★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK28 > 830.html
 ★阿修羅♪
教育基本法改正案:「改正案反対」は賛成のコマで「改正案賛成」は従順な愚民?〜改正案反対なら国会前でなく夕張に行け!〜
http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/830.html
投稿者 天空橋救国戦線 日時 2006 年 12 月 04 日 07:03:38: ZtsNdsytmksDE
 

(偽善者キツィこのブログ)

http://blogs.yahoo.co.jp/higasitoyokazu/24822459.html

ヒューマンチェーン(ヒューマンチェーンなのに人命救助にならないだろう?画像)

http://www.youtube.com/watch?v=ay8mSCMl8RI&eurl=

シュプレヒコール(お粗末な合唱劇か?騒音か?の画像)

http://www.youtube.com/watch?v=PlEn0DxGHlY&eurl=


教育基本法改正案に対して、各地で団体・個人によってデモ行進やカンパを募られ、集会等が開催されたようだ。そして12月6日から8日、3度目の国会の前の座り込みを呼びかけているようだ。

日本教職員組合(日教組)も集会を行いその後は都内をデモ行進して、今年7回目?のシュプレヒコールを上げたようだ。

組合員延べ約1万5000人が動員されたようで、殆どが現役の教職員で、交通費や宿泊費、食費は日教組が負担したようだ。

ビラ作成や新聞への意見広告掲載費も組合費から支出しており、反対運動への支出は約3億円に達する見込みだという。

以上のニュースや画像のナチスでもあるまいしと思ってしまうお粗末な合唱劇のシュプレヒコールや人命救助にならないヒューマンチェーンをみていると何とも無駄なことをしているんだろうと思ったり、政権を際立たせる「自民党のヤラセなの?」と思ったりもする。「寒ぶいよ」と思った人もいたであろう。

「本当に改正案の反対しているの?」と思たりもする。

画像等の反対派が改正案の賛成に偏重するだけのものに思えてならない。

ブログの世界もそうだ。改正案反対の人のブログをみれば反対派内の連帯と発展的閉鎖はあったとしても社会全体の発展性のない楽しいサークル活動といったものが殆どだ。そして情報ばかりの内容のない転載が多くみられる。

逆に改正案賛成の人のブログをみれば賛成派内の連帯と錯覚するものと発展的閉鎖はあったとしても社会全体の発展性のない楽しいというよりは仰仰しいサークル活動といったものが殆どだ。そして内容のない仰仰しいタイトルのみの殆ど洞察のない新聞記事の貼り付けが多くみられる。

勿論、ブログにおいては気の合う同士が集まる傾向にあるのがひとつの特性であろう。

しかし、その正反対に気の合わないものを含めた不特定多数のものを集められるという特性もあるように思う。

様々な禁止事項を設けて偏った社会形成している自己満足ブログもありますが、それでは何の発展性もないように思ている。

異分子を排除するのではなく、何がわかっていないのか、どうしたところに疑問があるのか、どこに拘りがあるのか、どこにスキ間や欠点があるのかなどを抑えるひとつの情報として捉えて進化してもらいたいといつも思っている。そしてその情報からうまく咀嚼して新たな情報を発信してもらいたいと願っている。

ブログ等はニホンの将来を憂いているのではなく、単なる自己満足の代理政争のようになってしまっている。

勿論、民主主義という数の論理が幅を利かせている以上そこを避けて通れないだろう。

ならばもっと「敵対するものを理解しろ!」とあたしは言いたい。

幼稚なメディア戦略から無能だとしか言いようがない世耕弘成ら如きに翻弄されているようでは改正案反対が盛り上がる機運など絶対に来ないであろう。

また無能な世耕弘成ら如きに素直に翻弄されているようでは改正案賛成によって官僚や一部の富裕層などの支配を強めることになり多くの国民は苦しむことになるであろう。

世耕の浅知恵からであろう?中川昭一政調会長が「高い給料をもらいながら政治活動していいのか」と教師が平日も国会前でのデモに参加していることを非難していた。

それに対して日教組は「授業代行を他の教師に頼み、年休を取って活動している」と組合費支出や運動の正当性を強調していたようだ。

さて、どちらが国民に説得力があるだろうか。あたしは本当に改正案反対を謳うのであれば、揚げ足を取られ誤解を招きそうな行為は国家公務員に準ずる教育公務員特例法の見地からも「教師らの行為は好ましくない」と言うわざるおえないし、教師のストで1時間目が流れ自習とされたあたしの経験からもそれを強く主張したい。よって国民の多くもおそらく18年1ヶ月、年金未納の中川政調会長を支持することであろう。

あたしはそれを自分らの置かれているポジションの認識と国民を意識しているか否かの差だと考えている。或いは自分がたとうとするポジションの認識と国民を意識しているか否かの差だと考えている。

米国の占領下にあるという深層心理の負い目からの反動というものもあるのだろうが、それと長い間、学校教育において「世界平和」「反戦」「反核」etc.という旗じるしのもとに動機付け(モチベーション)を行い、意識変革という名の自虐的教育の反動が国民の思考停止を生んだように思っているものは少なくはないであろう。そうであるなら『指導という名の洗脳だ』と言うべきものがなされた結果、今の改正案反対派に大きくたち塞ぐ現状にあるように思えてならない。改正案反対派、特に教職員や日教組はその総括を行い明確な解答を示すべきであろう。それをなしにしての運動は単なる自己満足となることであろう。

また逆に「指導という名の洗脳だ」と感じている改正案賛成派ならば、指導という名の洗脳が日教組を中心とした教師レベルではなく、再び国家レベルで教育基本法「改正」によってなされつつあるのかもしれないとう危険性を認識すべきであろう。
その根拠は2001年から2006年度にかけて総額19億9094万円に上る運営経費をかけて開催された政府主催のタウンミーティング(TM)においてもその危険性を理解しないまま国民を手のひらににのせて台本通り、官僚らによって管理教育ならぬ管理偽装TMが遂行されたことにある。はっきり言えることは誰かが得をしたということだ。そしてそこが官僚の天下り先となる懼れがあるということだ。

その日教組教育というべきものや政府主催のTMを含めたセミナー的手法の危険性に関しては以下のURLで特定されないように以前限定で人としてやってはいけない行為として記載しましたが…。(たいした記述ではありませんが本当に素質のある教える側の方や欧米化していない方でしたら共感してくれることでしょう)

http://blogs.yahoo.co.jp/higasitoyokazu/24529591.html

ネットにおいては様々な場面で緊急アクションとして、転載を呼びかけたり、電話やFAXでどんどん申し入れを呼びかけたり、集会や座り込みを呼びかけたりetc.よく目にする。

しかしそれらの行為は昔から左巻き連中が用いている暴力に近いものだと感じるものも少なくないであろう。或いはどこかのカルト教が用いた手法だと感じるものもいるかもしれない。

そういうことからも賛成派にしろ反対派にしろ、そういう手法は避けるべきであろう。『逆褒め殺し』になりかねないからだ。

日教組によって教基法改正阻止に3億円投入されたようだが、無駄遣いにしか思えないお金を使われた組合員は怒るべきであろう。あたしなら偽装脱退して時代に一致する新しい組合、『新日本教職員組合』でもつくり、組合費を有効に使ったであろう。

改正案反対派は崖ぷち犬や広島ドッグパークに乗り込んみお金などの不透明さが問題となっている動物愛護団体アークエンジェル(下記参照)を見習うべきであろう。つまり運動の方向性をメディアを意識したものにしなければならないということだ。

そして市民レベルに咀嚼して活動を訴えることであろう。

逆に改正案賛成派はそうした手法を認識して今の自分の現状を洗い直すことが必要のように思える。

例えば改正案反対派に関して特化して言えば「最後の最後まで反対するぞ!」「教育に格差をもたらすな!」などとシュプレヒコールを上げるのなら何故、財政再建団体移行を決めた夕張市に乗り込まないのか。夕張市の教育を含む福祉がどういう状態なのかを想像しての国会に卍固め(アントニオ猪木元議員の必殺技)なら応援したくもなるが、「ヤンキーじゃないのだから座り込んでどうするの?」「駄々っ子じゃあるまいし」「自己満足か!」と言いたくなるものもいるであろう。そうした行為は官僚や政権与党そして公安維持のための応援にしかあたしには映らない。

北海道拓殖銀行同様にみせしめになりつつある夕張市の再生を図るNPO法人「ゆうばり観光協会」の設立総会に伴い、吉永小百合さんからの賛助会員参加表明と、「喜んで協力させていただきます」とする内容の激励メッセージをだしている。

盆暗教職員らで国会前でヤンキーごっこで自己満足と捉えられるよりは、国会に卍固めをすべく、組合でNPOを立ち上げ夕張市に乗り込み悲惨な状況を撮影して市民負担増の問題、第三セクター「石炭の歴史村観光」に象徴される箱物行政の問題、お年寄りの福祉問題、そして夕張の教育問題等をメディアをうまく利用して再度視点をかえて伝えてもらいたい。そして教育を含む福祉の充実とカンパを呼びかけてもらいたい。

そして「これが官僚らがなそうとする我が国と郷土を愛するということなのか?」「国際社会の平和と発展に寄与する態度とはこういうことなのか?」「公共の精神とは夕張にあるということなのか?」と言葉ではなく、映像にメッセージをのせて(メタファーで)国民にうったえてもらいたい。つまり崖ぷち犬的物語性を重視しろということだ(小泉前総理は自分で物語をかいてワンフレーズを武器に演じていたように思います)。どうにでもとれる直接的表現では人の心は動かしにくいということだ。

そうしたメディア戦略なしでは世耕らの幼稚で腐ったメディア戦略でさえも勝てないということだ。

政権与党の優秀さ、(言い換えれば質が悪いさ)はそうした構造を認識していて反対派をよく研究していることだ。

痛みを伴う改革で国民を虐げつつも手を差しのべるのも別の派閥の政権与党。言い換えれば利用したり、利用できる能力のあるのも政権与党。議員年金や議員の半分の削減を叫ばれていたが何処吹く風といった感じの政権与党。官僚の天下りに関しても同じことが言えるであろう。

これを自作自演と言わずして何なのかということだ。

日教組が投入された3億円があればどれだけの人が救われたであろうか。そして天下りいっぱいの官僚政治の問題を追求できたであろうかと思うと残念でならない。

コツコツする場所の違う自己満足活動家は卒業して、世論の支持がなくても過半数さえあれば何でもできる、と錯覚している政治家や官僚らの傲慢さと怠慢さに怒りの延髄切りで、この国の民主主義という名の単なる多数決の衆愚政治を制してもらいたい。 そのためには国民のアレルギーとなっている国旗・国歌のセレモニーぐらいは大きな信条のためにすすんで実行してもらいたい。取り戻しにくい公共性よりも後でも取り戻せる自分の小さな信条に拘るのならそれはそれでよいが、それを重視すれば現在の状況においては大きなことは成し得ないであろう。

いろいろ長々書いたが、教育内容の論議ではなく政争の話ならばそうしたことを再認識して活動するしかないということだ。

前政権では既成概念である因習を壊した偽装と新しいものを示したフリをしたため支持されたが、今度は本当に己自身を壊し、本当に新しい実践を示した方が勝つことになるであろう。

「広島ドッグパーク」アークエンジェルズ問題 画像

http://blogs.yahoo.co.jp/higasitoyokazu/24822175.html

←ココをクリックした後行ってください

■ コメントいくつか抜粋 ■

■確かにメディア戦略という点で、市民運動側が遅れをとっているのは間違いない。多くの市民集会は、動画配信されていないため、貴重な話が伝わらない。 ヒューマンチェーンだって、生中継をみて関心をもった人がもし10万人集まれば、与党も無視はできない。 サウンドデモでの異常な警備体制、不当な逮捕劇が生で伝わったら、多くの方が権力の怖さを知ることになる。 旧来の市民運動に使う予算の1割をネットを利用した運動に使おう。メディアが伝えないなら、自分で伝えよう。映像を、動画を、今すぐ!携帯を使い、PCを使って!

■ヤメ蚊 さん朝早くからの訪問コメントありがとうございます。市民運動を活発にしたいのならば新しい運動のカタチが必要のように思います。そしてストレートに表現するのではなく、バックグランドになり得るマテリアル(ここでは夕張)をチョイスすることで注目されるように思います。そして「郵政民営化!」に対しては「夕張公共化!」というフレーズがきいてくるように思います。

■トラックバック、ありがとうございます。私は教育基本法には反対の姿勢です。また、ネット上では、2択や決めつけ等が横行している様に感じていて、私のブログを立ち上げた次第です。私個人もおっしゃる通り、デモやストライキで法案等が覆された例を人生上見た事がないので(エイズやハンセン病、拉致事件は別ですが)本当に有効性があるのかどうか疑問に思っています。でも、何もせずにはいられない。というのが爆発して行動を起こしている人たちがいます。別にそれはそれで私は構わないと思うし、あって当然だと思います。日本よりももっと早くに民主主義制度を取り入れたフランスでは高校生も大規模デモを普通に行なうという土壌があります。それを法律で権利としているところが社会の懐の深さだと思っています。話がそれましたが、様々な意見、議論があっていいと思っています。それで、有権者が判断出来る情報を公開し、判断出来る土壌を作る必要がありますね。その意味から、ブログやネットが活躍出来ると考えています。怪しい情報も多く存在する社会ですが・・・。

■tk1893さん訪問コメントありがとうございます。市民運動に関わっていない一般市民を意識し、新しい市民運動のカタチを形成することで胡散臭さもなくなり理解されると思いますが、現在は一般市民からみれば先走り過ぎて唐突な運動に映っているかもしれませんね。

■ヒデさん(hihihidechan さん)訪問コメントありがとうございます。夕張以外に多くの市などが実質上破綻しています。市民運動をするなら自己満足の口先だけのセレモニーにならないようにメディアを意識した新しいカタチをつくっていく必要があるように思います。あたしは破綻した街と連動させ連携することがこれから待ち構える憲法改正反対派の近道であるように思います。また賛成派も街と連動をみた時違った思いが芽生えるように思います。

■この映像で、泣いている女性の横を無表情で通り過ぎていく通行人がいい味を出していますね。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK28掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。