★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK28 > 1184.html
 ★阿修羅♪
A級戦犯どもは、日本人にとっては国賊でもある
http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/1184.html
投稿者 Kotetu 日時 2006 年 12 月 12 日 12:32:34: yWKbgBUfNLcrc
 

(回答先: 竹槍事件>硫黄島防衛作戦における国賊東条の犯罪で巻き添えにされた老兵達 投稿者 Kotetu 日時 2006 年 12 月 12 日 12:19:29)

▼▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽(転載開始)▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▼
木村兵太郎
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

木村兵太郎(きむらへいたろう、1888年9月28日 - 1948年12月23日)は、昭和期の陸軍軍人。通称「ビルマの屠殺者」。 太平洋戦争後、A級戦犯として逮捕、極東国際軍事裁判にて死刑の判決を受ける。後年、靖国神社に合祀された。

            (略)

[編集] ビルマ方面軍司令官時代の作戦失敗
イギリス軍の総攻撃が開始され、ビルマの防衛が危機に瀕していた昭和20年4月23日、木村は前線で苦戦する隷下部隊や、日本が支援したビルマ政府のバー・モウ首相、自由インド仮政府のチャンドラ・ボース主席、石射猪太郎大使以下日本大使館員及び民間の在留邦人等を置き捨てて、幕僚とともに飛行機でラングーンを脱出、タイとの国境に近いモールメンへ撤退した。(皮肉なことに撤退行の最中に大将に昇進している)取り残された人々は、陸路で脱出を試みたが、多くの犠牲者を出した。(この時、チャンドラ・ボースは常にインド国民軍部隊の殿を歩き、渡河を行うときなどは、最後の兵が渡河を終えるまで川岸を離れなかったという。)

ラングーン放棄の10日前の4月13日、ラングーン北西部の防衛戦を指揮していた第28軍司令官桜井省三中将は、木村に対し、「戦局の推移が迅速でいつラングーンが戦場になるかもわからない。ラングーンが攻撃されてから方面軍司令官が移動しては逃げ出したことになり、作戦指導上困難が生ずる」として、「方面軍司令部を速やかにシヤン高原に前進させ、第一線で作戦を指導すべき」と進言したが、木村はこれを却下した。同様に田中新一方面軍参謀長も「方面軍司令部は敢然としてラングーンに踏みとどまり、いまや各方面で破綻に瀕しつつある方面軍統帥の現実的かつ精神的中心たるの存在を、方面軍自らラングーンを確保することにより明らかにすべき」と主張していたが、司令部の撤退は田中参謀長の出張中に決定された。

木村を含めたビルマ方面軍司令部の唐突なラングーン放棄により、方面軍の指揮命令系統は大混乱に陥り、イラワジ河西部でイギリス軍と激戦中だった第28軍は敵中に孤立し、包囲を突破して脱出したものの、多大な犠牲を出した。


[編集] 戦争責任者としての評価
ビルマ戦役における日本軍の戦死者は約14万4千人に達するが、悲惨を極めたと言われるインパール作戦における戦死者は1万8千人と12.5%であり、戦死者の約52%がこの最終段階で発生していることを考えれば、我が身を逃がすために必要な指揮を怠り、バー・モウやチャンドラ・ボースといった日本と盟友関係にある外国要人や在留邦人の保護義務も果たさなかった木村の軍人としての責任についてはビルマ戦役の生還者を中心に厳しい批判がなされている。A級戦犯として処刑されたことにより、牟田口廉也や富永恭次のように日本人サイドからの批判にさらされることは少なかったが、A級戦犯としての処刑の是非とは別に、部下や民間人、友邦の指導者等を見捨てて逃亡したとも言える彼の行動については、今後日本側からの評価が必要と思われる。

いずれも東条英機の下で陸軍次官を務め、陸軍の実力者として君臨した木村と富永の二人が、いずれも戦争末期の過酷な戦況の中で、部下を見捨てて逃亡するという軍人にあるまじき卑怯な振る舞いを行った事実は、官僚として栄進した軍人の限界を表すものとも言え、慨嘆を誘われる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E5%85%B5%E5%A4%AA%E9%83%8E
▲△△△△△△△△△△△△(転載終了)△△△△△△△△△△△△▲

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK28掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。