★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK28 > 600.html
 ★阿修羅♪
【問われる本土の意識】仲井真氏が勝利した沖縄知事選 「県内移設容認」は早計―「毎日新聞」記者の目
http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/600.html
投稿者 天木ファン 日時 2006 年 11 月 28 日 11:59:11: 2nLReFHhGZ7P6
 

仲井真氏が勝利した沖縄知事選=三森輝久(那覇支局)

 ◇「県内移設容認」は早計−−問われる本土の意識

 米軍普天間飛行場の移設を最大の争点とした沖縄県知事選は、政府との協調と経済振興を訴えた自民、公明推薦の仲井真弘多(なかいまひろかず)氏(67)が、反基地を鮮明にした反自公の推す糸数慶子前参院議員(59)に約3万7000票差をつけて初当選した。県民は政府との対立を避けて現実路線を選んだと受け止められているが、基地の県内移設を積極的に容認したと考えるのは誤りだと思う。仲井真氏はそのことを念頭に、政府との協議にあたるべきだ。

 県民は、これまでの知事選とは比較できないほど難しい選択を迫られた。日米両政府が普天間飛行場のキャンプ・シュワブ沿岸部への移設(沿岸案)を条件に、嘉手納基地以南の6基地の全面・部分返還と在沖海兵隊8000人のグアム移転を実現させると約束したからだ。

 「沿岸案をのんでくれれば、人口密集地にある嘉手納以南の基地を返し、海兵隊も大幅に減らしますよ」。日米両政府はこう言って決断を迫った。逆に言えば「普天間の県内移設を拒否したら、負担軽減もないよ」である。沖縄では保守系の首長でさえ「脅し」と受け止め、反発した。

 仲井真氏は「沿岸案には賛成できない」と言いながら「県内移設もやむを得ない」と、あいまいな態度に終始したが、「脅し」は仲井真氏に、むしろ追い風になった。国外移設を主張する糸数氏が、県民の「移設拒否を貫けば、結果として普天間は動かず、負担軽減もないのではないか」という不安を消し去る方策を示せなかったからだ。「反自公」で結束したとはいえ、各党の主張の違いから演説やポスターの文言を巡ってまで対立を繰り返した糸数氏陣営に、米軍再編による負担軽減に勝る対抗軸を打ち出す力はなかった。

 「現実的判断」をした県民の普天間移設を巡る興味深いデータがある。毎日新聞と地元の琉球放送が投票日に実施した出口調査によると、仲井真氏に投票したと答えた有権者の31%が普天間の県外、海外移設を望んだ。県外移設が実現するまでの暫定ヘリポート案を含めると60%に達する。これに対し、沿岸案賛成は32%しかない。つまり、仲井真氏を支持はするものの、普天間の県内移設には依然として抵抗を感じる有権者が多いということだ。

 ねじれた感情の背景には、県民の「基地疲れ」もあったと思う。普天間返還は95年の少女暴行事件後、政府が「沖縄の負担軽減」策として検討したが、96年の日米特別行動委員会(SACO)合意、今年5月の米軍再編最終報告ともに県内移設が条件だった。

 知事選の最中に「どうせ基地はなくならない」という声を何度も聞いた。有権者の4分の1近くが住む那覇市では「那覇に基地はないから、経済振興を期待したい」との声も多かった。普天間移設を争点にした98年の知事選に比べ、仲井真、糸数両陣営が「盛り上がらない」とこぼしたのも、あきらめに似た県民感情があったからではないか。

 同時に、私には知事選の争点に対する違和感があった。98年に同じ現実路線を強調して当選した稲嶺恵一知事は結局、普天間を動かせなかった。この「失われた8年」をどう受け止めるのか、県民の声を聞いた時のこと。普天間飛行場のフェンスそばに住む女性はこう問いかけてきた。「なぜ沖縄だけが安全保障問題を知事選の争点に問われなければならないの? 国全体の問題でしょう? (本土の)記者がそんなことを聞くことがおかしい」

 「そうかもしれないが、県民の意思を示す機会であることに変わりはない」と反論した。だが女性は間髪入れずに返した。「(96年に基地の整理縮小の賛否を問うた)県民投票で答えを出した。名護市だって(海上ヘリポートの是非を問う97年の)住民投票ではっきり答えている」。彼女は、「基地を長くウチナーンチュ(沖縄人)に押しつけたヤマトンチュー(本土人)にこそ問われなければならない。知事選で問うと考えるのがおかしい」と、切り返したのだ。押しつけられた不条理の下で選択を迫られることへの憤りだった。

 政権政党の支援、野党側のふがいなさなど仲井真氏に有利な要因があったにもかかわらず、糸数氏が投票者の46%に当たる約31万票を獲得した事実は重い。根強い反基地感情の証左とみるべきではないか。

 沖縄県民に選択を迫るのは常に本土に住む人たちだ。その自覚がないまま、知事選結果をもって沖縄が普天間の県内移設を受け入れたと単純に受け止めるのは早計であり、おごりでしかないと思う。仲井真氏、糸数氏それぞれの票に、基地のない島を願う県民の思いが込められている。

==============

 「記者の目」へのご意見は〒100−8051 毎日新聞「記者の目」係へ。メールアドレスkishanome@mbx.mainichi.co.jp

毎日新聞 2006年11月28日 東京朝刊
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/kishanome/

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK28掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。