★阿修羅♪ > ニュース情報4 > 464.html
 ★阿修羅♪
【独女通信】バブル時代に流行ってたあの服、今着るのは“あり”か“なし”か
http://www.asyura2.com/0610/news4/msg/464.html
投稿者 white 日時 2007 年 3 月 05 日 22:00:31: QYBiAyr6jr5Ac
 

「スパッツ」じゃなくて「レギンス」だそうで。
http://image.news.livedoor.com/newsimage/b/8/bccb38bddaf4d48b00446f5f8c803d94.jpg


□【独女通信】バブル時代に流行ってたあの服、今着るのは“あり”か“なし”か

 http://news.livedoor.com/article/detail/3056038/

【独女通信】バブル時代に流行ってたあの服、今着るのは“あり”か“なし”か
数年前から「来る、来る」と聞いていたけれど、なかなか実感できなかった「80年代ファッションブーム」。昨年の夏あたりから、ようやく「これがそうなの?」という感じの服を街中で見かけるようになった。ボリュームのあるトップスにスパッツ。太目のベルト。ワイドなパンツ。今見ると「なんだろうなぁ、このブサイクなシルエットは」といった気持ちもある。しかし思い出せば「確かに、こんな感じだったかしら」とも思う。 “あの頃”はお金もあった。大枚はたいて高級ブランドの服を買いあさったものだった。捨てるに捨てられなかった “あの頃”のアイテムたち。あれがまた日の目を見るというのか。

ただし「リアル80年代」と今の「80年代ブーム」はなんだか少し違うよう。流行は繰り返すとはいえ、やはり「そのまんま」はやって来ないもの。一度は「時代遅れ」になった服を、もう一度身に着けるのは勇気がいる。タンスの奥から引きずりだした“あの頃”の服を眺めながら思う。
「今、これを着ても大丈夫なの?」

ここはひとつ、流行に詳しい人にそのあたりの事情を聞いてみるべきだろう。今回こちらの質問に答えてくれたのは、いくつになっても可愛い女を目指す30代女性のためのファッション誌「InRed」の編集長、大平洋子さんだ。

――今の「80年代ブーム」は、「リアル80年代」とどう違うのでしょう?

「リアル80年代はファッションに限らず“誰もやっていないことをする” “世間を驚かしてやろう”というような意識が高くて、とにかく何においても過剰で過激でした。過激さを競って楽しむようなところがあったと思います。トサカのような前髪の立ち上がり、刈り上げ、太眉、真っ赤なリップも今見るとスゴイですよね。今はそれらを過剰だなーって感じるように、もっと気分的にリラックスしてる方がいいんでしょうね。今ファッションで80年代風を楽しむなら、過激なだけでなく全体の完成度とか自分へのフィット感がより重視されると思います」

完成度重視。あの頃よりも洗練されたセンスが必要ということだろうか。確かに、あの頃の格好そのまんまをする気にはなれない。この20年で自分たちのセンスに磨きがかかったことに期待したい。

――“あの頃”流行っていた“あの”アイテム。今はアリでしょうか。ナシでしょうか。

「アリなのは、ボディコン、ポロシャツ、ラグランスリーブ、チェーンベルト、パールネックレス、ワイドパンツ、バルーンスカート、パステルカラーニット、ワンレングス、モノトーン。ジョッパーズ、肩パッド、ショッキングカラーは難易度高めでアリ。
ナシなのは、ケミカルウォッシュ、モカシン、ペイズリー、デカ衿」

ワイドパンツやバルーンスカートは、もうチラホラみかけるみたい。ボディコンがアリにはちょっと吃驚。ボディラインを取戻すモチベーションになりそう?!

――手持ちの“あの頃”アイテムを復活させることは可能でしょうか。

「アクセサリーは物によってありかもしれませんが、服は当時のものをタンスから引っ張り出して着るのは危険です。服は微妙なシルエットやディテールに今っぽさがでるので、やっぱり2007バージョンで見つけて着ることをおすすめします。
また“スパッツ”は昨シーズンから“レギンス”と呼ぶことになっているのでご注意を(笑)。年齢がバレますよ」

やばいやばい。いきなり使っていました「スパッツ」。
服はまずいっていうのは少々ガッカリ。でもアクセサリーなら大丈夫なものもあるらしい。ここはファッション誌を片手に、手持ちのアイテムの合否を決定してゆかねばなるまい。「コアなInRed読者にとっての80年代は、ジュリアナではなくゴールド、ボディコンでなくカラス族&夜霧のハウスマヌカン。InRedでは、そういう方々に楽しんでいただける提案をしていきたいと思います」と編集長。そういえばビビッドカラーのド派手な人々とは対照的に、真っ黒な服の人たちもいた。ああ、懐かしい。今自分達が選ぶファッション誌が、あの頃のどのファッションの流れを汲んでいるかを検証するのもまた楽しそう。

話を聞けば聞くほど蘇る“あの頃”の記憶。景気がよくて、いろんなものがはじけていたなぁと、しみじみ思い出す。麗しの“あの頃”と同じ服装はできないけれど、“あの頃風”アイテムを身につけることで、湧き上がる活気というものもあるはず。「今さら80年代ブームになんか乗れないわ」と言わず、リミックスファッションを楽しんでみよう。イケイケな青春の味を再び満喫するチャンスかも。(オフィスエムツー/真鍋しまこ)

■参考サイト InRed
http://tkj.jp/inred/index.html

■関連リンク 
・ミニクラブを渡り歩くお立ち台独女
http://news.livedoor.com/article/detail/3039336/

2007年03月05日12時00分

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > ニュース情報4掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。