りしがちであり
何より自身の進歩が得られないものとなるでしょう。

そこで侑が見つけ出した「不変の方法」を一つ。


「事実をありのままに見る」

大切なのは、そこに“あるという事実”(存在により証明しているもの)を
そのままに認める事(認める行為そのもの)であろうかと考えます。

その事実(真実)にたいして、評価を下すのは各主観(立場の違う個々人)であること。

事実認識の評価は当然分かれるでしょう。
評価の違いを巡る論争は不毛です。
  (時間にゆとりのある人はそれも楽しい部類の論争でしょう)

事実(あるいわ真実)を、ありのまま認めて干渉しない姿勢も貴重な立場でしょう。
否定しても肯定してもその事実は変わらないのですから。
事実に対し、90%の人がその事実はないと否定しても、
その事実はあるのであるから、否定に加われば結果的に同罪になるでしょう。
見方で事実の評価は分かれるものだから、
成否の論争より自ら事実(真実)を確認し見極める努力、
見極めた上でその根拠を展開する方法を取ればよいでしょう。
そして、すでに見極めている人がいるのかどうかも確認すれば、
すでに見極めた人たちと共に行動ができるでしょう。

裁判で「〜に誓ってあなたの真実を述べなさい」
というように社会的事件の一つ一つに事実があり
事実不確かな曖昧な判定を避けようと、事実が真実であることを
念押しで確認していく。社会的な事件にもその数だけ真実がある。


一般的表現でも、言葉の区別は重要。
事実は真実とも表現できるが
事実は真理とは表現できない
事実というものと、真理というものは同じ規準では測れない

事物をありのままに見る。
社会的な評価を下さない立場(主観をすぐに表現しない立場)も、
価値ある自己主張であり、無関心とは別の覚醒的存在証明ともなりましょう。

抜き差しならない過熱した論争場面で、孤軍奮闘者を守ってくれる力を
もっているのが、この覚醒的な頭の良い人々なのでしょう。


その事実(真実)に対して
真理から見ると、社会的にどうなのか
その判断が出された時、判断に合わせて
社会的に動けば波にのれる良い運動にもなるのではなかろうか


-------------------------------------------------------------------

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 昼休み8掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。