★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK28 > 1198.html
 ★阿修羅♪
志位委員長インタビュー「小沢代表は民主党をもう一つの自民党にした」 [読売ウイークリー]
http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/1198.html
投稿者 white 日時 2006 年 12 月 12 日 17:14:57: QYBiAyr6jr5Ac
 

□志位委員長インタビュー「小沢代表は民主党をもう一つの自民党にした」 [読売ウイークリー]

 http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20061212-02-0202.html

2006年12月12日
志位委員長インタビュー「小沢代表は民主党をもう一つの自民党にした」
来年の参院選に向け、永田町では、各党間の駆け引きが活発化している。そのカギを握る共産党の志位和夫委員長に、民主党との距離感や安倍政権の評価などを聞いた。
民主党との選挙協力など、今後の野党共闘をどう考えるか。
 「今後数年の最大の問題は憲法です。民主党は、憲法9条を変えて海外で軍事活動をするという点で、自民と違いはない。自民、民主を含めた改憲派をいかに孤立させていくかが大事です。国政選挙での協力には、国政の基本政策の一致、協力する意思、ギブ・アンド・テークが必要です。これを考えれば、国政選挙で民主党と協力する条件がないことは明瞭です」

国会では民主党と足並みをそろえ、沖縄県知事選では、野党統一候補を擁立したが。
 「国会で与党の暴走を食い止めるために、一定の連携をとることはあります。たとえば、教育基本法の政府案に反対することで一致しました。沖縄県知事選では、5党で政策協定を結びましたが、これは、地方政治だからです。地方政治なら、日米安保条約に対する違いがあっても、政策協定は結べますが、国政では棚上げにはできません」
 
 11月19日投開票の沖縄県知事選は、民主、共産、社民、国民新、新党日本の各党が糸数慶子・前参院議員を推薦。これに先立ち、国会では教育基本法改正案の審議を野党各党が欠席し、政府・与党との対決姿勢を打ち出した。だが、知事選では自民、公明両党が推薦する仲井真弘多・前沖縄電力会長が当選し、これを受けて野党は審議に復帰した。民主党の小沢一郎代表は、野党共闘について「沖縄で負けたから変えるなんてバカなことはない」と強調し、野党間の選挙協力に向けた努力も引き続き進める考えを示している。

来年の参院選で与党を過半数割れに追い込んだ場合、首相指名選挙で、共産党が小沢代表に投票する可能性は。
 「原則的な対応、独自の対応をやろうと思っています。民主党が自民党よりましだ、とは簡単に言えないんですよ」

橋本政権が倒れた後の1998年の首相指名選挙では、民主党の菅代表に投票したが。
 「菅さんの時代と、今の民主党は、ずいぶん性格が変わりました。03年に小沢さんの自由党が民主党に合流してから、民主党は、もう一つの自民党になり、自民党と憲法改正や増税を競い合っています。そういう二大政党づくりの流れを打ち破っていくのが重要です。今度の参院選は、与党が過半数を割るかどうかが最大の焦点といわれますが、自民党が減っても、民主党が伸びたら政治は変わりません。二大政党を打ち破る勢力、私たちが前進できるかどうかが大事です」

小沢代表をどう見る。
 「小沢代表は、自民党との対立軸路線ということを強く言っています。ただ、政治の中身で対立は見えません。防衛庁の省昇格も、憲法にかかわる大問題でした。だが、結局、最後は民主党が賛成してしまう。あらゆる問題でそうです。教育基本法でも国会戦術上は連携しましたが、内容的には民主党には強い批判をもっています」

安倍首相になって、中国、韓国と関係改善の兆しが見える。
 「安倍さんは、首相になるまでは過去の戦争を正当化する流れの中にいた。だが、今度の国会で村山談話も河野談話も認めました。そうしたなかで日中首脳会談が再開されたことは歓迎します。ただし、問題解決の出発点に立っただけです。首相は、靖国参拝問題は、あいまい戦術をとっていますが、村山談話を認める以上は靖国神社に参拝しないのが当然の帰結です。また、河野談話では、従軍慰安婦問題を未来の世代に伝えていくことを誓約しています。それをどう実行するかが問われています」
 
 「村山談話」は95年8月15日に、村山富市首相が発表。過去の植民地支配と侵略に「痛切な反省」と「心からのおわび」を表明した。宮沢内閣の河野洋平官房長官が、93年8月4日に発表した「河野談話」は、従軍慰安婦の募集などに、旧日本軍の関与と強制性があったことを認めた。さらに、「歴史研究、歴史教育を通じて、このような問題を永く記憶にとどめる」ことを明言した。

北朝鮮の核実験などへの対応や、郵政造反議員の復党問題をどう見たか。
 「北朝鮮の問題では、中国、米国は6か国協議再開のために外交的努力をし、米中朝3国で再開が合意されました。ところが、日本の政府・与党は、周辺事態法の発動や、核兵器保有の是非の議論など、きな臭い話ばかりしていた。日本は米国の軍事の対応に従うことは熱心ですが、外交にはついていけない。それが今回の問題ではっきり表れました。これでは未来はありません。
 復党問題は自民党内部の問題じゃない。復党した人は郵政民営化反対を掲げて当選しました。賛成に変わるのは、公約違反です。また、自民党は郵政に賛成した議員と反対した議員で議席を二重取りすることになる。国民への背信行為です」

共産党は伸び悩んでいる。
 「共産党は自民党の体制を大本から変えようと言っている政党です。風当たりも強いですよ。結党から今年で84年ですが、順風満帆というか、楽な時期はひとときもありませんでした。我々が前進すれば相手は封じ込めにかかる、それを打ち破って次の前進を図る。その繰り返しです。90年代後半に国政選挙の得票が800万票を超えましたが、向こうが二大政党という戦略をもってきて、かなり後退しました。でも、去年の総選挙は持ちこたえることができた。次は反転攻勢をと思っています」

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK28掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。