★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK28 > 1155.html
 ★阿修羅♪
政府の次のステップは共謀罪の国会可決でしょう。これも要求はホワイトハウスから出ているのです。同和利権なんて壊滅ですよ
http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/1155.html
投稿者 TORA 日時 2006 年 12 月 11 日 20:50:37: CP1Vgnax47n1s
 

株式日記と経済展望
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu133.htm
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/
--------------------------------------------------------------------------------
政府の次のステップは共謀罪の国会可決でしょう。これも要求は
ホワイトハウスから出ているのです。同和利権なんて壊滅ですよ

2006年12月11日 月曜日

◆サンプロ/部落解放同盟は悪くない-行政を糾弾する 12月10日 檀君WHO's WHO (動画)
http://kamomiya.ddo.jp/Library.html

◆西日本ところどころ 2月10日 兵頭二十八
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2006/12/#a000744

さいきん西日本方面で急に「表」のマスコミがとりあげるようになったのが「解同」ですね。解放同盟の天敵は共産党なのですけれども、東京圏では解同ではなくて同和会の方が有力に見えます。つまり行政から「対策団体」として扱われている。この2つの団体は「棲み分け」の関係。全国を西と東でほぼ二分している。

 で、この棲み分けができている理由ですが、「地理固有の文化」と関係があるのは明らかでしょう。東日本では、「住所を何度も変えれば出自は関係なくなる」と人々は思っています。関西ではそうではない。わざわざ固まっています。特に近畿のアナーキーな風土の中ではそれが安全・安価・有利と思っているわけでしょう。それゆえ「いわれある差別」ですよ。

 旧軍の刑務所施設に興味のある人でも、最も手に負えない兵隊を収監した陸軍懲治監獄がどうして関東ではなく関西(姫路師団内)に儲けられたか、東日本に生まれ育った人には、まあ見当もつかないでしょう。また、幕末のテロのメッカはどうして京都だったのかもね。反政府行為の居心地の良い環境があると考えてよいのではないですか。

 だから放っときゃ関東の差別はなくなる趨勢です。ところがそれは困るというヤクザが大日本同和会の中にも多いのでしょう。自分が行政窓口に差し出す名刺に、大きな対策団体のできるだけ高い役職の肩書きを添記できることを以て有利なことと考える。そんな考えであるうちは、東京でも「いわれある差別」は一部に残りますよ。

 同和利権には、公共事業の受注もあるんですが、それと並んででかいのが、「脱税」と「節税」です。大きな対策団体(往々、その筆頭者は被差別部落とは関係のない普通の税理士や社労士)の役職(理事等)のついた名詞を税務署員に示すことで、これまでは脱税ができた。ほんらい同和と関係ないヤクザが同和を名乗りたくなる大きな誘惑がここにあったんです。この不当きわまる担税回避特権に関しては、朝鮮総聯もまったく同じ。戦後うまれたパチンコ屋がちゃんと税金を払っていたら、あんな巨大産業にはなっていません。しばしば朝鮮と同和がフュージョンするのにも理由がありました。

 わたしが「マックKEMPOHが日本を滅ぼす」と言うのも、こういうところなんです。大蔵省の役人は、自分たちが日本で一番頭の良いリーダーであると自惚れていながら、同和に公平な課税を強制してこなかった。「法の下の平等」および「法の支配」を、国家の指導的エリートみずからが破壊してました。それで少しも恥ずるところがなかった。これが「自由を戦って守ることは致しません」と堂々と謳い上げた押し付け条約=フィリピン式奴隷契約=偽憲法の当然の帰結ですよ。エリートに、国家リーダーの精神的資格(自由の敵とは戦争する、市民を襲う野獣は殺す、という気概)がないのです。

 それで、とうとうアメリカが怒った。財務省がアメリカから叱られた。
 ここ数週間のうちに、解同系、大日本系、そして総聯の関係先に、たてつづけに税金関係(税理士法違反・等)を理由とする「手入れ」がありましたでしょう。挙げられているのはいずれも小さなタマですけど、象徴的な意味は大きいのです。動いたのは警察ですけども、動かしたのは日本の財務省です。その日本の財務省に命令を出したのはホワイトハウスです。

 意義としてはこれは大ニュースだ。けれども既成新聞の扱いは小さい。ネットの上でも、評論家はほとんどコメントしてない。たぶん誰も、その大きな背景と、今後の世の中の進むところについて、わかっちゃいないためでしょう。

 つまりですね、イラクとイランと北鮮の件で、アメリカの指導層はいまやすっかり学習してるわけなんですよ。――反自由・反民主主義的な集団にアブク銭を持たせたら、それは回りまわって「サリン・ガス」や「炭疽菌」や「テポドン・ミサイル」や「1kt原爆」に化けることになるんだってことをね。

 誰のせいで、アメリカ本土が大量破壊兵器テロの脅威にさらされることになっちまうのか……? その原因の元を糾していったら、なんと、ヘタレな日本の大蔵官僚にあると分かった。犯人を、やっとつきとめたのです。だから、日本の霞ヶ関よ、これからはヤクザに脱税させたら承知せんぞ、という一喝なんですよ。

 圧力団体の脱税ってのは今はどうだか知らないが、かつての典型的なやり口はこうです。正業のよくわからない、しかしコワモテの小ボスがいます。彼の近くに、今年、とても儲かってしまった小企業主がいる。件の小ボスは、その小企業主にもちかけます。あるいは小企業主の方から先に相談してくる。そういう付き合い関係。

 そこで小ボスは言います。「この業績じゃ、来年の税金は1000万円はとられるわな。どうや、ワシに税務対策を任してくれたらな、あんたンとこの来年の税金をチャラにしてみせるが、どや? そのかわり、こづかいとして前金でワシに500万もってきてや」。

 この「税務対策」で例の肩書き付きの対策団体幹部の名詞が税務署や自治体のしかるべき窓口に対して使われることは言うまでもありません。
 で、この500万円はどこへ行くのか? 総聯の場合でしたなら、ほとんどがそのまま北へ送られ、1980'sの核開発の原資になっていた――というわけなのです。

 政府の次のステップは共謀罪の国会可決でしょう。これも要求はホワイトハウスから出ているのです。だからもう同和利権なんて壊滅ですよ。対策団体の役員幹部の肩書きなんか名詞に明記していたら、暴対法のヤクザ名詞出し行為と同じで、それだけで検挙されるようになるかもしれません。同和と朝鮮のさらにその次は、創価学会でしょう。


(私のコメント)
今日のサンデープロジェクトは同和問題を扱ったらしい。私は最近は田原総一郎の番組はほとんど見ていない。「朝から生テレビ」にしても出席者が偏っており、番組が欠席裁判のような番組になってしまって一方的なプロパガンダを公共のテレビ放送でやっているのだ。

だから田原総一郎の番組は見ないのですが、ネットでサンデープロジェクトの録画をアップしているサイトがあったので見ましたが、やはり解放同盟に同情的なゲストだけで固めて、これでは見方が一方的になってしまっていた。ネットでどうして解放同盟が叩かれているか分からないのだろうか?

ヤクザー解放同盟ー朝鮮総連ーパチンコ屋ー北朝鮮とみんな絡んでいるのですが、マスコミは恐がって解放同盟の問題を扱ってこなかった。ところが最近は奈良県の問題が出て、関西地区では毎日のように解放同盟問題が扱われるようになっている。大阪や京都でも同じような問題が暴露されている。

東京などでは同和問題といっていますが、同和利権にヤクザが連帯して行政にたかっているようなのだ。田原総一郎氏や鳥越俊太郎氏や筑紫哲也氏の番組には絶対に同和や解放同盟に批判的な人は出さない。なぜならば彼らとヤクザや朝鮮総連や北朝鮮との関係をばらされたくないからだ。

ヤクザの構成員は解放同盟や同和や在日が出身者が過半数を占めているようですが、だから同和や解放同盟を名乗るだけでもヤクザに脅されるのと同一の効果を持つようになり行政に食い込んで利権を得るようになっていった。

更に在日や朝鮮総連や日教組やパチンコ屋などとも連帯を組んで北朝鮮への資金提供ルートを作り、、更には北朝鮮からのキックバックなどによる政治献金が政治家に渡り、野中広務などの自民党のボスが権力を掌握するようになった。野中広務は同和出身者である事を自らも認めている。

このような政治家を含めたスクラム体制は日本の国政や行政に深く食い込んで蝕んでいきましたが、マスコミはこの事をほとんど報道してこなかった。野中広務などは郵政を通じてマスコミも掌握していたからマスコミも動けなかった。

このようなスクラム体制に危機が訪れたのはアメリカのホワイトハウスが動き始めたからであり、日本のヤクザ組織を問題にして報告書が出された。兵頭二十八氏のブログによれば、パチンコ屋などの巨額な脱税資金が朝鮮総連を通じて北朝鮮に渡り金正日のポケットマネーになり独裁体制を支えている。

解放同盟や同和が在日や朝鮮総連と連帯を組むようになったのはヤクザや政治家を通じてであり現在では大阪や京都を中心に一体化している。そして税務署などに対して政治的圧力を加えて脱税特権を在日などのパチンコ屋に対して認めさせて、その脱税資金の何割かが朝鮮総連を通じて北朝鮮に行っている。

このような事はサンデープロジェクトなどでは一言も触れずに、もっぱら解放同盟に対する差別問題を取り上げて、彼らをそのようにした責任は行政にあると糾弾している。しかし彼らがどのような方法で行政を脅して利権を獲得していったかについては一言も触れない。同和や解放同盟の幹部の名刺を見せれば、行政は事なかれ主義で彼らの言いなりになってしまっていた。

しかしホワイトハウスが動いた事によって日本の闇の勢力にもメスが入れられる事になり、まず野中広務が政界から引退へ追い込められた。CIAなどが彼のスキャンダルを握って引退させたのだろう。日本の警察や検察ではこのような事は出来ない。そして食肉利権にもメスが入れられて同和利権に対してもメスが入れられるようになって来た。日本政府はホワイトハウスに逆らう事は出来ない。


 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK28掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。