★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK28 > 536.html
 ★阿修羅♪
沖縄県知事選の結果について、マスコミの民主党への悪意に振り回されてはならない(森田実の言わねばならぬ)
http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/536.html
投稿者 天木ファン 日時 2006 年 11 月 26 日 14:58:37: 2nLReFHhGZ7P6
 

2006.11.25(その1)
森田実の言わねばならぬ[508]

沖縄県知事選の結果について、マスコミの民主党への悪意に振り回されてはならない。冷静で理性的な対応が必要である――沖縄県知事選の結果に関する友人からの電話とFAX

「力なき正義は無効であり、正義なき力は暴圧である」(パスカル)
[正義を貫くには力が必要である。正義なき力ほど危険なものはない。自公連立政権は正義なき力である]

--------------------------------------------------------------------------------

 11月19日の沖縄県知事選が終わってから、何人かの友人から電話をいただいた。
 一人は、沖縄に知人の多い民主党前議員で、糸数陣営の応援に沖縄へ行ったAさん。
 「創価学会の組織力にやられた。政府・自民党の資金力に負けた。それからもう一つ、寄り合い所帯的な糸数候補の選挙体制がうまく機能しなかった。大新聞は小沢戦略がどうのこうのと書いているが、小沢民主党代表はよくやった。もともと沖縄には民主党の組織がほとんどない。沖縄に根を生やした国会議員もいない。沖縄で野党側が保守勢力(自民+公明)に勝つには全野党共闘以外にない。沖縄では全野党共闘が必要です。大新聞の記者は沖縄のことがわかっていない。民主党議員の多くも沖縄のことを知らない。小沢さんは頑張ったと思う。小沢代表批判は筋違いです」

 もう一人は、沖縄に友人の多い社民党関係者。ベテランのオルガナイザーのBさん。
 「自民党と財界、創価学会が全力を挙げ、すごい力を発揮したことは事実。しかし、勝てない戦いではなかったと思う。全野党連合以外に自公連合に勝つ方法はないので、今回全野党共闘ができたことは当然だ。しかし、共闘がうまくいかなかった。内部がきちんと機能しなかった。たとえば、東京から多くの文化人が糸数候補の応援に沖縄へ行こうとしたが、現地に受け入れ体制がないということで受け入れられなかった。全国の反自公勢力を沖縄に総結集することができたら、もっとよい戦いができたと思うが、それができなかった。残念です。また出直しです」

 三人目は新聞記者OBのCさん。 「沖縄県知事選後、何か表現しようもない深刻な閉塞感を感じています。強すぎる自公体制、強大な選挙宗教団体の創価学会、この政治体制を日本国民は、変える気はないのか、何をしても変えることができないのか、小沢一郎民主党代表の力をもってしても自民・創価学会連合のパワーには勝てないのか、もう何をやってもだめなのかという閉塞感に襲われています。日本の政治が創価学会という巨大宗教団体に支配されているという現実はどうにもならないのですか。やりきれない気分です」
 私はCさんにはこう答えた。
 「沖縄県知事選では、またも創価学会パワーにやられたけれども、同日行われた福岡市長選では民主党・社民党が支援した吉田候補が勝った。尼崎市でも野党が自公候補に勝った。11月12日の福島県知事選では前民主党参議院議員の佐藤雄平さんが自公候補を圧倒した。10月29日の旭川市長選でも民主党候補が『自公』に勝った。民主党などの『反自民・創価学会勢力』は、全国的に見ると善戦している。全国でいっせいに行われる来春の統一地方選や夏の参議院議員選挙では、創価学会のパワーは分散される。創価学会パワーは一点集中的選挙戦では威力を発揮するが、分散したら大したことはない。恐れることはない。2007年の春と夏の決戦では、反自民・創価学会勢力に勝つチャンスはある。沖縄では民主勢力が創価学会に敗れたが、こんなことはいつまでもつづくことはないと思う。
 選挙は勝たねばならないが、負けることもある。しかし、いちばんよくないのは、負けたときに、闘志を失うことである。負けたときには、“次はやり返してやる!”と強い決意を燃やすことが、次の戦いに勝つ道だと思う。どうか閉塞感は早く克服してください」

 大新聞によると、民主党内では、小沢一郎代表が共産党を含めた全野党共闘をしたことに対する批判があるという。これが民主党内で大問題になっているという。だが、調べてみると、大新聞が報道していることはオーバーである。マスコミ報道は不正確である。
 しかし、「全野党共闘」への批判があるとすれば、それは議論はあまりにも幼稚な議論である。沖縄では、強大な「自民・創価学会連合」に勝つには全野党共闘を行う以外に道はないのだ。このこともわからないようでは沖縄の選挙を語る資格はないと思う。
 国会においても、全野党の協力が必要である。「自民・創価学会連合」は、ファシズムと同じ強権政治を実行している。これに打ち勝つためには、野党戦力の総結集が必要である。全野党共闘は今後もどんどん広げるべきである。創価学会権力は危険すぎる。

 ここまで書いたとき、埼玉県のMAさん(37歳)から次のFAXが入った。
 尼崎市長選のことである。
 《沖縄県知事選や福岡市長選にかくれてあまり話題になっていませんが、尼崎(兵庫)の市長選で現職の白井文候補が自民・公明推薦の谷川正秀候補(父親は自民党の谷川秀善参議院議員)を破りました。39.87%という低い投票率にもかかわらず、5万3000票余りの大差をつけての勝利でした。
 当選 白井 文 10万1388票(野党統一候補)
谷川正秀  4万7487票(自公推薦候補)
 しかも尼崎は公明党の冬柴前幹事長(現国土交通相)の地元であり、自民党は町村元外相や鴻池元国務相ら国会議員のほか県議、市議など多数が応援に駆けつけ、公明党の組織的な支援もあったが及ばなかった。
 この勝利、市民パワーが勝ったのです。いろいろな市民団体の人々やネットワークを通じての選挙支援がありました。野党はこのように統一して力を合わせて、このような人々と頑張れば勝てるのです。
 森田さん、この尼崎市長選のことを、多くの人たちに知らせてください。》

 マスコミが公平な報道を行っているなら、福岡市長選、尼崎市長選、旭川市長選などの野党の勝利は国民に伝えられただろう。民主党などの野党は着実に前進しているのである。2007年の与野党逆転・民主党など野党の勝利は十分に可能である。政治の流れは、着実に政権交代へ向かっているのである。  

http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C03059.HTML


 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK28掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。