★阿修羅♪ > 日本の事件21 > 649.html
 ★阿修羅♪
短大生バラバラ殺人 大新聞は触れない「おぞましい部分」 [J-CASTニュース]
http://www.asyura2.com/0610/nihon21/msg/649.html
投稿者 white 日時 2007 年 1 月 10 日 22:13:02: QYBiAyr6jr5Ac
 

(回答先: ビニール袋に女子短大生の切断遺体…家族が事情知る? [読売新聞] 投稿者 white 日時 2007 年 1 月 04 日 12:13:48)

□短大生バラバラ殺人 大新聞は触れない「おぞましい部分」 [J-CASTニュース]

 http://news.livedoor.com/article/detail/2973519/

短大生バラバラ殺人 大新聞は触れない「おぞましい部分」
東京・渋谷区での短大生バラバラ殺人事件が明らかになってから1週間。加害者が被害者の実の兄だったことから、大手新聞では、家族間の関係のもつれを中心に報じているが、週刊誌や夕刊紙では、事件の猟奇的で「おぞましい部分」にスポットを当てている。
事件が発覚したのは、2007年1月3日22時半ごろ、東京都渋谷区幡ケ谷の歯科医師、武藤衛さん(62)が「自宅で娘の遺体が袋に入っている」と代々木署に届け出たのがきっかけだ。武藤さん宅の3階からは、長女で短大生の亜澄さん(20)のバラバラの遺体が入ったポリ袋3個が見つかった。翌4日には、亜澄さんの次兄で、歯科医を目指して3浪中だった勇貴容疑者(21)が死体損壊容疑で警視庁に逮捕された。

「妹から夢がないとなじられた」からなのか

大手新聞では、「妹から夢がないとなじられた」ことがきっかけで勇貴容疑者が激高、犯行に至った、などと報じている。その背景として、同容疑者の家は2代続けての歯科医で兄も大学の歯学部に通っているなか、同容疑者は受験に3度失敗していることを指摘している。容疑者が「鬱屈した受験生」であったのに対して、亜澄さんは女優を夢見て世田谷区で演劇の舞台に立つなど、実際に芸能人への道に近づきつつあったという。このような、加害者と被害者の置かれた環境の違いが家族内の不和を生み、それが事件の引き金になったのではないか、という見立てが大勢だ。
その一方で、夕刊紙や週刊誌は、この犯行の異常性にスポットライトを当てている。例えば1月5日には「日刊ゲンダイ」が1面トップで「バラバラ殺人 乳房抉り取る」という見出しで、遺体から両乳房が刃物で切り取られていた、と報じたほか、同日の「夕刊フジ」では、遺体は21箇所に切断されていた、などとしている。また、1月9日発売の「日刊ゲンダイ」では、容疑者が遺体から下腹部を切り取った上、はぎ取った下着を予備校の合宿に持参していた、と報じている。

「禁断の愛」をテーマとした映画に出演

さらに、「週刊新潮」1月18日号では、踏み込んだ分析をしており、犯罪精神医学を専門とする大学教授の
「極めて年の近い兄妹なので、2人の間に性的な雰囲気が漂わなかったはずはないのです。近親相姦的な要素もあったでしょう」
という刺激的なコメントを紹介している。
だが、ここにきて、被害者である亜澄さんの、これまで報道されてこなかった面も、少しずつ明らかになりつつある。
前述の「週刊新潮」と「週刊文春」1月18日号では、グラビアアイドルを目指していた亜澄さんがDVD映画に「チョイ役」ながらも出演を果たしたことを紹介しているが、問題はその内容だ。実はこの映画はR-15指定で、兄の義理の妹との「禁断の愛」をテーマとしたものなのだ。週刊新潮ではこの出演を、
「普通の親でも飛び上がりかねない内容なだけに、厳格な歯科医一家にはどれほどの衝撃が走ったか、想像するのは難くあるまい」
と評している。
家族を取り囲む様々な背景は明らかになっていくが、「兄がなぜ妹を殺したのか」という核心部分はいまだに解明されていない。


2007年01月10日21時00分

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 日本の事件21掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。