★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK28 > 620.html
 ★阿修羅♪
談合はいけないなw アメリカ様が命令しているんだから(爆)
http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/620.html
投稿者 アメリカ言いなりでヤコブ病 日時 2006 年 11 月 28 日 21:55:20: VBcCXSNG7zBAY
 

談合はいかんなw
アメリカ様が日本社会を乗っ取りできないじゃないか(爆)
地方のシャッター街も残業代廃止もアメリカ様の命令なのだwww
簡単に言えばそういう事だw

http://tokyo.usembassy.gov/j/p/tpj-jp0260.html#競争詳論
IV. 談合に対する措置
 談合は、競争と日本の納税者の両方にとって有害であり、競争原理と独禁法を尊重する気持ちを損なう。特に、政府の職員による談合謀議への支持や支援は最も有害である。談合を大幅に減らすため、米国は日本に対して、以下のことを求める。

IV-A. 官製談合防止法の履行 最近制定された官製談合に関する法律を、完全に実施するための措置を講ずる。その措置には以下のものが含まれる。

IV-A-1. 政府職員の談合関与の有無を判断する手続きの公取委による採用

IV-A-2. 各省庁が要求する調査を行なうのに必要な資料その他の支援を当該省庁の長に提供するための手続きの公取委による実施

IV-A-3. この法律によって規定されている調査を実施する責任のある「指定職員」の当該省庁による任命

IV-B. 談合参加者から過剰請求分の徴収 国土交通省を中心に公取委や関係各省庁参加のもと、談合によって生じた過剰請求の算定方法と、談合参加者からそのような談合の過剰請求分を徴収するのに必要な行政手続きを政府全体で検討し、2003年5月までに過剰請求分の効果的な徴収手続きを確立することを目指す。

IV-C. 地方自治法に基づき提出された民事訴訟への支援 地方自治法第242条に基づき起こされ、談合による過剰請求から生じた損失を地方自治体に回収させようとする民事訴訟は、納税者と社会への利益となるという観点から、そうした訴訟に関して妥当な支援を裁判所に提供する。その支援には以下が含まれる。

IV-C-1. 公取委によるこうした訴訟に関連する情報や資料の提供

IV-C-2. 公取委や他の関係省庁による過剰請求の算定に関する専門知識の提供

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK28掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。