★阿修羅♪ > 日本の事件21 > 360.html
 ★阿修羅♪
朝日新聞鹿児島版  女性教諭自殺
http://www.asyura2.com/0610/nihon21/msg/360.html
投稿者 天魔降伏 日時 2006 年 11 月 14 日 15:03:41: 8b6UqhBoidy/2
 

(回答先: 教諭自殺で中学校が父母に説明(南日本放送)【きっこの日記関連】 投稿者 天魔降伏 日時 2006 年 11 月 14 日 14:39:52)

http://mytown.asahi.com/kagoshima/news.php?k_id=47000000611010002

女性教諭自殺

2006年11月01日

 「一足先に旅立ちます」――。自殺した曽於市の市立中学の女性教諭(32)の遺書には、上司らへの非難とともに家族らへの別れの言葉が記されていた。「教員は天職」と家族に話していた彼女がなぜ、死ぬことを選んだのか。遺族が当時の上司や地元教育委員会に不信感を募らせる一方で、「パワーハラスメントがあった」と遺書で書かれた学校側は戸惑った様子を見せる。鹿児島市内で31日に営まれた葬儀には、同級生や教え子ら多数が参列し、早すぎる死を悼んだ。

http://mytown.asahi.com/kagoshima/news.php?k_id=47000000611010003

命かけてまで抗議、なぜ・・・

2006年11月01日

 「なぜ娘は命をかけてまで抗議しなければならなかったのか」。30日の通夜の席で、教諭の父親(61)は訴えた。

 家族によると、教諭は専門の音楽以外の科目も担当させられたことや、校長らから勤務態度などを何度も他の教諭の前で名指しでしかられるようになって、体調を崩したと打ち明けていた。

 「子どもたちをカウンセリングできる教員になりたい」と言っていた。心理学を学んでおり、11月に自費で京都に勉強に行くため、航空券を予約していたという。

 教諭はパソコンに、校長や教頭らを批判する言葉のほかに、母親あてに「ママ 少し先にお空にいきます。まいまいとあいちゃん(飼い猫)をよろしくお願いします。私のように甘えん坊だからね」と残していた。

 教諭は体調不良や職場での人間関係などを母親(59)に相談していた。母親は「苦しんでいたので教員をやめるように言うと『天職と思うからやめるつもりはない』『向かないんじゃない、認めてもらえないだけ』と言っていた」と涙ぐんだ。父親は「明るく、優しい子だった。何が狂ってしまったのか。何があったのかを知りたい」と声を絞り出すように話した。

 31日に鹿児島市で営まれた葬儀に参列した中学時代の同級生の女性(31)は「母親思いの優しい子だった。4月に会った時、『また会おうね』と言っていたのに」と声を詰まらせた。


http://mytown.asahi.com/kagoshima/news.php?k_id=47000000611010004

パワハラと思われ残念

2006年11月01日

 教諭の自殺を受け、勤務先の中学校には動揺が広がった。生徒たちは「明るくて優しい先生だった」と口をそろえた。校長(55)は31日の会見で、「教諭の死は本当に悲しい」とした上で「(指導を)パワハラと受け止められてしまい、非常に残念に思う」と話した。

 校長によると、教諭は02年4月の赴任以来、「学校を休みがちで遅刻が多かった」。教諭が欠勤すると授業に支障が出るため、たびたび校長室で指導したという。「指導力不足教員」とされ、10月から研修センターに移った。

 校長が、教諭と最後に話したのは27日午後3時過ぎ。電話で「体調不良のため、午後から(センターでの研修を)休みます」と伝えてきた。

 学校側は教諭の死亡が確認された29日にさつま署から連絡を受け、30日の全校朝礼で生徒に伝えた。同日の通夜に参列した職員から「家族が『自殺でした』と話した」と聞き、改めて31日の職員朝礼で報告した、としている。生徒には自殺については説明していない。

 生徒たちによると、教諭はいつも明るく、笑顔を絶やさなかった。流行曲をピアノで伴奏し、クラス全員で歌う音楽の授業は人気だった。ある男子生徒は「自分たちが好きそうな曲を選んで、いつも歌詞を書いたプリントを用意してくれていた」。

 30日の朝礼では教諭の死亡が知らされると、泣き出す女子生徒もいたという。別の女子生徒は「休み時間に、気軽に恋愛相談に乗ってくれた」と話し、「亡くなったのは今も信じられない」と悲しんだ。

 学校側は31日、生徒たちが動揺しているため、放課後の部活動を中止して帰宅させた。

http://mytown.asahi.com/kagoshima/news.php?k_id=47000000611020003

校長が生徒に説明 中学教諭自殺問題

2006年11月02日

 曽於市の市立中学の女性教諭(32)が「いじめを受けた」などと訴える内容の遺書を残して自殺した問題で、1日朝、同校では、図書室に生徒55人を集めて全校集会を開き、黙祷(もく・とう)をささげた。校長は、自殺だったことを説明し、生徒らに命の大切さを訴えた。

 校長は「生徒のみなさんに悲しくつらい思いをさせることに対して本当に申し訳なく思っています。ごめんなさい」などと述べた。生徒たちの中には涙ぐむ姿もあったという。

 同校では、1限目の授業を学級活動に振り替えて、担任が生徒たちと個別面談した。

 また同夜7時半から約1時間、保護者への説明会も開かれ、約50人が出席。校長は亡くなった教諭が研修センターに行くことになった経過などについて説明したという。

 保護者の1人は「学校側には早く先生が力を合わせ、子どもたちが学校に行きやすい環境をつくるよう要望したい」と話した。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 日本の事件21掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。