★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK28 > 1489.html
 ★阿修羅♪
「防衛省」は『警備庁』に変えよう。 自衛隊は『警備隊』に変えよう。その為に自民党を野党に追い遣ろう。
http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/1489.html
投稿者 新世紀人 日時 2006 年 12 月 18 日 13:15:27: uj2zhYZWUUp16
 

自衛隊を限りなく軍隊に向けてゆくのが自民党だ。
防衛庁を限りなく国防省に向けてゆくのが自民党だ。

しかし民主党も、
「国際貢献」の為ならば、「日本軍」を海外派兵して戦闘をさせようと考えている。

しかし、アフガニスタンでNATOはアフガニスタン国民の意思と思惑を踏みにじり、安定的民主国家を造りだす事は出来ずに、挫折するに至っている。傀儡政権を守っているだけに過ぎない。
将来「日本軍」が国連決議に従って「軍事行動」を前提として海外派遣されたとしても諸外国と同じ行いを取れるだけの事であり、最悪の場合にはアフガニスタンでのNATOの挫折と同じ運命を招くだけの事である。

従って日本は、自民党が如何に軍国化を進めることを努めても、
これを支持しない国民は
今後の国際紛争に対しては
「調停団としての外交チーム」の派遣

「医療・生活援助チーム」の派遣
に限って提供する事を目指すべきである。

民主党の小沢党首は、国連の要請に応ずる為の「国連待機部隊」を創設したいと考えておられたようであり、今では自衛隊をその方向に沿ったものにしてゆきたいと考えておられるのではないか。
しかし、それはNATOのアフガニスタンでの挫折を追体験するものにしかならない筈だ。

再度言う。
今後の国際紛争に対して日本は、軍事的介入を放棄し拒否すべきである。
その為に、私は上に二つのチームを派遣できる用意を常にしておく事を提言したのだ。

「軍隊」に向かう「自衛隊」

「国防省」に向かう「防衛庁」(来年からは「防衛省」)
の存在は
軍備の拡大化に向かうものであり大いに危険であるので

「警備隊」

「警備庁」(取り敢えず「警備省」)
に再編すべきである。

即ち、自衛隊発足当時の「警察予備隊」の位置付けを見直して其処に戻すべきである。
日本の領土と主権一般を守る警察活動を行う事を目的とする実力組織に再編し直すべきなのである。
核兵器とそれに順ずる危険な兵器は知識の蓄積と研究に留めて「配備」は行わない事を決定し公言すべきである。

[資料]
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/jieitainoennkakutosinnboutaikou.htm
自衛隊の沿革と新防衛大綱
1.警察予備隊の創設
(前略)…同政令による警察備隊の任務は,「国家地方警察及び自治体警察力を補うため」のもの(警察の任務の範囲内)であったが,…

国民の運動として政権交替を目指すとき、
単に大政党の民主党への交替を"お任せ"して期待するのではなく、
政党に対して、憲法擁護や平和的防衛政策や平和的外交政策などを具体化して提供し、政策としての実行を迫って圧力を掛けて政権交替を計るべきではないのか。

民主党も政権交替後の教育基本法の再改正を語っているのであるから。
郵政民営化も再改正される可能性もある得るのだ。

民主・鳩山氏、政権取れば教育基本法再改正(日経)
http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/1482.html
投稿者 天空橋救国戦線 日時 2006 年 12 月 18 日 08:42:26: ZtsNdsytmksDE


 2 81 +−

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK28掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。